THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆'20/12/05 自然博物園を通って姥沢へ③

 

やや急な木の階段があったところ。
雪面がボコボコ。 

f:id:pft78526:20201206073339j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206073426j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206073513j:plain

 


階段が終わって緩やかになると  再び木道。f:id:pft78526:20201206073602j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206073651j:plain

 

ブナの迫力がスゴイ。 

f:id:pft78526:20201206073735j:plain

 

足元のブナの影も。 

   f:id:pft78526:20201206073831j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206074052j:plain

 

大門海沼の手前で 小さな沢を渡る。 

f:id:pft78526:20201206074138j:plain

ストックで石の上の雪を少しはらって、
足を置けるところを確かめて・・・ 


渡ってきた。 f:id:pft78526:20201206074229j:plain

 


大門海沼は どんな様子だろう? f:id:pft78526:20201206074332j:plain

 

・・・と思いながら歩いて行くと・・・ 

f:id:pft78526:20201206074422j:plain

 

ん? これは?

f:id:pft78526:20201206074431j:plain

水面に出た草のに チョコンと雪が乗ってて、
それが水面に映ってるんだ。( ´艸`)


その周りには、青空と木々の枝も映ってる。

f:id:pft78526:20201206074523j:plain

 

少し雪が積もっただけなんだけど、
何だか素敵なものを見つけたような気持ちになる。( ´艸`) 

f:id:pft78526:20201206074605j:plain

 


こっちまで来てみて良かったなぁ。 

f:id:pft78526:20201206074708j:plain

 

さらに先へ。 

f:id:pft78526:20201206074836j:plain

 


ここを歩いて行くのがもったいない感じだな。 

f:id:pft78526:20201206074855j:plain

 


見上げれば、空には こんな雲がどんどん流れるようになっていた。
f:id:pft78526:20201206074912j:plain

 

天気が崩れる前に、姥沢の方へ上がれたらいいのだけど、
道が急になってきて 雪も増えてきた。

f:id:pft78526:20201206075011j:plain

 少し登っては・・・


振り返って見たり

f:id:pft78526:20201206075324j:plain

 

木々を見上げたり。 

f:id:pft78526:20201206075226j:plain

 

いつの間にか 雪は膝辺りまでの深さに。 

  f:id:pft78526:20201206075433j:plain

 

一歩一歩が重くなってきた。 

f:id:pft78526:20201206075552j:plain

おまけに、

 

まだ雪が閉まっていなくて、
木の階段の隙間にフワッと乗っただけのところに  ズボッとハマったりして。(;^ω^)

f:id:pft78526:20201206075655j:plain

 

こういうふうにラッセルしながら登るの、
久しぶりだなぁ・・・。(;^ω^)

f:id:pft78526:20201206080026j:plain

 

 

 

f:id:pft78526:20201206080106j:plain

 

!!! 

  f:id:pft78526:20201206080149j:plain

一番急なところに来たら・・・
 

コロコロと来るじゃないの。(;^ω^) 

f:id:pft78526:20201206080254j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206080336j:plain

 

場所によっては膝上まで雪があり、
「膝でつぶして ワカンを蹴り込んで・・・」 
を繰り返しながら 登る状態が続いた。

f:id:pft78526:20201206080445j:plain

 

おお~ここまで登ってきたぞ~。

  f:id:pft78526:20201206080537j:plain

 


一番急な坂を登り切ったところで 振り返って見る。 

f:id:pft78526:20201206080654j:plain

 

 

        f:id:pft78526:20201206080737j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206080911j:plain

 

一番急な坂は登り切ったけど、
まだ登りは続く。 

f:id:pft78526:20201206081020j:plain

 

でも、せっかく ここまで来たんだから、
姥沢まで上がりたいよね? 

f:id:pft78526:20201206081123j:plain・・・と自分に言い聞かせながら登るものの、 

 

さっきの急坂で けっこう体力・筋力を使ったようで、 

f:id:pft78526:20201206081216j:plain

 

