THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆10/29 獅子ヶ鼻湿原④…新山溶岩流末端崖




               『出つぼ』を過ぎ、
         木道は 苔むした石がたくさんある斜面の方へ。
   f:id:pft78526:20171029161738j:plain

 

           『新山溶岩流末端崖』ということは・・・
              新山から流れ出た溶岩が、
           この辺りまで流れてきたということか。
           この苔むした石が 溶岩なんだ・・・。

  f:id:pft78526:20171029161809j:plain




                                   こんな木が あちらこちらに。

   f:id:pft78526:20171029162008j:plain




    

            新山から 熱い熱い溶岩が流れてきて
          冷えて固まったゴロゴロの石だらけの場所に、
       長い年月をかけて こんなふうに植物が生えるようになって。f:id:pft78526:20171029162101j:plain



                斜面を見上げると、
        溶岩の上に腰かけているような木たちが たくさん!
              こちらを見下ろしているような。

f:id:pft78526:20171029162125j:plain





   f:id:pft78526:20171029162224j:plain

   


             木道が    落ち葉で埋め尽くされている。

f:id:pft78526:20171029162243j:plain





   f:id:pft78526:20171029162304j:plain

 



f:id:pft78526:20171029162358j:plain




               この辺りには木道ナシ。
        落ち葉が積もった石の上を 足元に気をつけて歩いた。

       f:id:pft78526:20171029162805j:plain





      f:id:pft78526:20171029162911j:plain




             こんな木の下をくぐったりも。

f:id:pft78526:20171029162944j:plain





      f:id:pft78526:20171029163030j:plain




     f:id:pft78526:20171029163105j:plain




            スゴイとしか言いようがない・・・。

f:id:pft78526:20171029163130j:plain





      f:id:pft78526:20171029163149j:plain




           木も石も 動いていないように見えるけど、
           長い年月をかけて少しずつ変化してきたから
             こんな風景になっているんだなぁ。

f:id:pft78526:20171029163218j:plain




     苔むした溶岩の崖と そこにおおいかぶさるように立つ奇形ブナたち。
              火山がつくり出した独特の景観。

f:id:pft78526:20171029163237j:plain





   f:id:pft78526:20171029163258j:plain



                溶岩流の崖を離れ、
                 再び平坦な道に。 

f:id:pft78526:20171029163315j:plain


           ここから『鳥海マリモ』の方へ向かう。
          今回は、緑色の球体のマリモが見えるだろうか。


               ・・・⑤へ続く・・・