THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆6/24~6/25 御浜小屋にて初小屋泊③


               いつもの日帰り山行なら、
      夕食のことや帰宅後にすることなどが 頭をちらつく時間帯。
       「でも今日は、今いる山に浸っていてもいいんだ・・・」
             と思うと、不思議な感じがした。
               

       f:id:pft78526:20170626215915j:plain

                 小屋の中にシュラフなどの荷物を置き、
            ザックの中身を減らして再び出発。
         この日は、扇子森の方へ歩いてみることになった。

 

 
                  念願の、
         「時間を気にせず のんびりゆっくり山歩き」。
       

      f:id:pft78526:20170626215944j:plain

                しゃがみこんで
        小さくてカワイイものたちを じ~っと眺めたり。
           

      f:id:pft78526:20170626220006j:plain



           遠くの空や山をぼ~っと眺めたり。

f:id:pft78526:20170626220032j:plain



               なんと贅沢な時間💛

     f:id:pft78526:20170627192755j:plain




              同じハクサンイチゲでも、

        オブジェみたいな木のそばに顔を出してるのに惹かれたり、

f:id:pft78526:20170627192819j:plain



   ゴツゴツした石たちの間で みんなで遊んでるみたいな様子に惹かれたり。

f:id:pft78526:20170627192931j:plain



            花の形の可愛さに見とれながら、
                 同じ花を
               あっちで撮ったり・・・

      f:id:pft78526:20170627194024j:plain



               こっちで撮ったり。

    f:id:pft78526:20170627194049j:plain

                       


              デカい石に驚いたり・・・

f:id:pft78526:20170627194153j:plain



             木の生命力に驚いたり・・・。

    f:id:pft78526:20170627194225j:plain




                                          大勢で にぎやかに。

f:id:pft78526:20170627194254j:plain




f:id:pft78526:20170627194322j:plain



f:id:pft78526:20170627194357j:plain




           この地衣類も、ここで生きてるんだな。

    f:id:pft78526:20170627194421j:plain




           スミレは 種類が多くてわからないけど・・・

       f:id:pft78526:20170627194447j:plain

             

f:id:pft78526:20170627194512j:plain




             花も、葉も、花の後の実?も、
             みんな それぞれ可愛いなあ。

f:id:pft78526:20170627194552j:plain


         いっぱいまとまって咲いてるのもいいけど・・・
               こんな姿も いいな。

f:id:pft78526:20170627194625j:plain



                
                 いろんな葉っぱたち。
              (ピントが合ってなくて残念)

        f:id:pft78526:20170627194703j:plain




f:id:pft78526:20170627194812j:plain




              少し歩いては 立ち止まり
                   足元から ずうっと遠くまでを眺める。
           

f:id:pft78526:20170627194837j:plain




              
            いろんな曲線があって オモシロイ。 
                  そして、
            その向こうにある雲の薄い直線。           

f:id:pft78526:20170627194902j:plain




              奥に見えるのは 月山森?!
          ここからは、あんなふうに見えるんだぁ・・・。

f:id:pft78526:20170627194930j:plain




           山頂の方が だんだ大きくなってきた。

f:id:pft78526:20170627195036j:plain





                f:id:pft78526:20170627195119j:plain

 

 
               この大きな風景の中を、
              ゆっくり向こうへ歩いていく。

f:id:pft78526:20170627195142j:plain



               午後の日を浴びて、
             足元の花や葉が光ってる。

     f:id:pft78526:20170627195215j:plain





       f:id:pft78526:20170627195233j:plain




f:id:pft78526:20170627195309j:plain




            足元から向こうの山へ、そして空へ。
        景色は いつもきれいなグラデーションをなしている。

f:id:pft78526:20170627195336j:plain




                                    鳥海山の北側からも、いつか登りたい。

f:id:pft78526:20170627195423j:plain





           まだほとんど咲いていないチングルマ。
              やっと見つけて撮った。

f:id:pft78526:20170627195514j:plain





       f:id:pft78526:20170627195613j:plain



     前を行くYさんが、キョロキョロ何かを探しながら歩いていた。
               探していたのは・・・

f:id:pft78526:20170627195647j:plain



                 これだった!

