THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆8/20 姥沢より月山へ②…姥ヶ岳~牛首



                           さあ、これから見晴らしの良い稜線を歩いて
                月山山頂を目指すよ。      


9:15            姥ヶ岳山頂を出発。                  

   f:id:pft78526:20170820165842j:plain



             こんな景色の中を歩くことができて
                 良かったね~。

f:id:pft78526:20170820165927j:plain




     

               f:id:pft78526:20170820165950j:plain




            何度でも眺めたくなるような景色。
                            手をのばして触れると フワフワしていそう?

f:id:pft78526:20170820170056j:plain



              斜面に雪渓があるんだけど、
                気づいてるかなぁ。            

f:id:pft78526:20170820170120j:plain




          おっ、オヤマリンドウの皆さま おそろいで。

     f:id:pft78526:20170820170149j:plain

          あと何日か経つと 一斉に咲きそうですね。

     

            目の前に広がる風景には 直線が無い。
               それが いいんだな。

f:id:pft78526:20170820170257j:plain



              山の風景のそんなところが
             心が癒される理由の一つかも。

f:id:pft78526:20170820170326j:plain




                初めての月山で、
          何を思い 何を感じながら 歩いてるのかなぁ。

f:id:pft78526:20170820170348j:plain          
            いろんな緑色があるの、見たかなぁ?

      遠くに行くにしたがって 景色が少しずつ青みがかっていくの、
                気づいてるかなぁ?
             

f:id:pft78526:20170820170416j:plain




           何も考えずに ただ歩くのもいいしね。

f:id:pft78526:20170820170440j:plain




           旦那は もうすぐ金姥分岐に着くところだな。

f:id:pft78526:20170822084124j:plain

             こんな稜線歩きができるなんて・・・
        天気を心配しながら来たけど、ホントに良かったね!

f:id:pft78526:20170820170608j:plain




        f:id:pft78526:20170820170630j:plain




           たくさんの緑の中に 雪渓が一つあるだけで、
              この風景の雰囲気が違うな。

f:id:pft78526:20170820170702j:plain




               終わりに近づいたけど、
                 ウスユキソウ。               

       f:id:pft78526:20170820170722j:plain




            また湯殿山の方から登ってきたいな。
              おもしろいコースだったもの。  

   f:id:pft78526:20170820170757j:plain

           ちょうど湯殿山コースから来た人がいた。
    「今日あたりは、このコースを下ってくる人と 結構すれ違ったよ。」
        

            ・・・と言っていたその方も、
       私がのんびり歩いているうちに あっという間に向こうへ。

f:id:pft78526:20170820170825j:plain


                 そういえば・・・

             姥ヶ岳と月山の間のこの稜線が、
      月山ダムへの流れと寒河江ダムへの流れの分水嶺になってる
          って、『月山ダム物語』に書いてあったな。

f:id:pft78526:20170820170853j:plain




        f:id:pft78526:20170820170915j:plain




                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170820170956j:plain



            遠くから見ると 緑だけにみえるけど、

    f:id:pft78526:20170820171027j:plain



           実際には いろんな花が咲いていた。

        f:id:pft78526:20170820171054j:plain



          f:id:pft78526:20170820171127j:plain



          f:id:pft78526:20170820171206j:plain



               また ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170820171248j:plain



      

 

       f:id:pft78526:20170820171316j:plain




      f:id:pft78526:20170820171343j:plain



      f:id:pft78526:20170820171413j:plain




             またまた ふり返って見る。
         抹茶アイスに 抹茶の粉を振りかけたみたいだな・・・。

f:id:pft78526:20170820171454j:plain




                 西側を見る。
           4月末に来た時は 真っ白だったのに、
             今は こんなにも緑でいっぱい。
         これから少しずつ 秋の色になっていくんだなぁ。

f:id:pft78526:20170820171523j:plain




        小さな白い花が集まって、まあ~るい形になってる。    
  f:id:pft78526:20170820171551j:plain



     f:id:pft78526:20170820171620j:plain



       f:id:pft78526:20170820171703j:plain



              何度も ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170820171738j:plain




        f:id:pft78526:20170820171817j:plain

 

          
        前・後・右・左・・・と あちこちの景色を眺めながらの
               気持ちの良い稜線歩き。
   

f:id:pft78526:20170820171915j:plain


               やっぱり山に来ると、
             時間の流れる速さが違うな。

    f:id:pft78526:20170820171851j:plain




               大きな大きな風景の中を
             小さな小さな人が歩いているのが
                   いい。

f:id:pft78526:20170820171941j:plain




      f:id:pft78526:20170820172040j:plain



                あの人みたいに、
            腰かけて景色を眺めるのもいいな。

f:id:pft78526:20170820172144j:plain




      f:id:pft78526:20170820172213j:plain



      f:id:pft78526:20170820172248j:plain




             急坂が 向こうに見えてきた。
    
         どっしりして変わらずそこに在るように見える山と、
          フワフワと常に形をかえながら流れていく雲と。

f:id:pft78526:20170820172334j:plain



        f:id:pft78526:20170820172433j:plain



           f:id:pft78526:20170820172503j:plain



                 チングルマ、

     f:id:pft78526:20170820172537j:plain


            花びらが散ってすぐは こんな様子。

    f:id:pft78526:20170820172609j:plain




f:id:pft78526:20170820172650j:plain




       f:id:pft78526:20170820172721j:plain



f:id:pft78526:20170820172828j:plain     「ここにこの石を運んできて 敷いた人たちがいるんだよね~。」
          と、話しながら追い越していった人たち。

            

        いったい何人の人が この道を行き来したんだろう?

f:id:pft78526:20170820172847j:plain




             牛首の分岐に近づいてきたみたい。

f:id:pft78526:20170820172910j:plain




      f:id:pft78526:20170820172937j:plain



               鍛冶月光の急坂を見上げる。
            お! 左に山頂の小屋が見えたぞ。

f:id:pft78526:20170820173011j:plain




        f:id:pft78526:20170820173034j:plain




9:58            牛首の分岐に到着。
            旦那は どの辺りまで行ったのか。

     f:id:pft78526:20170820173107j:plain



   
          私が景色を眺めながらのんびり歩いているうちに、
          旦那の姿は すっかり見えなくなってしまった。


               ・・・③へ続く・・・