THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆8/6 鳥海山…矢島口より② 康新道へ



   6:50        『康ケルン』から少し進んだ所から雪渓に上がる。

f:id:pft78526:20170807043002j:plain

 

 
              雪渓の途中、左側を見る。     

f:id:pft78526:20170807043108j:plain




             いったん 雪渓をおりて    

     f:id:pft78526:20170807043127j:plain



           大きな石ゴロゴロの急坂を進むと・・・

        f:id:pft78526:20170807043203j:plain




             『七ツ釜』というところに来た。
        雪解け水がゴーゴー(GOGO?)と流れている音が。

       f:id:pft78526:20170807043258j:plain

            この写真では暗くて見えないけど、



              雪渓の下をよく見ると、
          奥の方に 水が流れてるのが見えた。
           

     f:id:pft78526:20170807043327j:plain




              ホントにこれ、自然の造形?

f:id:pft78526:20170807043349j:plain




           向こうの斜面にたくさん咲いているのは
                 モミジカラマツ。  

f:id:pft78526:20170807043415j:plain




            山頂をチラッと見て、灌木の中へ。

     f:id:pft78526:20170807043438j:plain



             ここも 石ゴロゴロの急な登り。

       f:id:pft78526:20170807043458j:plain




        f:id:pft78526:20170807043552j:plain

 


          灌木の中の道から 一気に視界が開けた!

   矢印が差しているのは、『大雪路』を登って『氷の薬師』へと向かう道かな。
         私たちは、ここから右側の『康新道』に進むそう。

f:id:pft78526:20170807043615j:plain

            佐藤康さんが拓いたという康新道。
            どんな景色が広がっているんだろう?


f:id:pft78526:20170808084808j:plain

           ( 偶然、飛んでるハチが写ってた!)
              

             康新道へ進む前に ちょっと一息。

               遠くの景色を眺めたり・・・

      f:id:pft78526:20170808085112j:plain


             沢の水面のキラキラを眺めたり。

   f:id:pft78526:20170808085026j:plain




      7:15頃      いざ、康新道へ。

f:id:pft78526:20170807043927j:plain

 



           この辺りから ヨツバシオガマも登場。

      f:id:pft78526:20170807044014j:plain



                サンカヨウの実?

       f:id:pft78526:20170807044056j:plain

 

               エンレイソウの実!
           Kさんによると 食べられるそうで、
           Ⅿさん、すぐに「食べてみた~い!」

    f:id:pft78526:20170807044126j:plain

             でも、もう少し熟してから。



           真っ白な花の絨毯の上で遊ぶアリさん。         

  f:id:pft78526:20170808085941j:plain


                 登るにつれ、
             ハクサンシャジンが増えてきた。

f:id:pft78526:20170807044230j:plain



     
     7:30頃     また 視界が開けた!
            七高山と新山まで、きれいに見えるよ~!

            草の間の溝のようになってる道を進む。

f:id:pft78526:20170807044417j:plain

 


           私が 立ち止まって撮ってるうちに・・・

       f:id:pft78526:20170807044304j:plain


              KさんとⅯさんの姿が小さく。 

f:id:pft78526:20170808130902j:plain
                    あ、
        Ⅿさんも しゃがみこんで 何か撮ってる。( ´艸`)       




            これは タカネアオヤギソウかな?
               黄緑色の花、カワイイな。
                花びら6枚なんだな。

      f:id:pft78526:20170807044529j:plain




f:id:pft78526:20170807044557j:plain




          このアザミの中を歩けるアリ、すごいな。

    f:id:pft78526:20170807044627j:plain




      7:40       こんな所にきて・・・
               ここから右の方に登って・・・

f:id:pft78526:20170807044702j:plain



                広い所に出て・・・

f:id:pft78526:20170807044738j:plain




             また 石ゴロゴロの急坂を登り・・・

f:id:pft78526:20170807044806j:plain



            またまた 木々が覆いかぶさる道に。

             ジメジメした感じの道には・・・

                苔ちゃんをはじめ、

     f:id:pft78526:20170807044829j:plain


           

         f:id:pft78526:20170807044846j:plain


             そんな場所を好む植物たちが。

    f:id:pft78526:20170807044915j:plain




    f:id:pft78526:20170807044935j:plain

 


