読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/5 鳥海山~雲・光・影に見とれる~②



     私とⅯさんが それぞれに あちらこちらで立ち止まっているうちに、
               Yさんは 向こうに・・・ 

      f:id:pft78526:20170505184145j:plain

 

          南側から どんどん風が流れているよう。

f:id:pft78526:20170505184318j:plain





f:id:pft78526:20170505184337j:plain




          あの人たちも 笙ヶ岳の方へ向かうみたい。

f:id:pft78526:20170505184406j:plain





f:id:pft78526:20170505184433j:plain



              Yさ~ん、すみませ~ん。
              なかなか進めませ~ん!
         ( Yさんの姿は もうあんなに小さく・・)

f:id:pft78526:20170505184503j:plain






f:id:pft78526:20170505184600j:plain




         あ、あの4人も また立ち止まって眺めてるぞ。

f:id:pft78526:20170505184641j:plain




            ついにYさんの姿が見えなくなった。

f:id:pft78526:20170505184725j:plain



                 いた~!

f:id:pft78526:20170505185025j:plain

 

 

 
              鳥海湖も まだ真っ白。

f:id:pft78526:20170505185248j:plain




               笙ヶ岳方面の雪庇。

f:id:pft78526:20170505185338j:plain




          

f:id:pft78526:20170505215108j:plain




           自然がつくりだす形は オモシロイ。

f:id:pft78526:20170505215153j:plain




           『極彩色モード』にしてみたら・・・
             

                  うわっ!

f:id:pft78526:20170505215220j:plain



                う~ん・・・

f:id:pft78526:20170505215311j:plain



       景色を撮るのに『極彩色モード』は、不自然だなあ・・・

f:id:pft78526:20170505215355j:plain





f:id:pft78526:20170505215524j:plain


              ・・・ということで、
               普通モードに戻す。



                岩峰にて休憩。
      Ⅿさんがいれて下さった美味しいコーヒーをいただきながら、
           ゆっくりと素晴らしい景色を眺める。
               なんて贅沢な時間!

           コーヒーのおとものスイーツは、
          Yさんからいただいたパウンドケーキと、
         Ⅿさんからいただいた新潟名物『笹だんご』。
                  そして
     私が『ふらっと』向かいのコンビニで買った『豆たっぷり豆大福』。

f:id:pft78526:20170505215637j:plain

            3人とも かなりの甘党だった?!


          「七五三掛の方に人がたくさんいるよ。」
               とのYさんの声に、
            そちらをズームして見てみると・・・

      f:id:pft78526:20170505215731j:plain

              いたいた、10人近く。

f:id:pft78526:20170505215752j:plain




               ひゅう~~ん・・・

f:id:pft78526:20170505215845j:plain




f:id:pft78526:20170505220008j:plain





f:id:pft78526:20170505220114j:plain






f:id:pft78526:20170505220209j:plain






f:id:pft78526:20170505220325j:plain




           白いベールに覆われたような新山。

f:id:pft78526:20170505220418j:plain




           そこに向かう人たちの姿が 小さく・・・

f:id:pft78526:20170505220456j:plain




            あちらこちらに 光が揺れ動く。

f:id:pft78526:20170505220610j:plain



        雪面に映る光と影が ユラユラ動くのがオモシロくて、
               しばらく眺めていた。

         美味しいコーヒー&スイーツで まったりしながら
         こんな景色をぼ~っと眺めながら休憩していたので、
              3人とも すっかり満足。
       「 もう ここで十分だな。」なんて言葉まで出てきた。
       
         こんな3人は、果たして笙ヶ岳まで行けるのか?!


              ・・・③に続く・・・