読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆5/14 金峰山~鎧ヶ峰~母狩山④


        
       低気圧が近づいていて東風が吹き 気温が上がった日は、
                                                 とくに虫が大量発生する。
       昨年5月 湯ノ沢岳と摩耶山に登った時も ものすごかった!
                                 (実は、その時に刺された痕がまだ残っている。)
          
           こんな風景からは わからないけれど。

       f:id:pft78526:20170515204410j:plain

 

       母狩山頂から少し下った所にある眺めの良い所で パチリ。
          歩いてきた鎧ヶ峰や金峰山が 下の方に見える。
            その向こうに広がるのは 庄内平野。
              鳥海山は やっぱり雲の中。

f:id:pft78526:20170515204510j:plain





f:id:pft78526:20170515204531j:plain



         下りも クマさんに会わないように歌いながら行く。

       f:id:pft78526:20170515204551j:plain



        ♪ われ~らの い~の~ち  みが~くべ~し~ ♪

f:id:pft78526:20170515204629j:plain



              ・・・と、その時、
              急坂を登ってきた人が。

           よく見ると、なんとⅯ子さんではないか!
        どこかの山に行ってるだろうな・・・と思っていたら、
             ここで また会っちゃった! ( ´艸`)


               下山途中だったけど、
            せっかくⅯ子さんとお会いしたので、
         そこから またⅯ子さんと一緒に母狩山山頂へ。

    f:id:pft78526:20170515204649j:plain


                 ここからは、
         歌をやめて Ⅿ子さんとお喋りしながらの山歩き。

     やはり山頂にはちょっといただけで、虫を払いながら すぐ下山開始。


             もう一度 カタクリを撮る。

f:id:pft78526:20170515204710j:plain



             さっきは気づかなかったけど、  
      下り始めて間もない所に まだ咲いているマンサクがあった!

    f:id:pft78526:20170515204734j:plain



         この方は、青空にヒラヒラ飛んでいきそうだった。
           あちらこちらに たくさん咲いていた。

     f:id:pft78526:20170515204824j:plain



          昼近くになり、日差しが上から差し込むように。

       f:id:pft78526:20170515204900j:plain



          いろんな種類があって名前は分からないけど、
           とにかく可愛くて撮ってしまうスミレ。

      f:id:pft78526:20170515204950j:plain

 



            登りの時とは違うものが 目に入る。

   f:id:pft78526:20170515205052j:plain





     f:id:pft78526:20170515205124j:plain



                   カエデ、
              もう種ができてるものもある。

       f:id:pft78526:20170515205141j:plain



       

         鞍部から鎧ヶ峰への登り返しが 頑張りどころ!

   f:id:pft78526:20170515205238j:plain

 


      f:id:pft78526:20170515205202j:plain



               ここも登りだ~。

     f:id:pft78526:20170515205305j:plain



         道の両側を オオバキスミレが埋め尽くしてる。

       f:id:pft78526:20170515205411j:plain



            12:25  鎧ヶ峰山頂に到着。
           やっぱり 鎧ヶ峰からの眺めはいいな。

f:id:pft78526:20170515205508j:plain



         Ⅿ子さんが「男鹿半島も見える」と教えてくれた。

          f:id:pft78526:20170515205528j:plain



                月山、キレイだな。

      f:id:pft78526:20170515205603j:plain


  

   f:id:pft78526:20170515205629j:plain



          トレランの男性が金峰の方からやってきて、
             間もなく また戻っていった。

             私たちも、少し休憩して出発。

     少し下った所で 金峰少年自然の家の所長さんたちにお会いした。
              今月末のイベントに向けて、
   下見をしつつ、子どもたちのために急坂にロープを設置してくるとのこと。

         「金峰山頂にビバークして、翌朝 日の出を見て、
          鎧ヶ峰~母狩山へ登り、谷定へ下りる」  
           という内容が予定されているようだ。
     f:id:pft78526:20170515205653j:plain
    

     

             木々が とても力強く見える。

f:id:pft78526:20170515205722j:plain




    f:id:pft78526:20170515205837j:plain



                 新緑の中・・・

  f:id:pft78526:20170515205857j:plain


             木漏れ日が揺れる道を歩く幸せ💛

    f:id:pft78526:20170515205914j:plain



            何気なく西側の斜面を見下ろすと、
                ぽつんと一輪。
      来年 仲間を増やして またあの場所に咲いてくれるといいな。
     

        f:id:pft78526:20170515205943j:plain





   f:id:pft78526:20170515210002j:plain



                   ん?
                はじめて見る花。
              これは 何ていう花だろう?

f:id:pft78526:20170515210024j:plain




f:id:pft78526:20170515210044j:plain




          Ⅿ子さんとお喋りしながら歩いてると・・・

   f:id:pft78526:20170515210109j:plain

           
            あっという間に ここまで来た。
           下りは、山頂へは行かず 作業道へ。

f:id:pft78526:20170516071953j:plain




f:id:pft78526:20170516072015j:plain


       13:55  結局6時間近く歩いて 車の所に戻った。

                               f:id:pft78526:20170516072038j:plain



        新緑の金峰山~鎧ヶ峰~母狩山を歩くことができて
               良かったな。\(^o^)/



               帰宅途中の信号待ち。
             歩いた山を振り返って見た。           

f:id:pft78526:20170516072104j:plain




               帰宅後によく見たら、
          左手首の内側、右手の中指、右頬、おでこ・・・
          と、いろんなところを虫に刺されていた。( ノД`)

           次は 虫よけを忘れないようにしなくちゃ!