読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/28   青空の下、金峰山~鎧ヶ峰へ ③

山・山歩き


       素晴らしい景色を もっともっと眺めていたかったけど…
              12:10 下山開始。

 
                 向こうを見て、
           あんなスゴイところを歩いてたんだな~
                 と、また驚く。

f:id:pft78526:20170228160302j:plain

 



               足元に気を付けつつ、
             チラチラ遠くの景色も眺めて。
 
              同じところを歩くとしても、
           登りと下りでは、景色が違って見える。

f:id:pft78526:20170228160339j:plain

 



f:id:pft78526:20170228160416j:plain

               ここを過ぎた所で、 
         酒田から来たという男女数名のグループに会う。

             その最後尾にいた男性から、
     「 あんた、確か 去年の春 母狩山頂で会ったよね~!
       娘さんの迎えがあるとかで、すぐに下山していったじゃん。」
             と声を掛けられて驚いた。

    確かに 5月8日に金峰山~鎧ヶ峰~母狩山をトレランで往復した時、
       母狩山頂で 昼食休憩中の数名の方とお会いしたけど。
                よく覚えてるなあ。



            真ん中に鎧ヶ峰山頂。左奥に月山。
             この構図、毎回撮ってしまう。
           今日は、手前に カワイイ足跡入り!

f:id:pft78526:20170228160446j:plain

 



         青空に向かって 力強く枝を伸ばしているよう。

     f:id:pft78526:20170228160529j:plain

 

 

        f:id:pft78526:20170228160602j:plain

 



                 そうそう、
             金峰山~鎧ヶ峰への尾根道で、
      この葉っぱたちが 緩やかな風に揺られてカラカラ鳴る音が、
              ずっとずっと聞こえていた。

        f:id:pft78526:20170228160650j:plain

               西からの風に吹かれて、
          葉っぱたちは みんな東側になびいたまま。




                 キレイな横縞。
                 そこに…穴。

       f:id:pft78526:20170228160726j:plain

 



         毎度、このコブコブの大きなブナのそばを通る。      f:id:pft78526:20170228160818j:plain

 






f:id:pft78526:20170228160900j:plain 

            午後になって、雪が湿ってきた。

f:id:pft78526:20170228160932j:plain

 



f:id:pft78526:20170228161007j:plain

 



              どの足跡も 楽しそう!

f:id:pft78526:20170228161057j:plain

 



             結構ずぼずぼ埋まりながらの足跡。
             人の足跡かと思ったら、違った。
                  何だろう?

         f:id:pft78526:20170228161135j:plain

 



      木々の間から遠くの景色を眺めつつ こんなところを歩くの、
                 オモシロイ!

f:id:pft78526:20170228161219j:plain

 



                  東側。

f:id:pft78526:20170228161249j:plain

 



             東側の、ちょっと下の方に、
        ウサギの足跡と、「斜面をコロコロリン」の跡。

    

             f:id:pft78526:20170228161328j:plain

 



              西側の景色も眺めながら。
             木々の間から 青い海も。

f:id:pft78526:20170228161411j:plain

 

 

                 また出たな。

        f:id:pft78526:20170228161443j:plain




                 下るよ~。

f:id:pft78526:20170228161615j:plain

 




f:id:pft78526:20170228161659j:plain

 



            何とも言えない このライン。

       f:id:pft78526:20170228161729j:plain

 

 

            分岐から、下りは作業道を。

f:id:pft78526:20170228161915j:plain




           今 歩いてきたところを振り返る。
             斜面にのびる影がキレイ。

f:id:pft78526:20170228164246j:plain

 




f:id:pft78526:20170228162007j:plain

 



               斜面の下の方を見ると…
              駆け下りていきたくなる!

f:id:pft78526:20170228164333j:plain

 



               踏み固められた道。
               その脇を歩いた足跡。
    私は あっちに行ったりこっちに来たりしながら フカフカの上を行く。

f:id:pft78526:20170228164407j:plain



               正面遠くに月山。

        f:id:pft78526:20170228164506j:plain

 


                 ヤドリギ

f:id:pft78526:20170228164559j:plain

 



           スゴイ根っこと並んで、ツララも何本か。

f:id:pft78526:20170228164636j:plain

 



            イワウチワの葉、イキイキ。

       f:id:pft78526:20170228164718j:plain

 


                苔もイキイキ。

        f:id:pft78526:20170228164817j:plain

 



         

                                  f:id:pft78526:20170228164905j:plain

 



            ここからは、ゆっくり走って。

        f:id:pft78526:20170228165123j:plain

 


             いつもは右を行くけど、
          今日は、左の作業道を行ってみることに。

   f:id:pft78526:20170228165221j:plain

 


             右下に 中の宮の建物が。

    f:id:pft78526:20170228165305j:plain

                走って走って・・・



                突然、ストップ!

      

                              f:id:pft78526:20170228165407j:plain

                 見~つけた!



                ここに下りてきた。
               向こうに 中の宮の門。

      f:id:pft78526:20170228165457j:plain



          車道を渡って いつもの参拝道に入り…

             スロージョギングで下って…

     f:id:pft78526:20170228165615j:plain

              たまに 立ち止まって…




            13:45 車のところに到着。

       f:id:pft78526:20170228165651j:plain

 

       
             大満足! \(^_^)/