THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆8/15 鳥海山ぐるっと周回⑥…幸治郎沢~河原宿~ゴール!



                              いよいよ 幸治郎沢の登り。
               ここを登るのは3回目。
          石が濡れていたらコワイけど、今日は大丈夫。
        

f:id:pft78526:20170816143513j:plain

 



         登り始めて間もなく、この花が出迎えてくれた。
                昨年と同じ場所で。

    f:id:pft78526:20170816143556j:plain

             『ミソガワソウ』だそう。


          あちらこちらの石のかげに ダイモンジソウ。

       f:id:pft78526:20170816143627j:plain




             庭園の一部のようなところでは
              思わず止まって眺めてしまう。

f:id:pft78526:20170816143655j:plain




            登っている途中で ふり返って見る。

      遠くから見えた幸治郎沢の、どの辺りに自分はいるんだろう?
         下の木道からは、どんなふうに見えるんだろう?

      f:id:pft78526:20170816143720j:plain
            両手両足、体全体を使って登るのは
             とっても おもしろい! \(^o^)/


             さらに登って またふり返る。

f:id:pft78526:20170816143800j:plain




14:12       15分かかって幸治郎沢の上まで来た。

       f:id:pft78526:20170816143832j:plain



           ここからまだ しばらく こんな道が続く。

       f:id:pft78526:20170816143927j:plain



            大きな石がゴロゴロした道をぬけると、
                  こんな道に。
                やはり ガスの中。

f:id:pft78526:20170816143957j:plain



             クマに遭遇しませんように!
                 と祈りながら、
             ちょっと急ぎ足で木道を進む。

   f:id:pft78526:20170816144023j:plain



              月山森への分岐に来たけど、
             今日は登らずに 河原宿へ行こう。

      f:id:pft78526:20170816144132j:plain



          見上げた月山森の方は、こんなに真っ白だし。

f:id:pft78526:20170816144204j:plain

      晴れていたら たくさん花が咲いてるのが見えるんだろうな。


          あちらこちらに咲いてるニッコウキスゲや・・・

       f:id:pft78526:20170816144221j:plain



           フワフワなチングルマの花穂なんかも。

f:id:pft78526:20170816144253j:plain



    f:id:pft78526:20170816144318j:plain




f:id:pft78526:20170816144454j:plain



             さっきのとは違う髪型?の花穂。

f:id:pft78526:20170816144528j:plain




            しばらく木道を下っていくと・・・

f:id:pft78526:20170816144548j:plain



                 木道の両側に

   f:id:pft78526:20170816144618j:plain



                チングルマの花が!

f:id:pft78526:20170816144641j:plain



               そういえばここは、
           この前来た時 雪渓があったところ。

f:id:pft78526:20170816144710j:plain


          雪渓が解けて、いっせいに咲きだしたんだな。

     f:id:pft78526:20170816144740j:plain




      f:id:pft78526:20170816144803j:plain




            木道の両側には、いろんな花たちが。
              イワイチョウやヒナザクラ・・・

f:id:pft78526:20170816144827j:plain


                 ギボウシに・・・

          f:id:pft78526:20170816144859j:plain



                 キンコウカ。

   f:id:pft78526:20170816144934j:plain



                  そして
             先に雪渓が解けた所に来たら、
         チングルマの花じゃなく また花穂がいっぱい。     f:id:pft78526:20170816145001j:plain



                見えてきたぞ。

      f:id:pft78526:20170816145038j:plain



14:44     幸治郎沢の上から30分ほどで 河原宿に到着。

f:id:pft78526:20170816145106j:plain

              このまま順調に下れば、
         16時半頃までには下山できるんじゃないかな。


           ここまで、スタートから9時間ちょっと。
      気持ち的には大丈夫だけど、そろそろ疲労が出てくるころかも。
             足元に気をつけて 下っていこう。
           
