THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆6/24~6/25 御浜小屋にて初小屋泊①


        「山歩き2年目は、小屋1泊にチャレンジしたい!」
                 と思い、
                   1月1日に そのことを家族に宣言した。
                すると家族は
             「 ど~ぞ、ど~ぞ。」
        と、あきれた顔をしながらも すんなりOKしてくれた。
                  でも、
         宣言しただけだと 流れてしまいそうなので、
               貯めていたお小遣い?で 1月の初めに思い切ってシュラフを購入。
       
                  そして
        初の山小屋1泊に挑戦するなら どこがいいだろうか、
            と さっそくYさんに相談すると、
     「 鳥海山の小屋でなら、協力しますよ。
       山開き前の6月20日頃なら 混まなくていいでしょう。」

                 とのことで、
        御浜小屋泊への ご協力・ご指導をお願いしていた。
 
         新年度の初めには やっと大きめのザックを購入。
   「他の装備は 今回は無くても何とかなるから、急いで買わなくても大丈夫」
       と言っていただいたので、これで御浜小屋へ行くことに。
         
             
             6/24~25に行くことに決まり、
          持ち物を書き出して 準備してみたけれど・・・
       よくわからない分 どうしても荷物が多くなってしまった。
       「ま、いっか。トレーニングのつもりで背負っていけば。」
        と、パンパンになったザックを持っていくことにした。

           Yさんが他の方々にも声を掛けて下さり、
       秋田の方々は 残念ながらお忙しくご一緒できないそうだけど、
          Kさんが後から合流できるかもしれないとのこと。


             24日、朝8時に自宅を出発。
             朝は曇って見えなかった鳥海山が、
           酒田に入った頃から 少しずつ見えてきた。

   f:id:pft78526:20170625171849j:plain

 
             鉾立の駐車場に着いたときには、
               キレイに山頂が見えた。

f:id:pft78526:20170625171922j:plain



          10:15  鉾立の登山口を出発。

     f:id:pft78526:20170625171942j:plain



          歩き始めてすぐに、いろんな花が迎えてくれた。


            マイヅルソウは、道の両脇に群生。

            f:id:pft78526:20170625172000j:plain



            ところどころに、可愛いスミレ。

                     f:id:pft78526:20170625192948j:plain



                     f:id:pft78526:20170625193006j:plain



                               おしゃれ!

f:id:pft78526:20170625193038j:plain

 


                               f:id:pft78526:20170625193219j:plain




f:id:pft78526:20170625193103j:plain

 


           ナナカマドも たくさん咲いていた。

                    f:id:pft78526:20170625193122j:plain




                 カラマツソウ?
                うっすらピンク色。

                                 f:id:pft78526:20170625193200j:plain



                                     

f:id:pft78526:20170625193242j:plain




            緑の中に鮮やかなハクサンチドリ。

        f:id:pft78526:20170625193301j:plain

 


            

f:id:pft78526:20170625193415j:plain

 


                    f:id:pft78526:20170625193447j:plain



           あちらこちらに咲くイワカガミは、
        それぞれピンク色の濃さが違っていて可愛かった。

             f:id:pft78526:20170625193506j:plain




       f:id:pft78526:20170625193524j:plain



             苔ちゃんたちも 見逃せない!

                   f:id:pft78526:20170625193552j:plain



f:id:pft78526:20170625193612j:plain



          先週 摩耶山に咲いてたのも色が濃かったけど、
                 鳥海山のも濃いなあ。

                   f:id:pft78526:20170625193630j:plain




                f:id:pft78526:20170625193649j:plain




           スミレは、いろんな種類のが咲いていた。

                  f:id:pft78526:20170625193731j:plain





     f:id:pft78526:20170625193803j:plain




               稲倉岳、どっしりしてる。

f:id:pft78526:20170626184019j:plain




              可愛くて 見とれてしまう・・・。

     f:id:pft78526:20170626184241j:plain



             アザミも もうすぐ咲きそう。

       f:id:pft78526:20170626184325j:plain




       f:id:pft78526:20170626184358j:plain



           f:id:pft78526:20170626184432j:plain




f:id:pft78526:20170626184525j:plain




         f:id:pft78526:20170626184626j:plain




f:id:pft78526:20170626184705j:plain




      f:id:pft78526:20170626184758j:plain



 

          f:id:pft78526:20170626184921j:plain



   f:id:pft78526:20170626184852j:plain




       

