THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆'20/10/18 初雪が降った鳥海山へ②

 
え?・・・ええ~っ!! 
あんなに ガスが  かかっちゃったよ~。(;^ω^) 
ううう・・・大丈夫かな~。

f:id:pft78526:20201020184918j:plain

 

 ・・・と  ビビリながらも、進む。 f:id:pft78526:20201020185013j:plain

 

 

      f:id:pft78526:20201020185105j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020185226j:plain

 

こんな時、
同じようなペースで進んでいる人たちがいるのは心強い。 f:id:pft78526:20201020185642j:plain

 

すぐ前を行くのは、
朝 コンビニで会った山形市から来たという若者二人。 f:id:pft78526:20201020185703j:plain

 


ほぉ・・・ 

f:id:pft78526:20201020185845j:plain

 

山頂にまとわりつくガスが イイ感じだなぁ・・・。 

f:id:pft78526:20201020185935j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020185941j:plain

 

 

御田ヶ原のこういう景色、初めてだなぁ。 f:id:pft78526:20201020190114j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020190110j:plain



!!!!!

f:id:pft78526:20201020190334j:plain

 

・・・・・・・・・・ 

f:id:pft78526:20201020190340j:plain

 しばし立ちどまって 見とれてしまった。

 

f:id:pft78526:20201020190632j:plain

 

 振り返って見た笙ヶ岳の方。 f:id:pft78526:20201020190933j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020191236j:plain

 


霜柱が  いっぱい。 

  f:id:pft78526:20201020191406j:plain

 


月山森の向こうの月山。 f:id:pft78526:20201020191914j:plain

 

 

八丁坂を登って行く。 f:id:pft78526:20201020192033j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020192151j:plain

 


七五三掛から上の方は、
やっぱり白くなってるなぁ・・・。 

f:id:pft78526:20201020192311j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020192332j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020192557j:plain

 

七五三掛辺りで引き返してきたという方とすれ違った。 

f:id:pft78526:20201020192638j:plain

 ど・ど・ど・・・どうする?! 
いちおう軽アイゼンは持ってきたけど・・・どうする?!


まずは七五三掛まで行ってみよう。

f:id:pft78526:20201020192735j:plain

 


七五三掛にて ちょっと景色を眺める。 
木々の枝も白くなってキレイ。f:id:pft78526:20201020192820j:plain

 


うわ・・・ f:id:pft78526:20201020193628j:plain


美しい・・・。\(^o^)/  

f:id:pft78526:20201020193507j:plain

 

 
あんな様子を見たら、
不安よりも 行きたい気持ちが大きくなるよね。 

f:id:pft78526:20201020193853j:plain

 


七五三掛から登って行った人たちの姿を見て・・・ 
私も進むことにした。f:id:pft78526:20201020194047j:plain

 

!!!!!

木道が・・・す、滑る~。(;^ω^) 

f:id:pft78526:20201020194142j:plain

 

先日降った雪が一度とけてから凍った跡もあった。 

f:id:pft78526:20201020194337j:plain

 

滑って転ばないように、一歩一歩慎重に登った。 

f:id:pft78526:20201020194516j:plain

 


足元には白い雪。 f:id:pft78526:20201020194627j:plain

 

眼下には 紅葉の斜面が広がっている。 f:id:pft78526:20201020194843j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020194953j:plain

 


千蛇谷と外輪の分岐に来た。
さて、どっちを行こうか。 

f:id:pft78526:20201020195344j:plain

山形市のお二人は千蛇谷を行くとのこと。 

 

私も 千蛇谷の方がいいかなと思ったんだ。( ´艸`) f:id:pft78526:20201020195110j:plain

 

ここが ちょっと怖かったけど、
慎重に、ゆっくりゆっくり下った。 

f:id:pft78526:20201020195622j:plain



ベンチから見る千蛇谷。

f:id:pft78526:20201020195742j:plain

 

じゃ、行きますよ~。 f:id:pft78526:20201020195904j:plain日が当たっているので、雪はとけ気味。
凍ってはいなかった。 

 


(向こう側へと渡っている人が写っているはずなんだけど、
 どこに映っているのか分からない・・・。(;^ω^)  )

f:id:pft78526:20201020200115j:plain

 


大きな石がゴロゴロしているところに 薄っすら雪があるので
慎重に渡った。 

f:id:pft78526:20201020200214j:plain

 


 

f:id:pft78526:20201020200317j:plain

 


渡り終えたところでホッとしながら 振り返って見る。 f:id:pft78526:20201020200421j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020200442j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020200606j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020200832j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202109j:plain

 


時々 外輪の方を見上げてみたりして。 f:id:pft78526:20201020202215j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202324j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202357j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202404j:plain

 


お、歩いている人がいたぞ。 f:id:pft78526:20201020202424j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202631j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202844j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020202942j:plain

 


この時期に千蛇谷を歩くのは初めてなので 

f:id:pft78526:20201020203154j:plain

 


粉砂糖を振りかけたような景色に  見入ってしまう。f:id:pft78526:20201020203330j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020203352j:plain

 


南側から噴き上がってくる雲も イイ感じ。 f:id:pft78526:20201020203417j:plain

 

 

 

f:id:pft78526:20201020203423j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020203453j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020203514j:plain

 

 

  f:id:pft78526:20201020203607j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020203704j:plain

 

 

外輪を歩いている人の姿が見えると つい撮りたくなってしまう。 f:id:pft78526:20201020203815j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020203920j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020204009j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201020204120j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021193434j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021193553j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021193710j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021193826j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021193933j:plain

 


( ´艸`) 

f:id:pft78526:20201021194049j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021194154j:plain

 

 

   f:id:pft78526:20201021194254j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021194439j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021194626j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021194828j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021194955j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021195117j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021195311j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021195405j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021195614j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021195908j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021200046j:plain

 

f:id:pft78526:20201021200259j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021200419j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021200522j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021200631j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021200823j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021200911j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021201007j:plain

 


ここにも いた。( ´艸`) f:id:pft78526:20201021201108j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021201211j:plain

 


あの人、こっちを見下ろしてるぞ。 f:id:pft78526:20201021201316j:plain

 


あ・・・あれあれ? f:id:pft78526:20201021201405j:plain


さっきまで青空が見えていたのに・・・

f:id:pft78526:20201021201507j:plain

 

ガスで白くなってきたぞ。 f:id:pft78526:20201021201539j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021201637j:plain

 


北側は まだ青空が見えてるけど・・・。 f:id:pft78526:20201021201815j:plain

 

 

   f:id:pft78526:20201021201821j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021201931j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021201952j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021202017j:plain

 


ここまで来れば、もう少し。 f:id:pft78526:20201021202040j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021202118j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021202327j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021202434j:plain

 

 

f:id:pft78526:20201021202531j:plain

 
10:23  御室に到着。

 

f:id:pft78526:20201021202203j:plain

 

登っているときは暖かかったけど、
御室に着いたら さすがに寒い。
              

f:id:pft78526:20201021202625j:plain

冷たい風が あまりあたらない場所でザックを下ろして レインウェアを重ねた。
さて、この後は どうしようか・・・
と、コーヒーとアンパンで一休みしながら考えた。

 

              ・・・③へ続く・・・