THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆19/14 大鳥池~以東岳④…以東岳山頂~小ピーク


         以東小屋&以東岳山頂で 1時間ほどのんびりして・・・
11:20            下山開始。

f:id:pft78526:20171019195359j:plain

            山頂から北東側へ伸びる稜線の道を下る。

 

               何度も 何度も   
   f:id:pft78526:20171019200154j:plain

      以東小屋の方を振り返ったり 大鳥池を見下ろしたりしながら・・・
  f:id:pft78526:20171019200228j:plain

              
          花崗岩が ゴツゴツ顔を出している道を下る。      

     f:id:pft78526:20171015083346j:plain


 

           次のピークにも ゴツゴツした石・岩が見える。

f:id:pft78526:20171015083434j:plain




                 ここは 登る。

f:id:pft78526:20171015083451j:plain

 

                  ふり返ると、
       さっきすれ違ったトレランの女性の姿が あんなところに。

f:id:pft78526:20171015083511j:plain

 


               日本海の方に目を向けると、
              ここからも 粟島が見えてる。

f:id:pft78526:20171015083529j:plain

 


             尾根の反対側は 雲がいっぱい。

f:id:pft78526:20171019200344j:plain




                足元に気をつけて
               岩に沿った道を歩く。

           f:id:pft78526:20171015083615j:plain




                 主稜線の方。

f:id:pft78526:20171019200537j:plain




           遠くの鳥海山や月山を眺めつつ下っていく道。f:id:pft78526:20171015083714j:plain




f:id:pft78526:20171015083730j:plain




                 またゴツゴツ。

f:id:pft78526:20171015083751j:plain




                 走りたくなる!
                でも 走り出す前に・・・

f:id:pft78526:20171015083808j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20171015083824j:plain



             ここは 駆け上がっちゃうぞ!

          f:id:pft78526:20171015083859j:plain




             駆け上がってきて ふり返ると
              以東小屋が チョンと見えた。

f:id:pft78526:20171015083922j:plain




f:id:pft78526:20171015083946j:plain



                  おお!

f:id:pft78526:20171015084011j:plain

          この辺りが 夏には お花畑になるんだろうな。

    ヒメサユリ、ヒナウスユキソウ、タカネマツムシソウ、オオバギボウシ・・・
             などの大群落が見られるそう。

f:id:pft78526:20171015084030j:plain

              昨年と今年、秋に来たので、
             次は 夏の花の時期に訪れたいな。


              尾根の右側斜面を覗き込む。

f:id:pft78526:20171015084053j:plain




               

f:id:pft78526:20171015084111j:plain




       この斜面が花でいっぱいになっている様子を想像してみる。

f:id:pft78526:20171015084133j:plain



         尾根の右側は黄金色の草原、左側は緑の笹原。
            

f:id:pft78526:20171015084157j:plain




                何度も振り返って 
             歩いてきた道と以東小屋を眺める。

f:id:pft78526:20171015084220j:plain




                この向こうは?

          f:id:pft78526:20171015084243j:plain




                おおっ ガスが。

f:id:pft78526:20171015084300j:plain




             

f:id:pft78526:20171015084322j:plain



      
         ふり返ると、新潟の方が ガスの中から現れた。
       

f:id:pft78526:20171015084344j:plain





f:id:pft78526:20171015084402j:plain



f:id:pft78526:20171015084428j:plain




f:id:pft78526:20171015084452j:plain



 
             やや急なところを下ってきた。

f:id:pft78526:20171015085156j:plain




               この先も また・・・

f:id:pft78526:20171015085238j:plain




                やや急な下り。

f:id:pft78526:20171015085303j:plain




                  ふり返る。

f:id:pft78526:20171015085322j:plain

 


         f:id:pft78526:20171015085342j:plain



       f:id:pft78526:20171015085407j:plain




               見えてる、以東小屋。

f:id:pft78526:20171015085433j:plain





f:id:pft78526:20171015085455j:plain




             f:id:pft78526:20171015085514j:plain




   f:id:pft78526:20171015085542j:plain



  

