THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆7/26 笙ヶ岳&鳥海湖③…笙ヶ岳一峰~御浜・鳥海湖分岐


       時間が経つのを忘れて ずっと眺めていそうになるけれど・・・

f:id:pft78526:20170727095643j:plain
            今日は鳥海湖にも行きたいので、
              少し休憩して 戻ろう。
 

 

          f:id:pft78526:20170727095713j:plain

 

           前回眺めた心字雪渓や花字雪渓は消え・・・
               緑が濃さを増している。

f:id:pft78526:20170727111250j:plain



                                ふり返って見ると、
           南側から 雲がわき上がってきていた。
            これから どんどん雲が来るかな。

f:id:pft78526:20170727111619j:plain

 


    f:id:pft78526:20170727111657j:plain


                西側にも雲が。

f:id:pft78526:20170727111640j:plain



                   あ!
            雪渓の上に立っている人がいるぞ!
            私も あの雪渓に上がってみたい!

f:id:pft78526:20170727111746j:plain

                 行ってみよう!

  
                ・・・と思ったけど、
             まず クモの巣に 引っかかった。

     f:id:pft78526:20170727111807j:plain




                           f:id:pft78526:20170727111833j:plain



f:id:pft78526:20170727111900j:plain



                雪渓の所まできたら、
      そこにいたのは 登ってくる時に案内してくださった方だった。

         「そこの雪渓、上がっても大丈夫なんですか?」
              「 大丈夫、大丈夫!」
           
              恐る恐る上がってみたら・・・
                ホントだ~。\(^o^)/



                  わわっ!
           下の方から どんどん雲が上がってきた!

f:id:pft78526:20170728200336j:plain



           雲が どんどん変化しながら上がってくる。
             f:id:pft78526:20170727111953j:plain



             山頂の方にも 雲がかかってきた。

f:id:pft78526:20170727112047j:plain

 

                月山森の方にも。

f:id:pft78526:20170727112123j:plain



            山肌に雲の影がうつるのもいいな。

f:id:pft78526:20170727112156j:plain



            絶え間なく景色が変わっていくので、
          ずっとカメラを構えたままになってしまう。

f:id:pft78526:20170727112228j:plain

           雲が変化していく景色が気になりながら
              雪渓の上でコーヒータイム。
      今日 登ってくるときに案内してくださった方と お話しながら。

             宮城からいらしたというMさん。
            3年前に大病を患って入院したとき、
         毎日 病院から出て散歩して 外食もしたりして
         退院時も 体力があまり落ちていなかったのだとか。
            「山に行きたい」という強い気持ちが
              体の回復を早めてくれたんだな。
        (同じような話を聞いたぞ。そうそう、山の先輩だ。)

        
             やりたいことや好きなことがあるって、
       心や体に大きなパワー・エネルギーを生み出してくれるんだな。
         

                笙ヶ岳一峰の方に 
        団体の方々が 賑やかにお喋りしながら歩いていった。

f:id:pft78526:20170727112251j:plain


     
     「たくさん撮った写真を どのようにしていらっしゃるんですか?」

f:id:pft78526:20170727112349j:plain


    「入院していた時にお世話になった病院に 持っていったりします。
             あとは PCの中ですかね。」  
       

f:id:pft78526:20170727112425j:plain


          病院に山の景色や花の写真が飾られていたら、
             とっても 心が和むだろうな。

f:id:pft78526:20170727112447j:plain

                        
              Mさんの写真を眺めながら
         「 自分も 治ったら こんな景色を見に行こう!」
           と元気をもらう人たちもいるかもしれないし・・・

f:id:pft78526:20170727112515j:plain


       「 以前入院していたMさんが、
         今は回復して こんな風景に出逢っているんだ・・・」
          と喜んでくれるスタッフもいるかもしれない。

     f:id:pft78526:20170727112618j:plain


         心配や不安で心がいっぱいになりがちな人がいたら、
        一瞬でも それらを手放すきっかけになるかもしれない。
          

     f:id:pft78526:20170727112658j:plain


     「 やりたいことがあったら、どんどんやった方がいいですよ。」

               「 そうですね!」

f:id:pft78526:20170727112724j:plain


          「 いつか やってみたいな」と思っていても、
             その「いつか」って なかなか来ない。

f:id:pft78526:20170727112749j:plain

 

