THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆2/3 鳥海山二ノ滝の氷柱を観に➃…ワカンを履いてバフバフ。


二ノ滝から戻る道。

まだ昼頃なのに
もう すっかり午後の日差しになったように感じる。

f:id:pft78526:20180203225500j:plain

 

 斜面のずっと下の方を見たら、
石の上に雪が積もって クリームみたいだった。

   f:id:pft78526:20180203225629j:plain

あれ?
あんなところに ウサギの足跡だ。

f:id:pft78526:20180203225658j:plain

今 ぴょんぴょん駆けていったみたいな足跡だな~。



けっこうな急斜面。

f:id:pft78526:20180203225727j:plain
歩いていて、なんだか違和感あり。
歩きにくいな~。

そうそう・・・

感覚的に、
右側が切れ落ちてるのは大丈夫だけど
左側が切れ落ちてるのが 苦手なんだ。

f:id:pft78526:20180203225828j:plain


だから、
来る時には平気で歩いた道を
戻りは ちょっとドキドキしながら歩いた。


途中から 行きと違う道を通った。

f:id:pft78526:20180203225942j:plain




どなた?

   f:id:pft78526:20180203230014j:plain





   f:id:pft78526:20180203230107j:plain




こういうところを歩くのが とても楽しい。

  f:id:pft78526:20180203230139j:plain




少し登る。

f:id:pft78526:20180203230210j:plain

 


陽が差すブナ林の中を。

f:id:pft78526:20180203230314j:plain




    f:id:pft78526:20180203230416j:plain




地衣類がつくり出すブナの樹皮の模様。

f:id:pft78526:20180203230458j:plain






f:id:pft78526:20180203230523j:plain




木の影が伸びる雪の上を
登って登って・・・

f:id:pft78526:20180203230630j:plain

 


ふり返る。

f:id:pft78526:20180203230715j:plain





f:id:pft78526:20180203230737j:plain




登りきるまで もう少し。   f:id:pft78526:20180203230817j:plain






f:id:pft78526:20180203230924j:plain





ふり返って見る。

f:id:pft78526:20180203231028j:plain





何人も歩いて 道になっている跡と
私が ツボ足で ズボズボ歩いた跡と。

f:id:pft78526:20180203231128j:plain




一ノ滝駐車場が見えてきた。

f:id:pft78526:20180204071159j:plain




せっかくなので やっぱりワカンを履いて歩きたいな・・・。

f:id:pft78526:20180204071237j:plain




どこで履こうか迷っていたけど・・・

f:id:pft78526:20180204071303j:plain

鳥居を過ぎたところで装着。



じゃん!

   f:id:pft78526:20180204071336j:plain

しかし・・・


晴れて気温が上がり
時間とともに雪が重くなっていたので
ワカンを履くと 一歩一歩がけっこう重く
またまたお二人から大きく遅れてしまうことになるのだった。


              f:id:pft78526:20180204071410j:plain




   f:id:pft78526:20180204071526j:plain



何人も歩いてしっかり道になったところと
スキーをはいて歩いたあとと
私が真ん中をワカンで歩いた跡と。

f:id:pft78526:20180204071559j:plain

 

ずっとズボズボでは かなり遅れてしまうので、
このままずっと ズボズボ行くのはやめて・・・

車道では 道になっているところをシャカシャカ進み、
林の中では 誰も歩いてないところをズボズボ歩くことにした。

f:id:pft78526:20180204071630j:plain




あそこまで 追いつけ~っ!
シャカシャカ・・・シャカシャカ・・・

f:id:pft78526:20180204071748j:plain

 


あ!

   f:id:pft78526:20180204071826j:plain




ここから左の林へ入って ショートカットするよう。

f:id:pft78526:20180204071926j:plain





f:id:pft78526:20180204071957j:plain

 


やっぱり林の中は いいな。

f:id:pft78526:20180204072032j:plain




やっほ~い!

