THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

鳥海山・鳥海山麓

◆'20/07/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳⑥

では、池塘の方へ。

◆'20/07/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳⑤

鳥ノ海分岐から鳥海湖の方へと登り始めてすぐ、たくさんのトンボが飛んでいるのが目に入ってきた。

◆'20/07/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳④

一休みしたところで、今度は千畳ヶ原へと向かう。

◆'20/07/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳③

御浜小屋の南側に行ってみると、 向こう側の景色が ババ~ンと目に飛び込んできた。 鳥海湖の向こうに月山森。そのずっと向こうに月山。

◆'20/07/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳②

8:50頃、賽の河原を通過。

◆'20/07/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳①

この日は、ニッコウキスゲの咲く鳥海山へ。緑の千畳ヶ原と笙ヶ岳へ行くことになった。ご一緒して下さるYさんとは、鉾立の駐車場で7時に集合。 ちょっと余裕をもって(途中、おそらく写真を撮るだろうから)朝5時過ぎ、自宅を出発。 東風が吹き、東側の山…

◆「7/17 鳥海山・御田ヶ原~千畳ヶ原~笙ヶ岳」…Yさんより

◆'20/07/05 白井新田・ハッチョウトンボを観に

二ノ滝の方を歩いた帰り、白井新田のハッチョウトンボ生息地へ。

◆'20/07/05 鳥海山・二ノ滝コースの途中まで④

折り返し地点で 軽く昼食をとり、 11:57 折り返しスタート。 雲の切れ間から 一瞬 陽が差した。

◆'20/07/05 鳥海山・二ノ滝コースの途中まで③

ブナの林に見とれながら歩いていく。

◆'20/07/05 鳥海山・二ノ滝コースの途中まで②

緑・緑・緑・・・の中を歩いていると、 小さな白い花も・・・

◆'20/07/05 鳥海山・二ノ滝コースの途中まで①

今年こそ、ヒメサユリがたくさん咲く7月初め頃に 大朝日岳に行こう! と ワクワクしていたのだけど・・・残念ながら、7月初めの土日は風雨が強い予報。 大朝日岳だけでなく、鳥海山も月山も。 どこか歩けそうなところを探して 天気予報を見ていると、北の…

◆「二ノ滝コースへ」…Yさんより

◆「6/21 鳥海山・笙ヶ岳~御田ヶ原~鳥海湖」…Yさんより

◆'20/06/21 鳥海山・鉾立より⑥…鳥海湖のそばを通って

御田ヶ原分岐付近のハクサンイチゲの群落、 私も もう一度 撮ろう。

◆'20/06/21 鳥海山・鉾立より⑤…外輪を下る

12:20 北峰から外輪を通っての下山開始。 登山者でいっぱいの七高山付近を足早に通り過ぎ、少し進んだ辺りで、「〇✕△さ~ん!」という声が。・・・あれ? 私を呼んだのかな?!驚いて立ち止まり、振り返ってみたけど分からず、また歩き出した。 「BLUE…

◆'20/06/21 鳥海山・鉾立より④…千蛇谷~新山~御室~七高山~北峰

千蛇谷へ下りてきた。 さあ、雪渓登りが始まるよ。

◆'20/06/21 鳥海山・鉾立より③…御浜~千蛇谷入り口

御浜でのんびり景色を眺めるより、まずは先へ進もう。

◆'20/06/21 鳥海山・鉾立より②…御浜まで

ここからは、しばらく雪渓歩きかな。 昨年・一昨年より 雪解けが早いな。

◆'20/06/21 鳥海山・鉾立より①

5時半頃 登山口をスタートできるように 4時前には家を出発したい、と思っていたのだけど、のろのろしていて 4時を過ぎてしまった。4:20 家を出てすぐの所で 日の出前の東の空をパチリ。

◆「6/18 鳥海山山頂へ」…Nさんより

◆’20/06/06 鳥海山・祓川より康新道へ⑤

このまま のんびり景色を眺めていたい気持ちになりつつ・・・下っていく。

◆'20/06/06 鳥海山・祓川より康新道へ④

時計を見ると 12時半頃になっていた。 本日、ここまで。

◆'20/06/06 鳥海山・祓川より康新道へ③

雪渓から 康新道の夏道に上がってすぐ、植物たちの生き生きした姿に感激!

◆'20/06/06 鳥海山・祓川より康新道へ②

祓川ヒュッテのそばから竜ヶ原湿原へ。 この景色を眺めながら歩き出すのが、矢島コースの魅力の一つ。

◆'20/06/06 鳥海山・祓川より康新道へ①

集合時刻は5時だけど、余裕をもって4時前に自宅を出発。途中で何枚か撮ることになるだろうと思って。(;^ω^) そして やはり・・・パチリ。 こんな空の色も好きだなぁ・・・。

◆「6/9 笙ヶ岳へ」…Nさんより

◆'20/05/24 鳥海山・大平~笙ヶ岳まで④

のんびり横たわるムーミン?に別れを告げ・・・ 下って行く。

◆'20/05/24 鳥海山・大平~笙ヶ岳まで③

笙ヶ岳一峰から見下ろすと、女性スキーヤーたちの姿が小さく小さく見えた。

◆'20/05/24 鳥海山・大平~笙ヶ岳まで②

山頂が見えてくると、やっぱりテンションが上がるなぁ~。( ´艸`)