THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆7/15 母と月山へ(8合目より)④


                 そうだよなぁ。
         昼過ぎまで下山できるだろうと思っていたのに、
           私が写真を撮りながらノロノロしていて、
         登りだけで5時間もかかってしまったんだもんね。
 
                   でも、
        その時にしか見ることのできない景色や花に出逢えたら、
                  やっぱり
              立ち止まって 眺めたくなるよ。

                  ほら・・・

      f:id:pft78526:20170716120839j:plain

              向こうに 日が差してるよ。

f:id:pft78526:20170716121048j:plain



                 ふり返ると、
           これまた 登りでは見えなかった景色。

f:id:pft78526:20170716121217j:plain



              「 先に行ってるから。」
                と 下っていく母。

f:id:pft78526:20170716121238j:plain



       f:id:pft78526:20170716121349j:plain




    f:id:pft78526:20170716121420j:plain



                また 青空だ!

                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170716121523j:plain



       登りの時は、山頂の方は こんなふうに見えなかったな。

f:id:pft78526:20170716121544j:plain

 



      f:id:pft78526:20170716121723j:plain



                何度も 何度も
         空を見上げたり 歩いてきた方をふり返って見たり。

f:id:pft78526:20170716121809j:plain




                             高い所をゆっくり動いてる雲。
           その下で モクモクと形を変えている雲。
            山肌を滑るように 流れていく雲。

f:id:pft78526:20170716121848j:plain



                東側の方も。

f:id:pft78526:20170716121922j:plain

 

                いかん、いかん。
                進まなくては。

f:id:pft78526:20170716122117j:plain



         ずっと向こうを歩いている人の姿が見える風景、
               やっぱり いいな。

f:id:pft78526:20170716122048j:plain

 

               またふり返って見る。

          赤いリュックの人の目の前は 真っ白なガス。

f:id:pft78526:20170716122306j:plain



           東側を見たら、池塘が小さく点々と見えた。

f:id:pft78526:20170716122342j:plain



            大きな岩がゴロゴロしてる所。
        岩と岩の隙間、ずうっと下に、キレイなスギゴケが。
            実は、前々から気になっていた。

   f:id:pft78526:20170716122512j:plain




          いろんな花たちが入り混じって咲いていて
                とても賑やか!

    f:id:pft78526:20170716122538j:plain

 

          ストックを使って歩くのに慣れてきたそう。

     f:id:pft78526:20170716122607j:plain



                母に声をかけ、
       後ろから 次々にやってくる人たちに道を譲りながら、
                ゆっくり下った。
        転んだりして怪我をしないように ゆっくり行こう。

        f:id:pft78526:20170716122629j:plain

 


           「 石ゴロゴロの道、長いな~。」
                と言いながら、
            ちょこちょこ休みを挟んで歩き・・・

             ようやく池塘が見えてきた。
           

    f:id:pft78526:20170716122805j:plain



f:id:pft78526:20170716122838j:plain

            「 やっと ここまで来たよ~」

f:id:pft78526:20170716122913j:plain


                 あと一息。
           油断せずに 足元に気をつけて行こう。

f:id:pft78526:20170716122936j:plain




      f:id:pft78526:20170716123021j:plain



                 やっぱり、

        f:id:pft78526:20170716123044j:plain


             こんなのを目にすると・・・

f:id:pft78526:20170716123237j:plain



              撮りたくなっちゃうよな~

    f:id:pft78526:20170716123302j:plain

              なんて思いながら行くと、
             母が立ち止まって 待っていた。

    「 今、目の前を、
      親鳥の後に3・4羽の子どもがついて 横切っていったんだよ!」

             あの池塘に行ったってこと?

f:id:pft78526:20170716123352j:plain


             木道に出てから、左へ曲がり、
              池塘を見ながら歩いていると・・・

                   いたっ!
                  親カモかな?

       f:id:pft78526:20170716123426j:plain



               子どもの姿も発見!

f:id:pft78526:20170716123458j:plain



                 ここにも。

f:id:pft78526:20170716123522j:plain



                 あそこにも。

f:id:pft78526:20170716123543j:plain

 

       ここでカモの親子と会えるなんて、ラッキーだったな。

      f:id:pft78526:20170716123616j:plain

               向こうから来た方たちが、
        「 ここで カルガモが子育てしてるんだよね。」
             と話しているのが聞こえた。
                  思わず、 
         「あ! その鳥たち、今 撮ってきました!」
         

f:id:pft78526:20170716123722j:plain



                  今度は、
           ここに青空が映っているところを見たいな。

f:id:pft78526:20170716124049j:plain



              トキソウが ちらほら。

    f:id:pft78526:20170716124145j:plain


           ニッコウキスゲのオレンジ色、いいな。

f:id:pft78526:20170716124210j:plain



             「 ♪~♪~~♪~ ♪~♪~ 」

f:id:pft78526:20170716124301j:plain



             向こうへ続いているこの道、
           以前は 歩いて行けたようだけど、
              どこまで行くんだろう?

f:id:pft78526:20170716124330j:plain


            「 ♪~♪~♪  ♪~~♪~」

f:id:pft78526:20170716124356j:plain

 

         f:id:pft78526:20170716124416j:plain



      f:id:pft78526:20170716124703j:plain




      f:id:pft78526:20170716124751j:plain




      f:id:pft78526:20170716125008j:plain




       f:id:pft78526:20170716125032j:plain




       f:id:pft78526:20170716125115j:plain



        駐車場に出て 車のところまで 歩いているとき、
          ノウゴウイチゴの実が いくつかあった。
             食べてみたら、 甘酸っぱかった。    

      f:id:pft78526:20170716125139j:plain

 


          下りも 4時間かけて のんびりペースで歩き、
             16:20 車の所に戻った。

          休憩を何度も入れながら 9時間の山歩き!
         朝たくさん車が停まっていた駐車場は、ガラガラ。

     f:id:pft78526:20170716125158j:plain



       「 今日は 2回分の時間をかけて登ってきたよ~。」
       「 花をたくさん見ることができてよかったな~。」
           8合目からのクネクネ道を下りながら、
            母の満足そうな様子に嬉しくなった。
        
      
                翌日電話したら、
    「 お前に合わせて ゆっくり歩いたら、疲れも筋肉痛も出てないよ。」
               す、素晴らしい!

        20代前半、職場の人たちに連れて行ってもらいながら
         摩耶山・鳥海山・月山・朝日連峰・吾妻山・・・と
            たくさん山歩きをしていたという母。

              年に1度だけじゃなく、
             登れる時に もっと登ろうよ。