   f:id:pft78526:20180204072103j:plain





f:id:pft78526:20180204072128j:plain





f:id:pft78526:20180204072244j:plain




ふと見ると・・・
でっかい『サルノコシカケ』に 雪が腰かけていた。

f:id:pft78526:20180204072313j:plain

雪だるまを作って 乗せたくなったけど、
またまた遅れてしまうので、ガマンした。




動物になった気分で 木々の間を歩く。

f:id:pft78526:20180204072449j:plain



足跡のない所を。
ズボズボ・・・

無中になって。
ズボズボ・・・

f:id:pft78526:20180204072530j:plain




なるほど。このカーブミラーの所に出たのか。

f:id:pft78526:20180204072605j:plain





キブシ。

f:id:pft78526:20180204072636j:plain




    f:id:pft78526:20180204072722j:plain



f:id:pft78526:20180204072841j:plain




車道に出てからは また道を歩いていたけど・・・

f:id:pft78526:20180204072906j:plain




途中から、
道を大きく外れて こっちへ下ってみることにした。
足跡があるから きっと大丈夫!

f:id:pft78526:20180204072938j:plain




少し進むと・・・あの見晴らしのよいところに出た。

そして・・・
ずっと下の方に車道があり、人の姿が小さく見えている。
この急斜面、ちゃんと下れるんだろうな・・・。(;^ω^)

f:id:pft78526:20180204073008j:plain




前の人の跡について
急斜面を斜めに下っていくことにした。

f:id:pft78526:20180204073040j:plain

 


斜面の途中で 向こうを見る。
朝は 
奥の杉林の中を歩いて 右側の大きくカーブする車道を歩いて こっちにきた。

f:id:pft78526:20180204073123j:plain

( あの人、何かを写真に撮ってるぞ。何だろう? 気になるな。)



無事に車道に下り、
今下ってきた斜面をふり返って見た。

f:id:pft78526:20180204073158j:plain

ドキドキしたけど、
こういうのが 面白いんだなぁ。\(^o^)/


さっきの人が撮っていたものが気になったので、
そっちの方へ行ってみたら・・・

f:id:pft78526:20180204073333j:plain

ロールケーキ!\(^o^)/
「あなたが雪を落としてくれたから
 こんなのを見ることができたわ。」
と写真を撮っていた方から言われた。

そうだったのか~(笑)。



さあ、次のお楽しみは こちら!
今日 ぜひ歩きたいと思っていたところ。


Sさんが ツボ足で 先に下りていった。

f:id:pft78526:20180204073400j:plain

 


いいな~ この足跡。\(^o^)/

f:id:pft78526:20180204073442j:plain




せっかくなので
私は、この足跡のないところを・・・。

f:id:pft78526:20180204073510j:plain

ズボズボ・・・ズボズボ・・・


ちょっと下って ふり返る。

f:id:pft78526:20180204073644j:plain




 

f:id:pft78526:20180204074110j:plain




 

 向こうの急斜面を下って・・・
この斜面を下って。
満足。( ´艸`)

f:id:pft78526:20180204074315j:plain




再び車道に出てからは
また道を歩いた。

f:id:pft78526:20180204074426j:plain




やりましたな。(;^ω^)

f:id:pft78526:20180204074551j:plain




笙ヶ岳の方を ふり返って見る。

f:id:pft78526:20180204074623j:plain




f:id:pft78526:20180204074703j:plain

ズーム。


もしかしたら 滑ってる人が見えるんじゃないかと思うような雪面。

f:id:pft78526:20180204074807j:plain

 


下りは速い。

1時間半ほどで 車を停めたところに戻ってきた。

f:id:pft78526:20180204074836j:plain

 


f:id:pft78526:20180204074907j:plain



朝たくさんあった車は、ほとんど帰ってしまっていた。



13:20  到着。
Sさん、Ⅿさん、ありがとうございました!
しょっちゅうお待たせして すみませんでした。<(_ _)>
青空の下、大変楽しい雪山歩きができました。

f:id:pft78526:20180204075010j:plain

 


あんなにきれいな青空が広がっていたのに
帰る頃には 空は雲におおわれ始めていた。



もう1本向こうの道路の方に 
『gallery & coffee 翠』が見えた。

f:id:pft78526:20180204075047j:plain

翠の店の大きな窓からは
今日の鳥海山は どんなふうに見えたのかな。


そのうちまた行こう。

    f:id:pft78526:20180204075141j:plain

 


ふり返って見た鳥海山。
ありがとう、鳥海山。

f:id:pft78526:20180204075246j:plain



2度目の二ノ滝氷柱。  
真っ青な空の下 
キレイな光や影や かわいい足跡を眺めながら 雪の上を歩くことができ、
そして
薄水色に凍った氷柱を観ることができて
よかった!\(^o^)/

(今度は、完全に凍った二ノ滝を観たい!)