THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

山・山歩き

◆'20/08/23 鳥海山・笙ヶ岳まで④

13:40 下山開始。

◆'20/08/23 鳥海山・笙ヶ岳まで③

長坂道T字分岐で M子さんと会い、お互いにビックリ。 「別の山に行ったと思ってたから、ここで会うとは思っていなかった!」と、同じことを口にしたりして。( ´艸`)ベンチに腰掛けて M子さんからいただいた行動食とコーヒーでちょっと一息。M子さんは、…

◆'20/08/23 鳥海山・笙ヶ岳まで②

笙ヶ岳からの下りは、向こうの河原宿の方から来る予定。 少し歩いてから、その河原宿へ続く道を振り返って見てみると・・・

◆'20/08/23 鳥海山・笙ヶ岳まで①

心も体も天気もスッキリせず、山に行きたいのに迷っていたこの日。やっぱり行こう!と決めて家を出発したのは 8時過ぎ。 出発して間もなくの所から見た鳥海山は、頭だけ ちょこっと見えていた。 「下見」を兼ねて? 笙ヶ岳まで行けたらいいけど、状況を見て…

◆’20/08/19~20 鳥海山・祓川~七高山⑦

見下ろした御田の湿原、キレイだなぁ。

◆'20/08/19~20 鳥海山・祓川~七高山⑥

相変わらず風が強い。崖の方へ吹き飛ばされるような風ではないけれど。

◆'20/08/19~20 鳥海山・祓川~七高山⑤…七高山周辺~康新道の方へ

19日の夜、かぶったツェルトの中から見えたのは、満天の星空。下界で 普段 見える星の隙間を、小さな小さな星たちが ビッシリ埋め尽くしていた!そして、頭上には天の川も。 山の上で星空を眺めていると、自分が見上げている星空は、そのまま宇宙につなが…

◆'20/08/19~20 鳥海山・祓川~七高山④…氷の薬師~外輪

『氷の薬師』の標柱そばで 少し休憩し、再び歩き出す。

◆'20/08/19~20 鳥海山・祓川より③…康ケルン~氷の薬師

康ケルンの近くで コーヒーを飲みながら休憩。 暑い中ではあるけれど、頑張って上に向かおう!と、Yさんと励まし合った。(;^ω^)

◆'20/08/19~20 鳥海山・祓川より②…賽の河原~康ケルン

視界が開けると気持ちいい~。\(^o^)/ でも 陽ざしがジリジリ暑い~! (;^ω^)

◆'20/08/19~20 鳥海山・祓川より①…出発~賽の河原

梅雨明け宣言が出された後も 山の天気が良くない日が多かった8月。1日に何度も 山の天気をチェックする日々が続いていた。すると・・・ようやく18~20日頃に 晴れて風が穏やかな予報が出てきた! これを逃さず 行くしかない!

◆「8/19~20 鳥海山へ」…Yさんより

◆'20/08/11 蔵王⑥…いろは沼・観松平~下山

『いろは沼』という案内標示が見えて ちょっとホッとした。しばらく 人の姿の無い鬱蒼とした?草木の中を歩いてきたからね。(;^ω^)

◆'20/08/11 蔵王⑤…祓川コース

13:26 ワサ小屋跡分岐から 祓川コースへ。

◆'20/08/11 蔵王④…熊野岳~ワサ小屋跡分岐

今度は、馬の背から熊野岳へ。

◆'20/08/11 蔵王③…馬の背

教えていただいたとおり、この日の御釜色は 美しいエメラルドグリーンだった。

◆'20/08/11 蔵王②…ワサ小屋跡~熊野十字分岐

10:13 ワサ小屋跡から 熊野十字分岐の方へ歩き出した。

◆'20/08/11 蔵王①…出発~三宝荒神山~ワサ小屋跡分岐

梅雨明け宣言が出された後も 山の予報が良くない状況が続いていた中、そのうち行きたいと思っていた大朝日岳の予報が 11日 良さそうなので、思い切って行ってみるか!と 前日に準備をした。 ・・・が しかし、前の晩 もう一度 大朝日岳の予報を見ると、風…

◆'20/08/06 月山・姥ヶ岳~牛首まで②

姥ヶ岳から歩き出して間もなく、ヘリコプターが飛んできたのが見えた。

◆'20/08/06 月山・姥ヶ岳~牛首まで①

私が予定していた月山に、この日は 元同僚のEさんも一緒に行くことになった。学生時代はワンダーフォーゲル部に所属していたというEさん。山歩きは久々とのことで、待ち合わせ場所で会った様子からは、とっても ドキドキ・ワクワクしている感じが伝わって…

◆'20/08/02 鳥海山・滝ノ小屋口より周回⑤

13:21 幸治郎沢を登り始める。

◆'20/08/02 鳥海山・滝ノ小屋口より周回④

御田ヶ原分岐付近で 軽~く?昼食を食べ・・・ 11:42 今度は千畳ヶ原を目指して しゅっぱ~つ。 この日は、鳥海湖の周りを歩く人たちが けっこういた。

◆'20/08/02 鳥海山・滝ノ小屋口より周回③

伏拝岳からの山頂と御室。 あたりまえだけど、6月末にあった雪は だいぶ解けたなぁ。

◆'20/08/02 鳥海山・滝ノ小屋口より周回②

7:42 河原宿を出発。 このまま 晴れててくれ~。

◆'20/08/02 鳥海山・滝ノ小屋口から周回①

天気の良い日があったら、大朝日岳に行きたいなぁと思っていたけれど、先日の大雨後の登山道の様子がわからず、心配だった。 山友M子さんに電話したら、M子さんは 鳥海山に滝ノ小屋口から登るとのことだったので、同行させてもらうことにした。 「でも、山頂…

◆「8/2 鳥海山周回」…Mさんより

8月2日、鳥海山に行く予定だというM子さんに ご一緒させてもらった。 (この時は 滝ノ小屋口から周回。) ( 午前中 ずっと曇りの予報だったので、 雪渓を歩く時にガスがかかることも覚悟していたけど・・・ スッキリ晴れだった。💚 )

◆'20/07/24 秋田駒ヶ岳⑥

今度は、『大焼砂』を登る。

◆'20/07/24 秋田駒ヶ岳⑤

男岳・横岳の分岐の方を見上げると、ニッコウキスゲの群落の辺りに三脚を立てて撮影中の人も見えた。( ´艸`)

◆'20/07/24 秋田駒ヶ岳④

ピーク?と思われる場所に着いた。そこに並ぶ3つのケルン。

◆'20/07/24 秋田駒ヶ岳③

男岳の山頂付近のベンチで ちょっと小腹を満たし、登ってきた道を戻らずに 今度は 急斜面の道を下って行く。 辺りは ガスで見えない。