読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『 ふたりだけのキャンプ 』

本など


                       夏の初め、
          父さんは ぼくをキャンプにさそった。

    f:id:pft78526:20170304092011j:plain

      いつもは たくさんのキャンプどうぐをつんでいくのに、
                 今回は…
           はりがねと にづくりシート2まい。
           はんごう2つに ナタとナイフ。
           ヤスと つりざお。
           そして米とミソと塩。
           トラックの荷台には カヌー。
               …それだけ。

        「 ほんとうのキャンプだ。テントはいらない。」
            父さんは ひたすら車を走らせ、
        山おくの、ふつうの人は入れないようなところへ・・・

 

           

      f:id:pft78526:20170304092101j:plain

 


              文を書いた松居さんは、
              家族で北海道に移住し、
     アイヌの古老から 文化を学び、山で泊まる方法などを教えてもらい、
      友人達と カヌー、山岳スキー、登山、釣り…などをしているそう。

             
          本の中で お父さんが ぼくに教えたことは、
      松居さんが アイヌの古老から教えてもらったことなのだろう。


              
        お父さんとぼくが 満天の星空を眺めていたとき、

   ・・・広い広い宇宙の中で、そして遥か昔から続く大きな時間の流れの中で、
             自分は ほんの小さな命なのだ・・・

        ということを思ったぼくは、突然こわくなる。
          …お父さんは こわくない?…
          …なぜ、森にくるの?…

        お父さんは答える。
          …自分だってこわい。
           それでも森にくるのは、
           きっと、たった今おまえが感じているそのこわさを、
           いつもわすれずに生きていたいからだな…



                            ・・・私にとっての大切な本が、また増えた。・・・