THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆1/13 高館山~のろのろラッセル②…いざ!大沢コースへ。


おお! 踏み跡の無い道。

大沢コース、私が独り占めだ~! \(^o^)/

f:id:pft78526:20180113210423j:plain
・・・とワクワクしながら登り始めた。

 


ワカンを履いて 大沢コースへ出発。
出だし 30cmくらい沈む。

   f:id:pft78526:20180113210700j:plain





独り占めだと思ってたけど

ここの住人がいたのだった。

f:id:pft78526:20180113210746j:plain




ふと、足元にあった穴を見たら・・・

f:id:pft78526:20180113210927j:plain

クモって、冬の間 どうしてるんだろう??




ふり返って見る。
下池の方から 鳥たちの鳴き声が まだまだ聞こえる。

    f:id:pft78526:20180113211022j:plain




 

f:id:pft78526:20180113211207j:plain





前方のツバキが 雪の重みで・・・。
f:id:pft78526:20180113211247j:plain
この上の方に行くと、
道に木々が被さってる所が もっとあるだろうな・・・。



登山道を先導していく足跡あり。       

     f:id:pft78526:20180113211435j:plain





      f:id:pft78526:20180113211641j:plain





木々の芽がイキイキして見える。

    f:id:pft78526:20180113211726j:plain




木々の芽は、
すでに秋から準備しているんだものね。

f:id:pft78526:20180113211820j:plain





ドライフラワー?も素敵!  f:id:pft78526:20180113211906j:plain





       f:id:pft78526:20180113211952j:plain





もしもし、どなたかいますか?

f:id:pft78526:20180113212107j:plain

・・・いないようです。(^ω^)




    f:id:pft78526:20180113212150j:plain





   f:id:pft78526:20180113212229j:plain




何度も ふり返る。

f:id:pft78526:20180113212314j:plain




重い雪。一歩一歩進む。

     f:id:pft78526:20180113212401j:plain





  f:id:pft78526:20180113212447j:plain




  f:id:pft78526:20180113212523j:plain





      f:id:pft78526:20180113212601j:plain




      f:id:pft78526:20180113212657j:plain




鮮やかなユズリハの赤。

     f:id:pft78526:20180113212756j:plain




ふり返って見ると、
下池が下の方に見えるように。

f:id:pft78526:20180113212841j:plain




登り口の辺りよりも 雪が深くなってきた。
50cmくらいかな?

f:id:pft78526:20180113212926j:plain





    f:id:pft78526:20180113213016j:plain





f:id:pft78526:20180113213111j:plain





カマキリのたまご。
これが産み付けられる高さで その冬の雪の量を予想する、というのがあった。

ちなみにこれは、地面から1m以上の所にあった。
カマキリは、やはり大雪を予想していたか?

      f:id:pft78526:20180113213201j:plain




      f:id:pft78526:20180113213252j:plain




   f:id:pft78526:20180113213327j:plain




     f:id:pft78526:20180113213449j:plain




重い雪のラッセルが続く。
こんな時はスノーシューの方が良さそうだけど、
私はワカンしか持ってないので仕方ない。(;^ω^)

f:id:pft78526:20180113213537j:plain




山頂の方に ガスが。

f:id:pft78526:20180113213623j:plain




自分の踏み跡を見るのが面白くて
何度も振り返る。

f:id:pft78526:20180113213710j:plain




送電線に巻き付いてる雪。

  f:id:pft78526:20180113213929j:plain




このユリの種さやの中は すでにカラッポ。

        f:id:pft78526:20180113213839j:plain





   f:id:pft78526:20180113214016j:plain



 向こうから やってきて・・・

f:id:pft78526:20180113214155j:plain




あっちへ行ったみたいな足跡。

f:id:pft78526:20180113214107j:plain




種と 芽と。

    f:id:pft78526:20180113214247j:plain





f:id:pft78526:20180113214334j:plain





マンサクの黄色い花びらが 見えかかってる!
早春の花マンサク、今年はいつ頃 咲き始めるんだろう?

    f:id:pft78526:20180113214420j:plain





      f:id:pft78526:20180113214502j:plain




ウサギも少し 埋まりながら歩いてるよう。

     f:id:pft78526:20180113214546j:plain




ふり返ると、
遠くの景色が見えるようになっていた。

    f:id:pft78526:20180113214936j:plain

 


ブナの大木の林に やってきた。

f:id:pft78526:20180113215024j:plain

この辺りから
道はジグザグに登っていく。


しばらく歩いていくと・・・分岐に。


えっ?!
ずいぶん歩いてきた気がするけど、
大沢コースに入ってから まだ0.3km?!

     f:id:pft78526:20180113215158j:plain

ノロノロ歩いてるからだな~。(;^ω^)



ここは もちろん左の山頂への道へ。

f:id:pft78526:20180113215249j:plain

ここから 道は少し傾斜を増す。

膝くらいまで沈みながら 重い雪を歩いてるけど・・・
この先は どんな状況なんだろう?



              ・・・③へ続く・・・