THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆6/24~6/25 御浜小屋にて初小屋泊⑥

             いったん小屋に戻り、朝食。
              その後 後始末・準備。
           工事の方々が まだ睡眠中だったので、
       できるだけ大きな音を立てないように 気をつけながら。


       6時前に小屋の外に出た時、トレランの男性が登ってきた。
          鉾立登山口から50分で御浜まで登ってきたそう。   
       『御嶽100km(トレランの大会』に参加予定とのこと。
                 スゴイな~。
   ( この日の朝 長野の方で大きな地震があったことを帰宅後に知ったけど、
     大会への影響は無かっただろうか。)
       
            
                  6時過ぎ、
     小屋の前から見る遠くの景色は やっぱりモヤに霞む中にあった。

f:id:pft78526:20170629201946j:plain

 
               少し日が差した時、
           稲倉岳の東側斜面の凹凸がハッキリ見えた。

f:id:pft78526:20170629202027j:plain



             6:15頃 御浜小屋を出発。
              一晩お世話になりました。
         おかげさまで 楽し初山小屋泊でした。\(^o^)/

     

f:id:pft78526:20170630200735j:plain



         2日目は、笙ヶ岳に行ってから下山することに。 

f:id:pft78526:20170630200917j:plain



             今朝の日本海側は こんな感じ。

f:id:pft78526:20170630201029j:plain


 
                山頂の方は・・・。

f:id:pft78526:20170630201050j:plain





       f:id:pft78526:20170629202055j:plain




      f:id:pft78526:20170629202118j:plain



          こんな姿のコバイケイソウがたくさんあった。

        f:id:pft78526:20170629202146j:plain




           目指す笙ヶ岳も 空も 向こうの景色も 
                  どんより。

f:id:pft78526:20170629202218j:plain



         笙ヶ岳三峰の登りに差しかかろうとしているYさん。

f:id:pft78526:20170630201251j:plain

 

 


             ヒナザクラは 咲き始め?

     f:id:pft78526:20170629202240j:plain




          キリリッとして見えたショウジョウバカマ。

    f:id:pft78526:20170629202305j:plain

 


   f:id:pft78526:20170630201405j:plain



            登山道を 雪解け水が流れている。

     f:id:pft78526:20170630201434j:plain

 

                       

       f:id:pft78526:20170630202028j:plain



        笙ヶ岳三峰を登っている途中 ふり返って見た。       

f:id:pft78526:20170630202046j:plain

 

          

     f:id:pft78526:20170630202110j:plain


       f:id:pft78526:20170630202136j:plain




            ハクサンフウロの葉が出てきてる。

    f:id:pft78526:20170630202214j:plain




           「この葉、いい香りがするんだよ。」
          ・・・セロリっぽい匂いかなぁ・・・。           

   f:id:pft78526:20170630202300j:plain




               二峰を越えて・・・

f:id:pft78526:20170630202326j:plain

 

 
                一峰の方へ。

f:id:pft78526:20170630202416j:plain

 


                 ふり返ると、
          山頂の方には 不気味な雲が広がっていた。

f:id:pft78526:20170630202436j:plain

 


                                f:id:pft78526:20170630202520j:plain




                笙ヶ岳一峰に到着。

f:id:pft78526:20170630202558j:plain




               うっすら庄内平野。

f:id:pft78526:20170630202621j:plain



             南東側の山々も霞んでる~。        

f:id:pft78526:20170630202638j:plain

 


               南側斜面を見下ろすと・・・

f:id:pft78526:20170630202802j:plain


           緑の中に赤い屋根、万助小舎が見えた!       

f:id:pft78526:20170630202743j:plain


          

f:id:pft78526:20170630202856j:plain

 

              オブジェみたいなこの木、
             5月の連休に来た時も撮ったぞ。

f:id:pft78526:20170630202911j:plain



             休めそうな所を探して休憩。
         Yさんから 温かい汁粉をごちそうになった。

             15分ほど休憩して下山開始。


              笙ヶ岳一峰の標柱付近に
            咲きかけのニッコウキスゲを発見!

     f:id:pft78526:20170629202345j:plain



                辺りをよく見ると、
         ニッコウキスゲのつぼみが あちらこちらにあった。
       あと少ししたら、ニッコウキスでいっぱいになるんだろうな。

   f:id:pft78526:20170629202327j:plain




             花と同じくらい? こんなものにも惹かれる私。         

                           f:id:pft78526:20170629202411j:plain


                 イワカガミ。
          私が鉾立に着く頃には 開いているだろうか。

               f:id:pft78526:20170629202438j:plain




             「ほら、ゾウムシですよ。」
                 ほんとだ~! 

f:id:pft78526:20170629202505j:plain




    f:id:pft78526:20170629202529j:plain

 

 
                天気は下り坂。
         山頂付近にかかる雲が どんどん変化する。

f:id:pft78526:20170630203228j:plain

 

          見ている間にも ドンドン変化していくので・・・

f:id:pft78526:20170630203256j:plain

 

