THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆8/6 鳥海山…矢島口より① スタート~『康ケルン』


 だいぶ前にYさんから「祓川からの鳥海山撮影山行」のお話をいただいたのだけど
            なかなか天気と休みと都合が合わず、  
           ようやく8月6日に行くことになった。
            
              前夜は ピカピカの月。

                     f:id:pft78526:20170806183529j:plain
         

     うとうと何度も目が覚めながら2時間ほど仮眠し、午前1時起床。

   西の空に浮かぶ月が 一晩の間に満月に近い形になっていることに驚きつつ
                2時に自宅を出発。

            道の駅ふらっとでYさんと待ち合わせ、
               祓川駐車場に向かった。

 
         東の空の色が少しずつ変わっていくのを眺めつつ、
               クネクネ道を進み・・・
            祓川駐車場に4時半過ぎに到着。

       昨晩 祓川駐車場で車中泊していたというお二人と合流。
     初めてお会いする秋田のKさん、仙台のⅯさんと挨拶を交わした。

           4人でお喋りしながら準備をしているうちに
           東の空が オレンジ色を増したのに気づき、

                 f:id:pft78526:20170806183625j:plain

          しばらく 空を眺めたり 鳥海山を眺めたり。


f:id:pft78526:20170806201737j:plain



f:id:pft78526:20170806201759j:plain



f:id:pft78526:20170806201825j:plain



f:id:pft78526:20170806201922j:plain



f:id:pft78526:20170806202011j:plain




f:id:pft78526:20170806202027j:plain



f:id:pft78526:20170806202108j:plain



f:id:pft78526:20170806202141j:plain

            「さあ、そろそろ行きましょうか。」
          ・・・との 今日のリーダーKさんの声で、


            4:55  祓川駐車場をスタート。

f:id:pft78526:20170806202248j:plain

       七高山まで約3時間20分のコースタイムになってるけど、
      写真を撮りながらのんびり行くから、 もっとかかるだろうな。


             歩き出してすぐに これだもの。

                       f:id:pft78526:20170806202317j:plain



        朝日を浴びてオレンジ色になってる『祓川ヒュッテ』。

f:id:pft78526:20170806202400j:plain

    以前の祓川ヒュッテ管理人をされていた佐藤康さんの本『鳥海山日記』を
             先日Kさんが送って下さった。
           その内容をちょっと思い出しながら通過。   
          

 

                    f:id:pft78526:20170806202508j:plain




      祓川ヒュッテのそばを過ぎるとすぐ、目の前にこんな風景が広がる。
             奥に見えるのが 鳥海山の山頂。
          いつも眺めている鳥海山と 全然形が違う!

f:id:pft78526:20170806202612j:plain


            『竜ヶ原湿原』の中の木道を進む。
          秋には キレイな草紅葉になるんだろうな。

   f:id:pft78526:20170806202632j:plain



        ヒオウギアヤメ?の種につかまって 羽根を乾かしてる。

                  f:id:pft78526:20170806202708j:plain




             ギボウシも朝露に濡れている。

                                 f:id:pft78526:20170806202746j:plain



           トウウチソウも たくさん咲いていた。

     f:id:pft78526:20170806202826j:plain




                あ、私の影。

    f:id:pft78526:20170806202903j:plain

                振り向くと・・・



       f:id:pft78526:20170806202931j:plain




            湿原の草が 一斉に金色に光った。

f:id:pft78526:20170806202955j:plain




               おや? ここは?

     f:id:pft78526:20170806203018j:plain



        すぐ右の石垣の上には 美味しそうなノウゴウイチゴ。

       f:id:pft78526:20170806203043j:plain




                 祓川神社だった。
                                        信仰登山が盛んだったんだな。

f:id:pft78526:20170806203106j:plain

            


     f:id:pft78526:20170806203132j:plain




             

                   f:id:pft78526:20170806203150j:plain




            モミジカラマツの花の後ろ姿。

      f:id:pft78526:20170806203225j:plain




                 最初の雪渓。

f:id:pft78526:20170806203250j:plain




              つぼ足で大丈夫だったけど、
         けっこう急だったので、一歩一歩気をつけて登った。

                  f:id:pft78526:20170806203308j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170806203343j:plain