f:id:pft78526:20170807045145j:plain



        「 これを『コンペイトウ』って言ってたなぁ。」
                 と Yさん。

      f:id:pft78526:20170807045123j:plain



              いろんな苔が あって・・・

      f:id:pft78526:20170807045224j:plain



              みんな イキイキしていた。

     f:id:pft78526:20170807045251j:plain




            いつもカワイイ ヨツバムグラ。

f:id:pft78526:20170807045355j:plain



           灌木の道をぬけると、また草原に出た。


    8:00頃      ずいぶん上の方に来たぞ。
             もう背の高い木は無くなったもの。

f:id:pft78526:20170807045442j:plain


                西の方をみると、
         眼下に中島台が広がり、その向こうに稲倉岳が。
               遠くには 日本海も。

f:id:pft78526:20170807045534j:plain



                 そして・・・

          チョウカイフスマが現れた~。\(^o^)/

f:id:pft78526:20170807045557j:plain



            
            

f:id:pft78526:20170807045621j:plain




           ハクサンシャジンも あちらこちらに。

f:id:pft78526:20170807045645j:plain




                 これは?

     f:id:pft78526:20170807045728j:plain



  f:id:pft78526:20170807045827j:plain




              真ん中から咲いていくんだな。

f:id:pft78526:20170807045925j:plain

 


                 ふり返ると、
           雲が少しずつ出てきて、手をつなぎ始めた。

f:id:pft78526:20170807050027j:plain




             下の方に 小さく登山者の姿が。

f:id:pft78526:20170807050056j:plain


                  ズーム。

f:id:pft78526:20170807045949j:plain

                 ひえ~っ!
            ドキドキするような場所にいるなぁ。
  


                 東側を見たら、
            雲がドンドン湧き上がってきていた。

f:id:pft78526:20170807050148j:plain




                Kさん、保護色?

f:id:pft78526:20170807050220j:plain




     f:id:pft78526:20170807050252j:plain




          時間が ゆっくりゆっくり 流れている感じ。

f:id:pft78526:20170807050311j:plain




f:id:pft78526:20170807050335j:plain




f:id:pft78526:20170807050421j:plain



             さっき下の方に見えた方たちは、
        なんと Kさんの知り合いの方と その息子さんだった。

f:id:pft78526:20170807050439j:plain

           夏休みに親子で鳥海山に登るなんていいな。
        


          稲倉岳の上にも だんだん雲が出てきた。

f:id:pft78526:20170807050515j:plain




            f:id:pft78526:20170807051843j:plain



             ふり返って見て ビックリ。 \(◎o◎)/
           歩いてきたところは 火山壁の縁なんだ!
             スゴイ所を登ってきたんだな~!

f:id:pft78526:20170807050533j:plain

 

              手を振ってくれてるⅯさん。
          (ハッキリ写ってなくて ごめんなさい。(^^;))

f:id:pft78526:20170807050609j:plain




f:id:pft78526:20170807050634j:plain




          大きな岩にガブッと食いついたような石が。

f:id:pft78526:20170807050708j:plain




     f:id:pft78526:20170807050729j:plain




        さっきの“食いつき石”を 少し登った所から撮ってみた。

f:id:pft78526:20170807050759j:plain




           写真の真ん中あたりに広がっているのが、
           5月に行った『獅子ヶ鼻湿原』だそう。
                  なるほど~。
     ここから眺めると、あの場所に あの湿原があるのが 分かるなぁ。

f:id:pft78526:20170807050829j:plain

         緑から水色・空色へのグラデーションが美しい!



f:id:pft78526:20170807050907j:plain




       8:30   あの雲が下に見えるようになった。

f:id:pft78526:20170807050927j:plain



         「 お、これは何でしょう?」
         「 クロマメの木かな。実を食べられるよ。」
            さっそく食べてみたら、甘酸っぱかった。

     f:id:pft78526:20170807051029j:plain




             御田ヶ原の方の道も見えるぞ。
                そういえば・・・

f:id:pft78526:20170808130440j:plain
       『鳥海山を登る』の本の中に、こんなふうに書いてあった。

  “ 稲倉岳の東壁から蟻ノ戸渡を経て、扇子森から七五三掛、外輪山をつなぎ、
         さらに七高山から標高を下げて足元の断崖に至る
            東鳥海火山の巨大なカルデラが一望 ”

     “ 北に開いた馬蹄形カルデラの中に 中央火口丘の新山が聳え、
            火山活動の歴史を象徴する景観 ”
             

           ・・・すごい景色の中にいるんだな・・・。

          


             素晴らしい景色が広がる康新道。
         360度 グルグルあちらこちらを眺めながら
               ゆっくりのんびり歩いた。
          
          この先には どんな景色が待ってるんだろう?

               ワクワクしながら進む。



               ・・・③へ続く・・・