THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

山・山歩き

◆'21/04/07 高館山・芽吹きの季節①

この時期の里山は 日に日に様子が変わっていく。 ドキドキ・ワクワクしながら また高館山に行ってみた。

◆'21/04/03 高館山③

◆'21/04/03 高館山②

◆'21/04/03 高館山①

水面をユラユラ流れてゆくツバキの花。

◆21/04/02 経ヶ蔵山⑥

景色を眺めながら 一休みして・・・14:15 下山開始。

◆21/04/02 経ヶ蔵山⑤

予想していたよりバテ気味になりながらも、花を眺めながら 急な尾根道を登っていく。

◆'21/04/02 経ヶ蔵山④

12:24 一息ついて 十二滝口から登り返す。

◆'21/04/02 経ヶ蔵山③

11:33 山頂から、今度は十二滝口側へ。

◆'21/04/02 経ヶ蔵山②

急な尾根道を登っていく。

◆'21/04/02 経ヶ蔵山①

出発は ゆっくり、9時過ぎ。 天気よし! 2日も3日も天気が良さそうだったけど、2日の方がいいかな・・・と思い、行くことにした。

◆'21/03/31 軍沢岳⑤

この先の急な尾根の下りは、登りで手こずったところ。 歩くところを探しつつ、滑って転ばないように気を付けて下る。

◆'21/03/31 軍沢岳④

12:08 景色を眺めながら のんびり過ごした 軍沢岳山頂をあとにして・・・ 下山開始。

◆'21/03/31 軍沢岳③

美しいブナたちに見とれながら広く急な斜面をのんびり登っていく。

◆'21/03/21 軍沢岳②

迫力の木々。その根元の力強さに感激しながら登った。

◆'21/03/31 軍沢岳①

秋田・山形・宮城県境にある積雪期限定の山『軍沢岳』へのお誘いをいただき、連れていっていただくことになった。山頂からは 晴れたら神室連峰が見えるという。どんな山なのか興味津々。( ´艸`)天気は 雲が広がりそうな・・・風も午後から強くなりそうな・…

◆'21/03/25 角田山へ⑥

まだまだ続く 花の道。

◆'21/03/25 角田山へ⑤

ずうっと花が続いている・・・。

◆'21/03/25 角田山へ④

それぞれ、広い山頂広場の 好きな場所で休憩中。 休憩の前に・・・トイレに行ってきます!

◆'21/03/15 角田山へ③

マンサクやアブラチャン、キブシなど 黄色くて小さな花たちも春の訪れを感じさせてくれる大好きな花たち。\(^o^)/

◆'21/03/25 角田山へ②

この辺りからは、ミスミソウやカタクリの花が次々と。

◆'21/03/25 角田山へ①

午前中の用事を終え、午後から出発。この日は 新潟市にいる娘のところに泊まらせてもらうことにしていた。いつもなら新潟西ICまで高速で行くのだけど、今回は荒川胎内で高速を下り、海沿いの道を走っていった。 右側に穏やかな海、左側に 真っ白な飯豊連峰…

◆'21/03/23  高館山・八森山周辺にて③

◆'21/03/23  高館山・八森山周辺にて②

◆'21/03/23   高館山・八森山周辺にて①

朝のうち曇っていても だんだん晴れてくる予報だったけど・・・向かう高館山・八森山方面には・・・雨雲?! 駐車場に着いた頃には ポツポツ雨が降り出した。

◆'21/03/20  鳥海山…三ノ俣~月山森⑦

◆'21/03/20  鳥海山…三ノ俣~月山森⑥

12:10 月山森からの下山開始。チョコンと見えてる天主森~1576mピークを通って登って来たけれど、下りはピークを踏まずに 下る。

◆'21/03/20  鳥海山…三ノ俣~月山森⑤

1576mのピークに上がってみた~。\(^o^)/ そこから月山森の方を見ると・・・

◆'21/03/20  鳥海山…三ノ俣~月山森④

真っ青だった空に 薄く白くフワフワな雲が流れてくるようになった。 月山森に着くまでは 空を全部覆ってしまいませんように!と祈りつつ・・・ 空を自由に泳いでいるような雲を眺めたり・・・

◆'21/03/20  鳥海山…三ノ俣~月山森③

鈴木小屋の前で一休みし、アイゼンをつけてから 再び歩き出した。

◆'21/03/20  鳥海山…三ノ俣~月山森②

美しいブナの木々に感激しながら進む。