THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆'18/10/06 鳥海山 月山森まで のんびりと①

 

三連休初日、天気予報を見て 良さそうだなと思ったのが障子ヶ岳。

障子ヶ岳は、
6月に行った時 ガスで眺望ナシだったので、
紅葉の頃に もう一度行きたいと思っていた山。

晴れれば 朝日連峰全山が見えるというので、
切れ落ちた急斜面とともに その朝日連峰をぜひ眺めたいと思ったのだ。

・・・が しかし。

残念ながら 風邪の症状が完全に無くなったとは言えない体調では
障子ヶ岳周回はキビシイ。( ノД`)       

一緒に行こうかと言っていたM子さんに 行けないことを伝え、
私が向かったのは 鳥海山の月山森。  

f:id:pft78526:20181014200427j:plain

 体調をみながら、行ける所までいけばいいや。

続きを読む

◆M子さんより 「 10/6 障子ヶ岳 快晴で素晴らしい景色でした!」

 

三連休。
「日曜日は 天気が良くなさそうなので、土曜日に どこかに登りたいなぁ・・・」
と思いながら天気予報を見ていて、
行きたいと思ったところは、障子ヶ岳!
紅葉の頃の景色が素晴らしいと聞いているし、
春はガスガスの中を歩いたので、晴れた日に もう一度行きたいと思っていた。

M子さんに連絡すると
ちょうどM子さんも障子ヶ岳に行こうと思っていたとのこと。
「M子さんとのお喋りを楽しみながら 障子ヶ岳を歩けるかな・・・」
とワクワクしていた。

・・・が!!!

 なんと、2・3日前から風邪を引いてしまった!
咳・鼻水・頭痛の症状が残る状態で 障子ヶ岳には行けない。

がっかり・ガッカリしながら
障子ヶ岳を諦める連絡をM子さんに。( ノД`)
ショックだったけど、仕方ない・・・。


土曜日、天気は快晴!
う~~~障子ヶ岳、行きたかったよ~~~(ToT)

翌日、M子さんが 写真を送って下さった。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「昨日の障子ヶ岳は、快晴で素晴らしい景色でした。」

f:id:pft78526:20181009200538j:plain

 

 

「紅葉も良かったですが、
 遠くに 大朝日が見え、蔵王連峰や船形連峰(と思う)が見えて
 なかなか良かったです。

 朝のうちは 蔵王の方に雲海も見えて ちょっと幻想的でした。」

 

f:id:pft78526:20181009200549j:plain

 
「私的には、一本道だし 摩耶山や鶴間池に行くよりは怖くなかったですよ。」
 

 

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さすがM子さんだなぁ。(;^ω^)

M子さんは、9月中旬にも単独で障子ヶ岳を周回している。
「障子ヶ岳の登山口の下見に行ってきます」
と言いながら向かい、
「結局 周回してきてしまいました。」
という強者?なのだ。( ´艸`)
それも、コースタイムよりずっと速い7時間半ほどで。


M子さん、次は私も連れてってください!

 

 

そして
M子さんから 追加の写真が届いた。
紅葉の山々の向こうに、月山。
さらにずうっと向こうに 鳥海山。

f:id:pft78526:20181012061821j:plain

 

実は・・・この時、
私は あのずっと向こうに写ってる鳥海山にいて、
「美代子さん、今頃どの辺りを歩いてるかなぁ~」
と思いながら 障子ヶ岳の方を眺めていたのだ! ( ´艸`)

 

 

◆'18/09/28~29 鳥海山 御浜小屋1泊⑦…下山

 

すれ違う人たちが みなさん
「山頂付近は 寒かった。強風だった。」
とおっしゃるので、下りも千蛇谷コースかなと思っていたのだけど・・・

 

外輪山を歩いている人たちを見ていると、
「歩くのが大変なほどの強風ではないみたいだから、 
 せっかくなら 遠くの景色を眺めながら外輪山を下りたいな」
とも思うのだった。

f:id:pft78526:20181010181739j:plain

 

 

さて、どうしようか・・・。

続きを読む

◆'18/09/28~29 鳥海山 御浜小屋1泊⑤…朝の景色を眺めながら歩く

 

「ザッ・・・ザッ・・・」

足早に小屋の前を歩いて行く足音で目が覚めた。
時間を見ると午前3時過ぎ。


山頂で日の出を見ようと登っていった人かな・・・
と思いながらウトウト。

次に目が覚めたのは5時頃。
もう空の色が変わり始めてる時間じゃないか!


もう少し早く起きて、空の色が変わっていくのを眺めたかったなぁ・・・
と思ったけど しかたない。( ノД`)

先に起きていたYさんが淹れて下さったコーヒーをいただき、
朝の景色を眺めに行く準備をした。

 

 

靴を履き、小屋の出入り口から外を見ると・・・

    f:id:pft78526:20181002183802j:plain
昨日ガスで見えなかった稲倉岳のシルエットがハッキリ。
その向こうには象潟の方と日本海。
そして 
うっすら朝焼けの空。

 

やった! 今日はキレイな空が見えそうだ!

続きを読む