坂は緩やかになったのに なかなか進まない。 

f:id:pft78526:20201206081313j:plain

 

私、こんなに体力も筋力も無かったんだっけ?  ( ノД`)

f:id:pft78526:20201206081419j:plain

 

体力・筋力の衰えを感じつつも・・・ 

f:id:pft78526:20201206081504j:plain

 

 一歩一歩 登って行く。 

f:id:pft78526:20201206081700j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206081813j:plain

f:id:pft78526:20201206081931j:plain

 

う~っ・・・
坂が長く感じるぜ・・・。(;^ω^) 

   f:id:pft78526:20201206082058j:plain

 

ちょっと登っては 立ち止まり・・・
またちょっと登っては 立ち止まり・・・  

f:id:pft78526:20201206082309j:plain

 

ガタ落ちちた自分のペースにガッカリしながらも
諦めずに登る。 

f:id:pft78526:20201206082358j:plain

 

突然、クモ。(;^ω^) 
このクモ、1匹だけじゃなく、この先に何匹もいた。

    f:id:pft78526:20201206082504j:plain

 

よ~し、もう少しで姥沢の車道に出るぞ~ 

f:id:pft78526:20201206082558j:plain

 

と思いながら行くと、 

f:id:pft78526:20201206082703j:plain

 

あとほんのちょっとという所で・・・
雪の重みで 道に木々がかぶさり、前に進めなくなった。(;^ω^) 

f:id:pft78526:20201206082746j:plain

少し戻って歩けるところを探しながらウロウロしたりして・・・ 
ようやく車道に出た! \(^o^)/ 


やった~!と思いながら姥沢に出たのだけど、
空はすでに曇っていた。

f:id:pft78526:20201206082855j:plain

駐車場の方から 車道&冬季ルート?を登ってきた方たちが
次々にやってきては リフト下駅の方へと向かっていった。

「どのくらい雪が積もったか見に来た」
「リフトのところまで行ってから どうするか決める」
「リフトのところで昼ごはんを食べてから下る」
という方が何人もいた。

 

ちょっと上になると、
木々に雪がついてキレイだなぁ。

f:id:pft78526:20201206083041j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201206083120j:plain

 

リフトの辺りの木々にも霧氷が。
その奥、姥ヶ岳は真っ白。 

f:id:pft78526:20201206083251j:plain

 

駐車場の向かい側からの朝日連峰。 
間もなく降り出しそうな空の色ですなぁ。(;^ω^)

f:id:pft78526:20201206083353j:plain

 

う~ん・・・どうしよう・・・
私もリフト下駅辺りまで行ってみようかな~。 

f:id:pft78526:20201206083546j:plain

 

と ちょっと行きかけたけれど、 

f:id:pft78526:20201206083648j:plain

 

空の様子からすると もうすぐ雪が降り出しそうだし・・・
けっこうここまでのラッセルで体力を使ってしまったので・・・ 

f:id:pft78526:20201206083742j:plain

 

 

ここまででいいことにしよう。 

f:id:pft78526:20201206083931j:plain

 

車道わきのスペースでザックを下ろし、
コーヒーとアンパンで休憩。 

f:id:pft78526:20201206084035j:plain

 

もう少し登りたかったなぁ。
でも、今日は 体力がもたなかったなぁ。(;^ω^)

f:id:pft78526:20201206084144j:plain

・・・と、残念な気持ちになりつつ、

 
朝日連峰の方に 雪が降り始めているのが見えたところで・・・

f:id:pft78526:20201206084304j:plain

 

また来るよ~と真っ白な山に心の中で挨拶して 

f:id:pft78526:20201206084417j:plain

 

戻ることにした。 

f:id:pft78526:20201206084504j:plain

時間が経って、雪質が変わっているはず。
今度は 重い雪の急坂を下らなくちゃ。(;^ω^)

 

              ・・・④へ続く・・・