THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆4/30 鳥海山 笙ヶ岳まで②…御浜~笙ヶ岳三峰手前

 

今日の 御浜からの鳥海山山頂は・・・

f:id:pft78526:20180507064117j:plain
こんな感じだった。

 

山頂ズーム。

f:id:pft78526:20180507064422j:plain

手前には 山頂の方へ歩いていく人の姿が。



鳥海湖は まだ真っ白。

f:id:pft78526:20180504202703j:plain

 




これから行く笙ヶ岳の方。

f:id:pft78526:20180507064607j:plain

 

 




霞んではいるものの
遠くに うっすら月山が見えた。

f:id:pft78526:20180507064803j:plain

 

 




我が家の近くにある会社にお勤めだという方も 御浜にて休憩中だった。
その方に挨拶して 笙ヶ岳の方へ向かう。

f:id:pft78526:20180507064954j:plain

 

 




鳥海湖の近くに、スキーヤーらしき人の姿。

f:id:pft78526:20180504203508j:plain

 




山頂の方を ふり返りながら 歩く。

f:id:pft78526:20180504203732j:plain

 




何度も ふり返りながら歩く。

f:id:pft78526:20180504203939j:plain

 




天気の良い今日は、
あちらこちらから 登って来てる人がいるんだろうな。

f:id:pft78526:20180504204152j:plain
この時期の山頂からの景色を眺めてみたい気持ちもある。



それにしても・・・
残雪が山肌に描きだす模様が美しい。

f:id:pft78526:20180504204345j:plain





外輪山 ズーム。

f:id:pft78526:20180504204548j:plain

 




いつか私も 残雪期の山頂を目指す時があるだろうか。

f:id:pft78526:20180504204900j:plain

 



でも
こんなふうに写真をたくさん撮りながらじゃ 厳しいな。(;^ω^)

f:id:pft78526:20180504205030j:plain

 




御浜から 扇子森の方へ向かう人たち。
ズーム。

f:id:pft78526:20180504222839j:plain

 




私が向かうのは こっち。
気温が高くて 雪がザクザクだし、あちこちに割れのようなところがあるから
けっこう慎重になってしまう。

   f:id:pft78526:20180504205244j:plain

 

   



f:id:pft78526:20180504205411j:plain

 



突然 近くで鳥の声。

「私が どこにいるのか、わかる?」

f:id:pft78526:20180501223606j:plain

まさに 保護色ですな。(;^ω^)



鳥海湖の縁の辺りにも その向こうにも
人の姿あり。

f:id:pft78526:20180504205630j:plain

 




積雪期の月山森にも 登ってみたいなぁ。

f:id:pft78526:20180504205928j:plain

 

 




日当たりの良いところでは 雪が早く解け、
芽が顔を出していた。

   f:id:pft78526:20180501224208j:plain

 




また外輪山の方をズーム。

f:id:pft78526:20180504210136j:plain

 手前にいる人が 小さく点々になって見える。




さらにズーム。

    f:id:pft78526:20180501224559j:plain

 登ってる、登ってる。




足元の割れを気にして 慎重に歩きつつ行くと・・・

f:id:pft78526:20180504223126j:plain

 




笙ヶ岳が見えてきた。

f:id:pft78526:20180504223532j:plain

 



やっぱり 
昨年の5月5日に来た時より 雪解けが早い。

f:id:pft78526:20180506200258j:plain
スキーヤーがドンドン歩いているところも、
ツボ足の私は 踏み抜いてしまいそうで 怖くて 
とっても慎重に・・・というか・・・恐る恐る?進んだ。

 




長坂道への急斜面を登ろうとしている人の姿が見えて 驚く。
( 針の先のような点の大きさの人の姿。(;^ω^) )

f:id:pft78526:20180504223958j:plain

 




山頂の方を ふり返って見る。
   f:id:pft78526:20180506195528j:plain

 

 




雪が解けたばかりの所を歩いたりして・・・

f:id:pft78526:20180506195826j:plain

 

 


笙ヶ岳の方を見ると・・・
三峰の頂に たくさんの人の姿が。
スキーヤーかな。

f:id:pft78526:20180504224735j:plain

     




さて、まいりましょうか。

f:id:pft78526:20180506201426j:plain

ここから真っすぐ向こうに下りようとしたら
下りることができなかったので、
ちょっと戻って・・・


ゴツゴツ岩の下の夏道辺りを歩いた。

f:id:pft78526:20180502175351j:plain

 



昨年は、
賽の河原から河原宿へぬけ・・・
吹浦コースを突っ切って 湿原のある辺りを通って・・・
この岩峰とあの三峰との間の鞍部に出てきて 長坂道に合流、
三峰に登ったのだった。
(写真の右側から来た。)

f:id:pft78526:20180506202006j:plain

 




お、下から登っていた人が 登り切ったようだぞ。

f:id:pft78526:20180506202345j:plain

 



西側を登ってる人たちもいれば・・・

f:id:pft78526:20180506194345j:plain

 




二峰辺りにいる人たちの姿も見える。

f:id:pft78526:20180506194506j:plain

 




さあ、私も まずは 三峰へ登ろう!

f:id:pft78526:20180506194647j:plain


私も 他の人から見ると
小さい点になって この広い雪原を歩いてるんだろうな・・・。( ´艸`)



                                           ・・・③へ続く・・・