THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆8/20 姥沢より月山へ③…牛首~山頂付近



        旦那の姿は すっかり見えなくなってしまったけど、
              上に行けば会えるだろう。

    f:id:pft78526:20170820173107j:plain
          

 
           今のところ 旦那の膝は大丈夫そうだな。

f:id:pft78526:20170820173213j:plain

 
               問題は 下りだけど、
               大丈夫なことを祈って。

f:id:pft78526:20170820173239j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170820173302j:plain



                 そういえば、
         トレラン装備で歩いている人が けっこういた。

f:id:pft78526:20170820173335j:plain

        「前は山歩きしてたんですけど、今はトレランです。」
             というカップルともすれ違った。

f:id:pft78526:20170820173403j:plain


            走りたくなる気持ち、わかるなぁ。 
 

f:id:pft78526:20170823084728j:plain


      私は、走りたくなる道で走れそうな状況だったら 走ってしまうな。
            トレラン装備でなくて登山装備でも。

f:id:pft78526:20170823084824j:plain


            なだらかで落ち葉フカフカな道なんかでは、
                    特に。
 

f:id:pft78526:20170823164558j:plain


                   でも 
         走ると 景色や花などを見落としてしまうから
            今はやっぱり 歩きがいいかな。

f:id:pft78526:20170820174115j:plain


               
          この辺りから 大きな石がゴロゴロした急坂に。

    f:id:pft78526:20170820174138j:plain



     急坂の途中にも オモシロイものやカワイイものが いろいろあって
               何度も 立ち止まった。

        (他の登山者の邪魔にならないように気をつけながら。)


  f:id:pft78526:20170820174158j:plain



       「ただ今準備中」のベニバナイチゴが たくさんあった。

        f:id:pft78526:20170820174233j:plain



                 こんなのにも

      f:id:pft78526:20170820174310j:plain


              ついつい 見とれてしまう。

     f:id:pft78526:20170820174333j:plain



                ふり返って見る。
          おお~。こうしてみると けっこう急だなぁ。

f:id:pft78526:20170820174400j:plain




            ガツガツした石がたくさん見えてきた。

f:id:pft78526:20170820174437j:plain



                 坂が急な分、

        f:id:pft78526:20170820174503j:plain


            石のそばにチョコンといる植物たちが

        f:id:pft78526:20170820174533j:plain


                たくさん目に入る。

       f:id:pft78526:20170820174611j:plain



                立ち止まってばかりで

         f:id:pft78526:20170820174643j:plain



              なかなか進まないけど・・・

      f:id:pft78526:20170820174708j:plain



                  その分
               鍛冶月光の急坂でも

       f:id:pft78526:20170820174758j:plain


             
             息切れも 疲労感も ナシ(笑)。

      f:id:pft78526:20170820174824j:plain

                   
                ふり返って見る。
              ずいぶん登ってきたなぁ。
           下にいる人の姿が とても小さく見える。

f:id:pft78526:20170820174900j:plain




     f:id:pft78526:20170820174923j:plain




         f:id:pft78526:20170820175006j:plain



         f:id:pft78526:20170820175040j:plain




        f:id:pft78526:20170820175116j:plain



f:id:pft78526:20170820175146j:plain




         f:id:pft78526:20170820175204j:plain



         
            リフト上駅や姥沢駐車場が見える~!

f:id:pft78526:20170820175243j:plain




f:id:pft78526:20170820175316j:plain




          f:id:pft78526:20170820175333j:plain




        f:id:pft78526:20170820175358j:plain



     

        f:id:pft78526:20170820175525j:plain



                鍛冶小屋跡に来た。

   f:id:pft78526:20170820175606j:plain




      f:id:pft78526:20170820175628j:plain




   f:id:pft78526:20170820175658j:plain



      f:id:pft78526:20170820175724j:plain





f:id:pft78526:20170820175750j:plain




                 あと一登り。

f:id:pft78526:20170820175812j:plain




f:id:pft78526:20170820175833j:plain




            「 雲の峰 幾つ崩れて 月の山 」

        f:id:pft78526:20170820175854j:plain

         ・・・という松尾芭蕉の句が刻まれているはず?



10:45           ここまで来た~。

f:id:pft78526:20170820180009j:plain

                  さて、
             旦那は いったい どこだ~?


       f:id:pft78526:20170820180040j:plain



                山頂に向かう途中、
            アザミがたくさん咲いているところに
           何匹ものアサギマダラが 吸蜜に来ていた。

   f:id:pft78526:20170820180127j:plain

             胸の部分も 水玉模様なんだな。

         

f:id:pft78526:20170820180218j:plain



           神社下の広場では たくさんの人が休憩中。
           中には アンテナを立てて交信中?の人も。

f:id:pft78526:20170820180246j:plain     
                   ん~
             旦那の姿が 見当たらないぞ。

              電話をかけたけど通じず、
            しばらくウロウロ探していると・・・
           神社の方から 下りてきたではないか。

       「 お前があんまり遅くて 10分待っても来ないから、
         一人で神社に行って 御祓いしてもらってきたよ~。」

              そう、それは良かったね。
                待たせてゴメン。
     

        もう 旦那はあんまり歩きたくなさそうだったけど、
            三角点がある方へ行こうと誘った。

  f:id:pft78526:20170820180314j:plain



             東側の斜面を見下ろしつつ。

f:id:pft78526:20170820180338j:plain        
           登山道から少し登って 三角点がある所へ。

             f:id:pft78526:20170823164724j:plain


                 残念ながら
       ガスで 庄内平野や鳥海山など遠くの方は見えなかったけど、
            西側の斜面を見下ろすことができた。

f:id:pft78526:20170820180408j:plain



        いつか 向こうの羽黒側からも登ってこれるといいね。

f:id:pft78526:20170820180434j:plain



             団体の方たちが登ってきたので、
                下りることにした。

f:id:pft78526:20170820180630j:plain




      f:id:pft78526:20170820180658j:plain




      f:id:pft78526:20170820180727j:plain



              山頂付近は混んでるから、
          岩根沢コースの方にちょっと入った所で休もう。

f:id:pft78526:20170820180750j:plain



            池塘がある方にも行ってみたいけど、
                 また今度だな。

f:id:pft78526:20170820180821j:plain




   f:id:pft78526:20170820180846j:plain



            トイレの前に アザミが群生していて、
           そこに アサギマダラがたくさん来ていた。

    f:id:pft78526:20170820180908j:plain



             

     f:id:pft78526:20170820180942j:plain



             

    f:id:pft78526:20170820181011j:plain



           岩根沢コースに少し入った辺りで休憩。
           塩味のカップラーメンが美味しかった!

              「 おにぎりもあるよ。」
                  と言うと、
    「 お前を待ちながら、豆大福・おにぎり・ソイジョイ2本・・・
      いっぱい食べたから いらない。」
                 とのこと。
            そうですか。お待たせしましたね。
  

           コーヒーも飲んで満足したところで・・・


12:00          さて、そろそろ戻ろうか。

   f:id:pft78526:20170820191044j:plain


             念願の月山山頂まで登ってきて、
              神社で御祓いしてもらって、
                 満足げな旦那。

                ここまでは順調。
            下りでも 膝が大丈夫だといいね。
 

                                            ・・・④へ続く・・・