THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆7/26 笙ヶ岳&鳥海湖⑤…御田ヶ原分岐~鳥海湖~御浜・鳥海湖分岐



            「いつか歩いてみよう」と思っていた道を
                これから歩いていく。

         ( 右の道を下ってきて、これから左の道へ。)

f:id:pft78526:20170727142035j:plain

                最初は石畳の道。

   f:id:pft78526:20170727142113j:plain




            分岐から入ってすぐの右の斜面には
                ハクサンイチゲ!

f:id:pft78526:20170727142543j:plain




     

   f:id:pft78526:20170727142633j:plain





       f:id:pft78526:20170727142656j:plain




                ここを登って・・・

    f:id:pft78526:20170727142721j:plain



               もう少し登ると・・・

     f:id:pft78526:20170727142751j:plain




       f:id:pft78526:20170727142811j:plain




                 木道に出た。

f:id:pft78526:20170727142852j:plain




          f:id:pft78526:20170727142912j:plain



    f:id:pft78526:20170727142951j:plain

 



            鍋森や笙ヶ岳を眺めながら進む。

f:id:pft78526:20170727143105j:plain



                 先行者あり。

f:id:pft78526:20170727143133j:plain




            次から次へと 湧き上がってくる雲。
                 その雲の影。

f:id:pft78526:20170727143200j:plain




             ふり返って見た山頂も 雲の中。

f:id:pft78526:20170727143237j:plain




        千畳ヶ原のT字分岐から万助道につながる道も見える。
              昨年あそこを歩いたのか~。

f:id:pft78526:20170727143315j:plain




              月山森にも幸治郎沢にも
                ほとんど雪はナシ。
             いつかまた 行ってみよう。

    f:id:pft78526:20170727143353j:plain




     f:id:pft78526:20170727143435j:plain





       f:id:pft78526:20170727143458j:plain



              一瞬 山頂の方が見えた。

f:id:pft78526:20170727143602j:plain



               千畳ヶ原に日がさし、
         二の滝コースも 河原宿へつながる道も 見えた。
              昨年あの道を歩いた時は
                草紅葉だったな。

f:id:pft78526:20170727143639j:plain



                 雪渓にきた。
            木道の手前部分が雪渓に隠れてる。

f:id:pft78526:20170727143720j:plain



              アイゼンは必要ないけど、
                気をつけて歩こう。

f:id:pft78526:20170727143743j:plain




                  雪渓の途中
            斜面の上の方からの流れを見上げる。

         f:id:pft78526:20170727143806j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170727143839j:plain




           木道は、いったん ひゅう~んと下る。

f:id:pft78526:20170727143915j:plain





    f:id:pft78526:20170727143944j:plain



                   
            万助道へと下っていく道が見えてきた。

f:id:pft78526:20170727144019j:plain



             あそこを右に上がっていくと
              鳥海湖の方へ出るんだな。

f:id:pft78526:20170727144042j:plain




f:id:pft78526:20170727144122j:plain




          木の階段を向こうへ下りていくと 万助道へ。
                  私は右へ。

    f:id:pft78526:20170727144154j:plain



             ちょっと 登っていくと・・・


                   あ!
           向こうの稜線を歩く登山者の姿が見えた!
              ・・・ということは・・・

     f:id:pft78526:20170727144237j:plain



                 ひゃっほ~!

f:id:pft78526:20170727144256j:plain




     f:id:pft78526:20170727144328j:plain



    f:id:pft78526:20170727144346j:plain

 

 


               鏡のように空が映ってる。

f:id:pft78526:20170727144649j:plain

 


               これから進む道の方。
               雲が押し寄せてきた。
            前を行く人たちは あんなところに。         

f:id:pft78526:20170727144807j:plain




          道の両側にたくさん咲いていたカラマツソウ。

f:id:pft78526:20170727144844j:plain




                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170727144936j:plain




                  静かに

     f:id:pft78526:20170727144953j:plain



                ゆっくりと

     f:id:pft78526:20170727145021j:plain



              時間が流れている感じ。

  f:id:pft78526:20170727145046j:plain




             慌ただしく過ぎていく日常生活。
               山歩きを始めてからは、
               時々 空や山を眺めては、
          静かにゆったり流れる山の時間を思い出してるな。

f:id:pft78526:20170727145110j:plain




        f:id:pft78526:20170727145130j:plain




    f:id:pft78526:20170727145154j:plain





       f:id:pft78526:20170727145217j:plain




   f:id:pft78526:20170727145237j:plain




f:id:pft78526:20170727145300j:plain



                遠くから見た時は
       花がほとんど咲いていないように見えた鳥海湖の周りの道にも、

          f:id:pft78526:20170727145331j:plain

 
               実際に 歩いてみたら

    f:id:pft78526:20170727145409j:plain


                 いろんな花が

     f:id:pft78526:20170727145437j:plain


               たくさん咲いていた。

        f:id:pft78526:20170727145456j:plain




         f:id:pft78526:20170727145515j:plain




                ここから登りに。

f:id:pft78526:20170727145557j:plain




      雪渓が解けた水が 鳥海湖にザーザー流れ込む音を聞きながら
             斜面を少しずつ登っていく。

f:id:pft78526:20170727145643j:plain

 


              この鳥海湖ができた時は
             どんな様子だったんだろうな。

f:id:pft78526:20170727145705j:plain




            長坂道に出るまで もう少しかな。

f:id:pft78526:20170727145731j:plain



           

       f:id:pft78526:20170727145841j:plain




      f:id:pft78526:20170727145902j:plain



            

      f:id:pft78526:20170727145923j:plain

 


              最後は こんな斜面を。

    f:id:pft78526:20170727145955j:plain



           いったん 草が覆いかぶさる土の道に。        

   f:id:pft78526:20170727150015j:plain



               ずっと向こうの斜面。
    あそこも以前は 岩がゴロゴロしているだけの場所だったんだろうな。

    f:id:pft78526:20170727150046j:plain



            これが話に聞いた「傾いた木道」だな。
               谷側に傾いているし
             途中 崩れて歩けない箇所も。

f:id:pft78526:20170727150133j:plain




         f:id:pft78526:20170727150200j:plain




        f:id:pft78526:20170727150228j:plain



    f:id:pft78526:20170727150317j:plain



             『御浜・鳥海湖分岐』に到着。
              ぐるりと 1周したぞ~!

f:id:pft78526:20170727150352j:plain



           左に曲がって 長坂道T字分岐に行き、
          河原宿から賽ノ河原の方へ下っていこう。

                  でも、
         河原宿のどこから右に入るか 分かるかな・・・。
                ちょっと心配。(;^_^A



               ・・・⑥へ続く・・・