       f:id:pft78526:20170626185025j:plain



f:id:pft78526:20170626185112j:plain




  f:id:pft78526:20170626185136j:plain



          f:id:pft78526:20170626185216j:plain




             遠くの方は 朝からずっと霞んでる。

f:id:pft78526:20170626185252j:plain




             あれ? 足元を水が流れてるぞ!
                 と思ったら・・・

       f:id:pft78526:20170626185324j:plain



              ここから雪渓歩きの始まり。

       f:id:pft78526:20170626185413j:plain




f:id:pft78526:20170626185458j:plain




             ふり返って見る景色もいいなぁ・・・

               なんて眺めてるうちに、

f:id:pft78526:20170626185556j:plain



             Yさんは、もうあんなところに。

f:id:pft78526:20170626185638j:plain



           生き物のような雲が 南側からモコモコと。

      f:id:pft78526:20170626185730j:plain



               北側にも モコモコ。
                「夏雲ですね~。」
          と言いながら 男性が追い越していった。

    f:id:pft78526:20170626185804j:plain

 


                左側の下の方から
             勢いよく水の流れる音がしてきた。

f:id:pft78526:20170626185900j:plain




             雪解け水を集めて流れてる。

    f:id:pft78526:20170626185829j:plain




                 ややっ!!
      まさか、あの細く狭くなってる所を渡っていくんじゃあるまいな。

    f:id:pft78526:20170626190029j:plain



                  こわ~!
  (夏道から続くルートを通ってる人の足跡が、下の方の雪渓の端の方に見える。)

f:id:pft78526:20170626190059j:plain



        小さく御浜小屋、そしてそこへ続く道が見えてきた。

f:id:pft78526:20170626190130j:plain




             私たちが向かう方は こっち。
           吹浦口からの道との合流地点の方へ。

     f:id:pft78526:20170626190213j:plain



              御浜小屋の左には新山が。

f:id:pft78526:20170626190322j:plain




    f:id:pft78526:20170626190402j:plain




            Yさんに覆いかぶさってくるような雲。

        f:id:pft78526:20170626190429j:plain




                    ん? 
         向こうの大きな雪渓に 点のように見えるのは・・・

f:id:pft78526:20170626190542j:plain



             やっぱり 下山途中の人だった。

f:id:pft78526:20170626190622j:plain





         f:id:pft78526:20170626190711j:plain



             御浜の方から下ってきた人たちと、
                御浜の方へ向かう人と。

    f:id:pft78526:20170626190754j:plain




         またまた 空へ飛んでいってしまいそうなYさん。

f:id:pft78526:20170626190823j:plain





f:id:pft78526:20170626190918j:plain



        小さく小さく 雪渓の上を走っている人の姿が見える!
              きっとトレランの練習だ。

f:id:pft78526:20170626190949j:plain



f:id:pft78526:20170626191018j:plain

 


     f:id:pft78526:20170626191204j:plain




        岩峰と笙ヶ岳三峰の間の緩やかな曲線が見えてきた。

f:id:pft78526:20170626191138j:plain

 


         さっき御浜の方に向かっていたトレイルランナーが、
            ルートを変えて こちらに走ってきて・・・
          爽やかな笑顔で あっという間に追い越していった。

    f:id:pft78526:20170626191258j:plain




           今度は こちら側に山頂が見えてきた!

f:id:pft78526:20170626191344j:plain





f:id:pft78526:20170626191421j:plain


               ・・・と ここで、
        「 さっきのトレイルランナーは、
          もしかしてイイノワタルさんだったのでは?」
                と ふと思った。
    「サハラ砂漠でのウルトラレースのために、雪山を走るって言ってたぞ。
     顔も声も、イイノさんにそっくりだったし、本人かもしれない。
     笙ヶ岳に行ったとしたら、折り返してきた所で会うことができるかも!
     よし、行ってみよう!」

               いきなりペースアップ。
          Yさんを追い越して、T字分岐の方へ急いだ。

f:id:pft78526:20170626191458j:plain




     f:id:pft78526:20170626191525j:plain



                 会えるかな・・・。
          御浜の方へ向かう姿は 見てないから・・・
             もしかしたら会えるかな・・・

     f:id:pft78526:20170626191604j:plain



                会えますように!

f:id:pft78526:20170626191637j:plain



                 あれっ?!

       f:id:pft78526:20170626191707j:plain



              しまった~!  残念!!
               でも、目の前には・・・

f:id:pft78526:20170626191741j:plain




             ひゃっほ~! \(^o^)/

f:id:pft78526:20170626191841j:plain




               ・・・②へ続く・・・