       私が「やりたいことを やってみなきゃ」と強く思ったのは、
            東日本大震災がきっかけだったな。

f:id:pft78526:20170727112823j:plain


        「 人って、いつ死ぬかわからないんだ・・・。
          やりたいことがあったら、やってみなくちゃ。」
                 ・・・って。

f:id:pft78526:20170727112854j:plain

 
          山歩きは、「今やりたいこと」の一つ。
               この写真日記も。

f:id:pft78526:20170727112923j:plain


       
        Mさん、美味しいどら焼き、ありがとうございました。

f:id:pft78526:20170727112948j:plain


        私の山での定番は『コーヒーに豆大福』だったけど、
              どら焼きもイイですね。

f:id:pft78526:20170727113016j:plain


         「 写真を撮っていると、
           そのうち、カメラが欲しくなりますよ。」

f:id:pft78526:20170727113046j:plain


    「 昨年、ガラケイのカメラから 小さいデジカメにかえ、
      それがダメになって、このデジカメにかえたばかりなんです。
      小さいから 持ち運びに便利で。」

f:id:pft78526:20170727113111j:plain


      そのうち もっといいカメラが欲しくなるかもしれないけど、
         その前に欲しい山道具が いっぱいあるからなぁ。

f:id:pft78526:20170727113142j:plain




f:id:pft78526:20170727131312j:plain




    f:id:pft78526:20170727131402j:plain




f:id:pft78526:20170727131428j:plain


           何時間でも こうしていたくなる。

f:id:pft78526:20170727131454j:plain



             こんなふうにある大きな石は、
           この山が火山であることを思い出させる。

                 そういえば 
      子どもの頃、鳥海山から出る噴煙を双眼鏡で見た記憶がある。

f:id:pft78526:20170727131546j:plain




f:id:pft78526:20170727131617j:plain



          「花の向こうが青い空」っていうの、いいな。

f:id:pft78526:20170727131718j:plain



               T字分岐が見えた。

f:id:pft78526:20170727131749j:plain



              次にめざすのは鳥海湖。
            向こうの斜面に 細く木道が見える。

f:id:pft78526:20170727131816j:plain




             ハクサンフウロにいるのは 
               カミキリムシかな?

  f:id:pft78526:20170727131857j:plain




             西側の空に キレイなすじ雲。

f:id:pft78526:20170727131922j:plain



            今下ってきた道を ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170727131949j:plain



        「 群生を撮るって、なかなか難しいです。(;^_^A 」
        「 ほら、この場所いいよ! ここの花を入れて。」

f:id:pft78526:20170727132011j:plain

                  う~む。
         手前の花が 中途半端な入れ方になってしまったな。



          首を長く伸ばして雲を眺めてるニッコウキスゲ。

f:id:pft78526:20170727132038j:plain



         「 私は もう少し ここで撮ってますから。」

    f:id:pft78526:20170727132114j:plain

 

             撮りたいもの・景色があって
            そこで「待って撮る」って、すごいな。

f:id:pft78526:20170727132216j:plain


            今日のMさんのカメラの中には、

f:id:pft78526:20170727132249j:plain


           いろんな表情のニッコウキスゲたちが
           たっくさん 収まっているんだろうな。

f:id:pft78526:20170727132304j:plain



               私は 相変わらず、

   f:id:pft78526:20170727132326j:plain



             のんびりゆっくり歩きながら、

f:id:pft78526:20170727132402j:plain


               「 あっ! 」

f:id:pft78526:20170727132425j:plain


                「 おっ! 」

f:id:pft78526:20170727132449j:plain


         ・・・と 感じたり 心にとまったりしたものを

f:id:pft78526:20170727132517j:plain


                  パチリ!
                 ・・・だな。

f:id:pft78526:20170727132555j:plain



             Mさん、まだあの場所にいる。( ´艸`)

f:id:pft78526:20170727132620j:plain





f:id:pft78526:20170727132647j:plain




f:id:pft78526:20170727132710j:plain


           

f:id:pft78526:20170727132751j:plain



          

f:id:pft78526:20170727132825j:plain



                押しよせてくる。

f:id:pft78526:20170727132849j:plain


                 何度も何度も

f:id:pft78526:20170727132918j:plain


                立ち止まって

                                    f:id:pft78526:20170727132941j:plain


                同じような写真を

f:id:pft78526:20170727133032j:plain

 

               何枚も撮りながら

f:id:pft78526:20170727133128j:plain



                 ここに来た。
             行ってみよう、鳥海湖の方へ。

f:id:pft78526:20170727133154j:plain



            ハクサンイチゲ、種ができてる。

                              f:id:pft78526:20170727133223j:plain




  f:id:pft78526:20170727133257j:plain



               ここで ストップ。

f:id:pft78526:20170728121411j:plain


             トイレに行きたくなったから、
      このまま鳥海湖に行かずに やっぱり先に御浜に行こう。(;^_^A

f:id:pft78526:20170727133354j:plain



                  それに、
      お世話になったMさんに挨拶せずに来てしまったのも 気になる。

f:id:pft78526:20170727133419j:plain


            いったん T字分岐に戻ることに。

f:id:pft78526:20170727133601j:plain


     「 今日は 本当にありがとうございました!
       やっぱり 先に御浜に行ってから 鳥海湖をまわってきます。」

f:id:pft78526:20170727133624j:plain

 

                  
                  よし。

              御浜へ向かって レッツゴー!



                                ・・・④へ続く・・・