        この辺りは かなりの強風が吹き抜ける場所なんだろうな。

f:id:pft78526:20171015085610j:plain




f:id:pft78526:20171015085627j:plain



f:id:pft78526:20171015085645j:plain




      f:id:pft78526:20171015085703j:plain



            風が吹くたびに キラキラ光る笹原。

f:id:pft78526:20171015085732j:plain




           だいぶ 標高が下がってきた感じかな。

f:id:pft78526:20171015085829j:plain

            笹の葉に陽が当たって 輝いていた。

f:id:pft78526:20171015085811j:plain




               あれ? 止まってるぞ。
               ・・・と思ったら、

f:id:pft78526:20171015085900j:plain




           ハクサンイチゲがを見つけたのだった。

     f:id:pft78526:20171015085937j:plain

 

            この斜面も お花畑になるんだな。

f:id:pft78526:20171015090001j:plain




      まだ咲いているハクサンイチゲが あちらこちらにあった。

     f:id:pft78526:20171015090022j:plain





            f:id:pft78526:20171015090046j:plain



           タカネマツムシソウも チラホラと。

    f:id:pft78526:20171015090108j:plain



f:id:pft78526:20171015090136j:plain




              向こうの小ピークから先は
             大鳥池の方に向かっての下り。

f:id:pft78526:20171015090204j:plain





f:id:pft78526:20171015090230j:plain





                 向こうにみえるのが、
         オツボ峰から天狗小屋に続く道がある尾根だろうか。
        

f:id:pft78526:20171015090313j:plain




           f:id:pft78526:20171015090342j:plain



             直登コースとは全く違う眺望。

f:id:pft78526:20171015090405j:plain




           「ここを歩いて下さい」というロープ?

f:id:pft78526:20171015090439j:plain





      f:id:pft78526:20171015090500j:plain




  f:id:pft78526:20171015090519j:plain




               水場の標示あり。

f:id:pft78526:20171015090602j:plain




    f:id:pft78526:20171015090624j:plain



              少し下った辺りから水音が。

f:id:pft78526:20171015090642j:plain



              今回は 水場までは行かず、
             ここからの景色を眺めるだけに。
               なかなか いい眺め。

f:id:pft78526:20171015090710j:plain




             左側に見えるのが三角峰?

f:id:pft78526:20171015090738j:plain



              
               三角峰に続く斜面。

f:id:pft78526:20171015090757j:plain



     f:id:pft78526:20171015090824j:plain

 


f:id:pft78526:20171015090852j:plain




      f:id:pft78526:20171015091004j:plain



          笹原の中にニョロニョロ続く道を歩いてきた。

f:id:pft78526:20171015091030j:plain



            以東小屋、小さく小さく見えてる。

f:id:pft78526:20171015091051j:plain




f:id:pft78526:20171015091115j:plain




         山肌の凹凸がつくり出す模様に見とれながら歩く。

f:id:pft78526:20171015091139j:plain



 

f:id:pft78526:20171019201017j:plain

 



f:id:pft78526:20171019201058j:plain





f:id:pft78526:20171015091226j:plain




          f:id:pft78526:20171015091254j:plain

 



              真っ赤に紅葉した木々が。

f:id:pft78526:20171015091438j:plain





      f:id:pft78526:20171015091526j:plain



              ドウダンツツジの赤だった。

    f:id:pft78526:20171015091555j:plain

 

 



f:id:pft78526:20171015091620j:plain




             こちら側には いろんな色が。

f:id:pft78526:20171015091647j:plain





   f:id:pft78526:20171015091707j:plain



    

 

   f:id:pft78526:20171019201224j:plain



               この小ピークから先は、
         大鳥池に向かって 樹林帯をどんどん下っていく。

f:id:pft78526:20171015091814j:plain



              オツボ峰コースのここまで、
          広々ゆったりとして 眺望のよい道だったなぁ。

f:id:pft78526:20171015091834j:plain




f:id:pft78526:20171015091909j:plain




            下る前に もう一度振り返って見る。

f:id:pft78526:20171015091926j:plain




                  向こうには、
         以東小屋と そこに続く直登コースの道が見える。
             ヘトヘトになりながら登った道。

f:id:pft78526:20171015092035j:plain



                 では・・・

f:id:pft78526:20171015092004j:plain

          いよいよ 大鳥池に向かって 下りま~す。


               ・・・⑤へ続く・・・