      f:id:pft78526:20170627195711j:plain

       「 この辺に いつもウスユキソウが咲くんだけど、
         今年は ほとんど咲いてないなぁ・・・。

      f:id:pft78526:20170627195727j:plain

            この日ウスユキソウを見たのは、
              この小さな2株のみ。



            山頂付近に 雲がかかり始めた。

f:id:pft78526:20170627195811j:plain




                  うわっ! 
         ハクサンイチゲたちが こっちを見てる~! \(◎o◎)/

  f:id:pft78526:20170627195838j:plain



                 雪渓にきた。
          向こうから歩いてきたらしい男性2人がいた。
       「 え?! これから山頂まで行くんすか?」
       「 いえ、山頂まではいかずに、もう少し先までです。」

f:id:pft78526:20170627195921j:plain




                雪渓にはロープが。
    ガスがかかって真っ白になったら、方向がわからなくなりそうだもんな。

f:id:pft78526:20170627195957j:plain




            雪渓にできた模様もオモシロイ。

f:id:pft78526:20170627200025j:plain




f:id:pft78526:20170627200054j:plain




            雪渓がつくる模様も、おもしろい。

f:id:pft78526:20170627200126j:plain




            南側から 少しずつ雲が上がってきた。

f:id:pft78526:20170627200157j:plain



              雪渓を ふり返って見る。

    f:id:pft78526:20170627200221j:plain




            万助道の方へ向かう分岐辺りで、
           水の流れる音がするなぁと思ったら・・・

     f:id:pft78526:20170627200249j:plain



            雪解け水が 南側へと流れていた。

    f:id:pft78526:20170627200309j:plain




f:id:pft78526:20170627200353j:plain



            また 雪渓の方をふり返る。

f:id:pft78526:20170627200429j:plain




           向こうに また笙ヶ岳が見えてきた。

f:id:pft78526:20170627200454j:plain





f:id:pft78526:20170627200515j:plain




              光と影がつくり出す景色は、
             ずうっと眺めていても飽きない。

f:id:pft78526:20170627200614j:plain

 
             刻一刻と変化していくから。
 

f:id:pft78526:20170627200718j:plain

          ちょっと歩いては 立ち止まって眺める。

f:id:pft78526:20170627200649j:plain




               雪渓の方を振り返る。

f:id:pft78526:20170627200759j:plain




                地形の凹凸に
              雪渓がつくり出す模様。
            そこに光と影がつくり出す模様。

        なんだか 景色が「うにゃうにゃ」してるよ~!
          

f:id:pft78526:20170627200829j:plain


           そこに 変化し続ける雲が加わるから、
          何度も何度も見ては、撮りたくなってしまう。

f:id:pft78526:20170627200857j:plain



                 振り返ると、
       途中すれ違った人たちが 雪渓を登っているところだった。
              後ろの人、しゃがんでる?

f:id:pft78526:20170627200936j:plain


            その景色を、Yさんも撮ってる。

f:id:pft78526:20170627201006j:plain


         南側から どんどん雲が流れてくるようになった。

f:id:pft78526:20170627201040j:plain




                山頂付近にも。

f:id:pft78526:20170627201106j:plain

 


       f:id:pft78526:20170627201135j:plain




               だんだん風が出てきた。
         風にそよぐ草に日の光があたり、キラキラしている。

f:id:pft78526:20170627201215j:plain




      f:id:pft78526:20170627201238j:plain



               また雪渓現る。

         f:id:pft78526:20170627201310j:plain




f:id:pft78526:20170627201408j:plain



                  あれ?

            Yさんが 左の方へ曲がったぞ。
               どうしたんだろう?

f:id:pft78526:20170627201435j:plain




              ・・・④へ続く・・・