THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

1/8 今日も高館山へ。  大沢コース~山頂~岩倉コース

        天気予報を見て、昨日から高館山行きを決めていた。
              今日は 夫婦二人で。
       大沢コースを登り、岩倉コースを下ってくることにした。

    f:id:pft78526:20170108122307j:plain
      
           『ほとりあ』を9時10分に出発。

 

               まずは 湖畔遊歩道へ。

           f:id:pft78526:20170108122435j:plain

 



           真っ赤な実が目に入った。 マムシ草?

        f:id:pft78526:20170108122506j:plain

 


              杉の影のしましま模様。

          f:id:pft78526:20170108122545j:plain



          下池には 今日も カモたちがいっぱい!
            辺りに 鳴き声が響き渡っていた。

f:id:pft78526:20170108122628j:plain

 


                ふと足元を見ると、
        苔のフカフカな布団の上で根を出し始めたドングリが。

           f:id:pft78526:20170108122756j:plain

 


          下池にいるカモの多さに驚いているダンナ。

          f:id:pft78526:20170108122906j:plain

 




               大沢コースに入った。

  f:id:pft78526:20170108122957j:plain

 



              これ、2週間前にもあった。

            f:id:pft78526:20170108123029j:plain

 


              こちらは、クスサンの繭。

          f:id:pft78526:20170108123107j:plain

 



                  きれい…。

         f:id:pft78526:20170108123152j:plain

 


        少し急な坂を登って行くうちに、下池が見えてきた。
              ずっと無効には金峰山も。
         あっちにも登っている人がいるんだろうな…、

   f:id:pft78526:20170108123254j:plain

 



       f:id:pft78526:20170108123335j:plain

 




           f:id:pft78526:20170108123433j:plain

 



              これは、誰の家だろう?

           f:id:pft78526:20170108123522j:plain

 



       私が写真を撮っている間に ダンナはだいぶ進んだようだ。

         f:id:pft78526:20170108123640j:plain

 



            解け残っている雪に 光があたる。

       f:id:pft78526:20170108123723j:plain

 



       f:id:pft78526:20170108123803j:plain

 



               青空に 木々が映える。

     f:id:pft78526:20170108123859j:plain

 



             道の真ん中に 落ちてるものも。

         f:id:pft78526:20170108123936j:plain

 



           いつも ここで立ち止まってしまう。
          急に 目の前に広い空間が現れるような場所。

f:id:pft78526:20170108124025j:plain

 

 

f:id:pft78526:20170108124059j:plain

 



                ふり返って見る。
             手前にある木の葉も 下池も
               キラキラ光っていた。
                  
   f:id:pft78526:20170108124522j:plain

 



            ここから山頂までは もうすぐ。

         f:id:pft78526:20170108124600j:plain

 


               10:05    山頂に到着。

                まずは 展望台へ。

                鳥海山がくっきり。

f:id:pft78526:20170108124734j:plain

                 でも残念ながら、
      遠くが白く霞んでいて、他の山や島などは あまり見えなかった。


             

               展望台から降りてから、
           あずまやで 温かいものを飲んで休憩。

               10:30   下山開始。
         まずは、『新・奥の細道コース』を下る。


                すごい模様だ。

      f:id:pft78526:20170108124838j:plain

 

                 見上げると…

        f:id:pft78526:20170108124909j:plain

 

 

               やはり気になる 苔。

        f:id:pft78526:20170108125022j:plain

 



            この辺りから 大きな木が多くなり、
              その迫力に 驚かされる。

          f:id:pft78526:20170108125146j:plain

 



               大きな木を見上げたり…
         足元で イキイキしてる植物たちに見とれたり…。

        f:id:pft78526:20170108125242j:plain

 

 

        f:id:pft78526:20170108125330j:plain

 



        少しずつ、天気が下り坂~な暖かい風が吹き始めた。

        f:id:pft78526:20170108125431j:plain

 



            スポットライトを浴びてるような。

           f:id:pft78526:20170108125511j:plain

 



            どうしても撮りたくなる この苔。

          f:id:pft78526:20170108125556j:plain

 



   f:id:pft78526:20170108125639j:plain

 


        一旦 車道に出て、今度は『岩倉コース』に入る。

           さっきまでいた 高館山山頂が見える。

f:id:pft78526:20170108125719j:plain

 



               何だか気になった樹皮。

          f:id:pft78526:20170108125757j:plain

 



             カタバミの葉は、閉じていた。

       f:id:pft78526:20170108125836j:plain

 



                沢が流れている。
              水音を聞きながら歩く。

       f:id:pft78526:20170108125917j:plain

 



   f:id:pft78526:20170108130038j:plain

 

 

        緩やかな下りの道を、湖畔遊歩道を目指して歩く。

f:id:pft78526:20170108130229j:plain

 


            途中、こ~んなデカい木に驚いたり…

f:id:pft78526:20170108130339j:plain

 

 


             立ち止まって 見上げたり…

      f:id:pft78526:20170108130425j:plain

 

 

f:id:pft78526:20170108130547j:plain

 


          このドングリたちは、けっこう丸みがある。

          f:id:pft78526:20170108130629j:plain




         f:id:pft78526:20170108130736j:plain

 



           どうしても 風呂敷の柄に見えてしまう。

          f:id:pft78526:20170108130828j:plain

 


           湖畔遊歩道に出て、『ほとりあ』の方へ。


             大沢コースの登り口まで来た。
           入口そばの木の大きさに気づいて驚く。

       f:id:pft78526:20170108130907j:plain

 




            f:id:pft78526:20170108130941j:plain

 

             11:30   『ほとりあ』に到着。

             2日続けての高館山だったけど、
             歩いたコースも天気も違うから、
           目に入る景色も植物たちも 違って見えた。

         青空の下、気持ちのいい山歩きができて良かった!


              帰宅途中、車の助手席から。

   f:id:pft78526:20170108131029j:plain

      次に こんな鳥海山を見ることができるのは いつだろう…。

   f:id:pft78526:20170108131216j:plain