読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土門拳記念館へ。

            仕事が休みだった5日の午前中、
            久しぶりに『土門拳記念館』へ。
   「平日の午前中なら、きっと静かな館内で ゆっくり過ごせるだろう…」と。

    f:id:pft78526:20170105141346j:plain

 

          朝から 曇ったり 晴れたり 雪が降ったり…。
             とても変わりやすい天気だった。

                酒田に向かう途中、
             信号待ちのときに見た西の空は…
                  暗かった!

       f:id:pft78526:20170105141528j:plain

 

 

            土門拳記念館に着いたときには
               小雪が舞っていた。

        f:id:pft78526:20170105141621j:plain

 

                 
              入り口に向かうこの景色。
          ここでいつも 時間の感覚がなくなっていき…
           日常生活の時間をすうっと離れていく。
               …その感じが好き。

     f:id:pft78526:20170105141721j:plain

 



                受付をして、中へ。

        f:id:pft78526:20170105141803j:plain

               この左側には、この日、
            一般応募で寄せられた作品の中から
            入選・佳作の作品が展示されていた。


           
             この先にある主要展示室には、
                  いつも、
   1枚1枚の写真から放たれるエネルギーみたいなものが漂っているような…
             独特の雰囲気が感じられる。
              
                この通路は、
         そんな『土門拳氏の写真の世界』に続く通路。

    f:id:pft78526:20170105141840j:plain

 

         最初に観たのは、著名人たちのポートレート。
        ポートレートは モノクロのものに 特に惹かれる。 
              その人らしさ・雰囲気が、
          カラーの写真より さらに表れる感じがして。 
             
 
        その後、土門氏の自選集の中からの作品を観た。 


       主要展示室と企画展示室Ⅰには しばらく私一人だったので、
                静かな空間で
          ゆっくり 作品と対峙することができた。



               この廊下もいいな。
                 光と影と。

    f:id:pft78526:20170105141933j:plain

 



          f:id:pft78526:20170105142011j:plain

                  ここでは、
              何気なく目に映るものが
                 みんな素敵だ。

         f:id:pft78526:20170105142058j:plain

 



               この照明も いいな。

        f:id:pft78526:20170105142158j:plain

               
                今回は ここに、
          一般応募で寄せられた作品が展示されていた。

          「おおっ! すご~い!」という作品から、
         思わず笑ってしまう小学生のカワイイ作品まで、
       それぞれ 写真を楽しんで撮っていることが伝わってきて、

               心がホワッとなった。

           f:id:pft78526:20170105142242j:plain

 


                  ここは、
         企画展示室Ⅱに入る前に 必ず立ち止まる場所。
             この眺めも 私のお気に入り。

       f:id:pft78526:20170105142359j:plain

 

                  そして、
           いつも ここで、ぼ~っと眺める。            

    f:id:pft78526:20170105142544j:plain

 



           今日は 展示されていなかったけど、
     土門拳氏がリハビリとして描いていた絵や書も 私は好き。

            

         展示されている写真をゆっくりじっくり観て、
               記念館の外に出た。



         こんなふうに切り取られて見える景色すべてが 
                写真みたい。
           ( 被写体が動いているけど。)

         f:id:pft78526:20170105142622j:plain

 

               
         帰宅後に あらためてパンフレットを見たら、
          今頃になって初めて知ったことがあった。

     f:id:pft78526:20170105152130j:plain

 


                 向こうの庭が
     草月流華道家の勅使河原宏氏の作庭だというのは知っていたけど…

           f:id:pft78526:20170105151936j:plain

 


        イサムノグチ氏が寄贈したこのオブジェのタイトルが
                 『土門さん』
                 だったこと!

           f:id:pft78526:20170105152012j:plain

 


                 そのほかに…


              このエントランスの銘板を
          グラフィックデザイナーの亀倉雄策氏が寄贈し、
             ( ポスター・チケットも)        

           f:id:pft78526:20170105152044j:plain



          記念館を建築家の谷口吉生氏が設計したこと。

           f:id:pft78526:20170105152537j:plain

 

                  そして、

               この銘石の『拳湖』は
             草野心平氏筆だということも。

           f:id:pft78526:20170105152426j:plain



                土門拳記念館、
        アジサイがたくさん咲いている頃にも また行こう。