              

    f:id:pft78526:20170816145128j:plain



       鳥ノ海分岐を過ぎてから 前になり後になりしながら来た方、
               ありがとうございました。
          私はここから 花を眺めながらゆっくり行きます。

f:id:pft78526:20170816145205j:plain




          f:id:pft78526:20170816145238j:plain




      f:id:pft78526:20170816145346j:plain



                    白・・・・

f:id:pft78526:20170816145442j:plain




                  黄色・・・

     f:id:pft78526:20170816145507j:plain



                薄青紫・・・

f:id:pft78526:20170816145558j:plain



             ポツポツと オレンジ色。

    f:id:pft78526:20170818204906j:plain



              そんなの花畑の中を下った。

   f:id:pft78526:20170816145620j:plain


            青空が広がっていた登りの時とは
                また違う雰囲気。

f:id:pft78526:20170816145653j:plain





    f:id:pft78526:20170816145808j:plain




              遠くの景色が見えない分、

f:id:pft78526:20170816145856j:plain

            足元の植物たちを眺めながら。

       f:id:pft78526:20170816145924j:plain



       f:id:pft78526:20170816150004j:plain




f:id:pft78526:20170816150037j:plain



             ふり返った景色も こんな感じ。
            前後に人の姿は無く、声も聞こえず、
                静かな中を下る。

f:id:pft78526:20170816150106j:plain



              けっこう下ってきたかな。

f:id:pft78526:20170816150158j:plain


               ここを左に曲がると
              滝ノ小屋までは もう少し。

        f:id:pft78526:20170816150234j:plain



           7月末に来た時 この辺りにまだ雪渓があり、
             ガスで真っ白で 迷ったのだった。
               今はもう すっかり夏道。

    f:id:pft78526:20170816150307j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170816150335j:plain



               滝ノ小屋が見えてきた。

    f:id:pft78526:20170816150443j:plain



             この沢をトントン…と渡って・・・

      f:id:pft78526:20170816150529j:plain



             ここも トントン…と渡って・・・

      f:id:pft78526:20170816150551j:plain



15:29           滝ノ小屋に到着。

f:id:pft78526:20170816150624j:plain



                滝ノ小屋から先は、
         「このまま無事に下山できますように・・・」
              と思いながら 下った。

       f:id:pft78526:20170816150651j:plain




15:42     スタートから 10時間10分ほどかかって
               無事に下山! \(^o^)/

       f:id:pft78526:20170816150740j:plain



        「雪渓や分岐で ガスで見えなかったら困るな・・・」
           と不安をかかえつつ スタートしたのだけど、
             ちょうど 雪渓や分岐に来た時
          ガスが晴れていたり 前後に人がいたりして、
             迷うことなく歩くことができた。

          湯ノ台コースを一緒に登ってくれた大くん、
         鳥ノ海分岐から河原宿まで 近くを歩いていた方、
          本当にありがとうございました! <m(__)m>

f:id:pft78526:20170818150603j:plain


            最初に思い浮かべていた「周回」は
        「伏拝岳➡外輪➡御田ヶ原分岐➡鳥ノ海分岐➡千畳ヶ原」
              というコースだったけど・・・

               結局 歩いたのは、
   「伏拝岳➡七高山➡新山➡御室➡千蛇谷➡御浜➡長坂道➡鳥海湖➡千畳ヶ原」
              という 大回りコース。

    「時間がかかり過ぎるといけないから、
     ゆっくり花や景色を眺めたり写真を撮ったりせずに、とにかく進もう」
           と 思いながらスタートしたはずなのに、
       けっこう あちらこちらで立ち止まって 花や景色を眺めたし、
          写真も いつものように たくさん撮っていた。

    鳥海山のロングコースを歩いて 素晴らしい景色や花を眺めることができ、
            とっても 充実した山歩きだったな。

 昨年 月山森に行った時に木道ですれ違った男性が、周回して歩いている途中だった。
        「 そっかぁ、鳥海山って周回で歩けるんだ!
           私も いつか周回で歩いてみたい!」
               と その時思った。

      今回チャレンジして 無事に歩き切ることができて良かった!

     今回は、昨年の「以東岳 日帰り登山」以来のドキドキ山歩きだった。