                   うわ!
            Yさん、もう上まで登ったんだ。

   f:id:pft78526:20170806203411j:plain



             雪渓の上まで来てふり返り・・・

f:id:pft78526:20170806203433j:plain





f:id:pft78526:20170806203459j:plain



            石の道に入って またふり返る。

f:id:pft78526:20170806203543j:plain



          この辺りには ダケカンバの木がいっぱい。
            こんな迫力の木も あちらこちらに。

f:id:pft78526:20170806203602j:plain

              この木をよく見たら・・・


            真っ赤な実をつけたタケシマランが。

                     f:id:pft78526:20170806203622j:plain



             すごいダケカンバの木が、
                ここにも・・・

f:id:pft78526:20170806203654j:plain



                ここにも。

f:id:pft78526:20170806203720j:plain

         そう、ここは『タッチラ坂』というんだったな。
               (タッチラ=アイヌ語でダケカンバのこと)


                           f:id:pft78526:20170806203744j:plain




f:id:pft78526:20170806203801j:plain




                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170806203832j:plain



               またふり返って見る。
                朝日の差し込む道。

    f:id:pft78526:20170806203902j:plain




           大きな石がゴロゴロした急な登りに。

                  f:id:pft78526:20170806203925j:plain



                  その途中、
              足元にツルリンドウ・・・かな。

                    f:id:pft78526:20170806203956j:plain



           鉾立の方はカラマツソウが多かったけど、
           ここには モミジカラマツが多いみたい。

     f:id:pft78526:20170806204026j:plain



            ずっと向こうに 山頂が見えている。

     f:id:pft78526:20170806204045j:plain



             山頂の方は スッキリ青空!

f:id:pft78526:20170806204106j:plain




      f:id:pft78526:20170806204124j:plain



                ちょっと一息。
               賽ノ河原の辺りは、
     雪渓が解けたばかりのところに ヒナザクラがたくさん咲いていた。

     f:id:pft78526:20170806204144j:plain

 

             けっこう大きな雪渓を登る。

f:id:pft78526:20170806204205j:plain

             

                     
        f:id:pft78526:20170806204303j:plain



                                          f:id:pft78526:20170806204336j:plain



               日の光があたって
            雪渓の表面が ギラギラしていた。

                       f:id:pft78526:20170806204408j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170806204449j:plain



                        f:id:pft78526:20170806204512j:plain




            ダイモンジソウさん、こんにちは。

    f:id:pft78526:20170806204544j:plain




         フリルのかわいいイワイチョウさん、こんにちは。

    f:id:pft78526:20170806204606j:plain




             ここは、木を横に敷いた木道。

f:id:pft78526:20170806204628j:plain



         写真ではわからないけど ヒナザクラがいっぱい!

f:id:pft78526:20170806204656j:plain



             ポツンと一つ、ミズバショウも。

     f:id:pft78526:20170806204730j:plain






                       f:id:pft78526:20170806204755j:plain



               御田の雪渓に来た。
            空の青。 草木の緑。 雪渓の白。

f:id:pft78526:20170806204822j:plain



                雪渓の途中から。
              遠くに 日本海も見える。

f:id:pft78526:20170806204959j:plain



              少し登ってふり返り・・・

f:id:pft78526:20170806205035j:plain

 

 

             また少し登っては ふり返る。

f:id:pft78526:20170806205315j:plain




             YさんとⅯさんは、まだ撮影中。

f:id:pft78526:20170806205428j:plain





                              f:id:pft78526:20170807042012j:plain



             ゴツゴツ ゴロゴロ を登って
                  ふり返る。

f:id:pft78526:20170807042056j:plain



                タケシマランの花。

      f:id:pft78526:20170807042140j:plain



           初めて見る ピンク色のダイモンジソウ。

                     f:id:pft78526:20170807042209j:plain




                          f:id:pft78526:20170807042248j:plain




                      f:id:pft78526:20170807042352j:plain

 

              『七ツ釜避難小屋』?

    f:id:pft78526:20170807042424j:plain
          「すぐそこに小屋があるよ。
           10歩で着くから、見に行ってみたら?」
                                           と Yさん。

          「 1・2・3・・・10・11・・・15・16・・・
            まだ見えないぞ?!」
           ・・・と思いながら進んでいくと、
       
             目の前に ハクサンシャジン!

                f:id:pft78526:20170807042453j:plain

        前は行き止まりだったので ぐるっと見回したら・・・


                  おおっ!

f:id:pft78526:20170807042519j:plain
                がっしりした造り!
              冬でも使用可能なのだとか。


     f:id:pft78526:20170807042544j:plain

 


                     f:id:pft78526:20170807042620j:plain




            『康ケルン』のところで 一息。
       『康新道』を拓いた佐藤康さんの功績を称えたものだそう。
              どんな道なのか、ワクワク。

f:id:pft78526:20170807042643j:plain



           遠くには こんな景色が広がっていた。

f:id:pft78526:20170807042845j:plain




                                                  ・・・②へ続く・・・