              オモシロくて・・・

f:id:pft78526:20170630203318j:plain


                何枚も撮ったり・・・

f:id:pft78526:20170630203341j:plain


            ぼ~っと眺めたりしてしまうけど・・・

f:id:pft78526:20170629202753j:plain



               少しずつ・・・

f:id:pft78526:20170629202815j:plain




                進まなきゃ・・・。

f:id:pft78526:20170629202840j:plain



              雪渓が山肌に描く模様、
                 スゴイな。

f:id:pft78526:20170629202909j:plain



           向こうの斜面のたくさんの流れの跡は、
          もともと溶岩が流れた跡ではないかとのこと。

f:id:pft78526:20170629202931j:plain

          そこを今は 雪解け水が流れているんだな。
                 

f:id:pft78526:20170629202951j:plain





    f:id:pft78526:20170629203020j:plain



           ここに草が生えたら きれいだろうな。

f:id:pft78526:20170629203038j:plain

 




             山頂に しばし別れを告げる。

f:id:pft78526:20170629203156j:plain



                雪の上にカメムシ。
               それも 色がオシャレな。

                          f:id:pft78526:20170629202611j:plain



                  下の方に、
            ポツポツ登山者の姿が見え始めた。

f:id:pft78526:20170629203224j:plain

 

              5月の連休に来たとき、
            あそこに 大きな雪庇があったな。
            歩いている人が小さく見えたっけ。

f:id:pft78526:20170629203255j:plain

                   よし! 
            今度は私があそこを歩く人になろう。 

         少し戻って登り返して、さっき眺めた上の方を歩いて・・・   


              そこから見下ろしてみた。

f:id:pft78526:20170629203417j:plain




           御浜小屋と、その左に山頂が見えた。

f:id:pft78526:20170629203535j:plain



                しばらく下って・・・
          「この辺で ちょっと休憩しましょう。」

f:id:pft78526:20170629203601j:plain



             雪渓から夏道に下りてからは、
            また道の脇の花を眺めながら歩いた。

       f:id:pft78526:20170629203712j:plain



          これ、『ノウゴウイチゴ』っていうのかな。

         f:id:pft78526:20170629203734j:plain

 

             f:id:pft78526:20170629203928j:plain



   f:id:pft78526:20170629203956j:plain




        向こうから歩いてくる人が 小さく小さく見える。

f:id:pft78526:20170629204021j:plain

 

 

          f:id:pft78526:20170629204119j:plain



    f:id:pft78526:20170629204145j:plain





         f:id:pft78526:20170629204205j:plain



            エゾハルゼミの声を聞きながら下る。

f:id:pft78526:20170629204234j:plain




f:id:pft78526:20170629204302j:plain




           昨日は気づかなかった ハクサンシャクナゲ。

f:id:pft78526:20170629204318j:plain


            つぼみがピンク色でかわいい。

      f:id:pft78526:20170629204333j:plain



       

 

           f:id:pft78526:20170629204440j:plain



f:id:pft78526:20170629204517j:plain





f:id:pft78526:20170629204534j:plain




         f:id:pft78526:20170629204602j:plain




             昨日より たくさん咲いてる。

f:id:pft78526:20170629204628j:plain



f:id:pft78526:20170629204647j:plain





f:id:pft78526:20170629204708j:plain



      f:id:pft78526:20170629204727j:plain




f:id:pft78526:20170629204810j:plain



         「いろんな木が混じった生垣みたいですね~。」

f:id:pft78526:20170629204824j:plain

 

               『ヨツバシオガマ』。
             左の花は イツツバ だった。

f:id:pft78526:20170629204846j:plain



         

f:id:pft78526:20170629204901j:plain



                展望台や駐車場が
              もう あんなに近くに。

f:id:pft78526:20170629204918j:plain




f:id:pft78526:20170629204938j:plain




f:id:pft78526:20170629204952j:plain




         f:id:pft78526:20170629205015j:plain




f:id:pft78526:20170629205044j:plain




              倒木に いろんな植物が。
               なんか、イイ感じだな。

f:id:pft78526:20170629205103j:plain




f:id:pft78526:20170629205123j:plain



f:id:pft78526:20170629205138j:plain

 



                 お見事!

f:id:pft78526:20170629205219j:plain



           f:id:pft78526:20170629205240j:plain



f:id:pft78526:20170629205305j:plain


                  あれ?!
             他のハクサンチドリと違うぞ?
          「 それは、『ノビネチドリ』ですね。
            この辺りに咲いてるなんて珍しい。」

     f:id:pft78526:20170629205341j:plain

          一つ一つの花が ハクサンチドリより小さくて、
              葉の縁が波打っている。


                 これもだ。

        f:id:pft78526:20170629205505j:plain



                 ブナの実だ。
       木のあちらこちらに不自然に折れている枝があったのは、
              誰かさんが食べたからか?

f:id:pft78526:20170629205432j:plain




           ナナカマドの花がたくさん咲いてる。     

f:id:pft78526:20170629210029j:plain

  


           12時頃、鉾立登山口に戻ってきた。


         ゆっくりのんびり 写真を撮りながらの山歩き。
               御浜小屋での初小屋泊。
          とても充実した時間を過ごすことができた。

        Yさん、Kさん、大変お世話になりました。<m(__)m>