THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆6/18 倉沢登山口から摩耶山へ①…出発~御宝前分岐

                      
                        今回も「一人では行かない・行けないコース」。
                   それは、
         倉沢登山口から摩耶山の東側を登っていくコース。

                   ほら、
         「!(危険)」マークが、こんなにいっぱいだよ~!

         f:id:pft78526:20170619190345j:plain

    リーダーのSさんの話では、御宝前コース~ソリクラコースを登るそう。
     「雪渓あり岩場ありと、足場の悪い大変危険な 上級者向けルート」
                って書いてあった。

        山歩き2年目の初心者の私は、果たして大丈夫なのか?!

 
     鶴岡からリーダーのSさんの車に わたしとⅯ子さんが乗せていただき、
               まずは 倉沢公民館へ。
          そこで 今日初めてお会いするS君と合流。
        他にも、Sさんの知り合いの方々が続々とやってきた。
      ( リーダーSさんの交流の広さには 本当に驚かされる。)
                         

           この日は 倉沢登山口のコースの山開き。
    登山時には 地元のベテランの方々のフォローしてくださるとのこと。
         

              受付で名前を書いて・・・

        f:id:pft78526:20170618204006j:plain

         f:id:pft78526:20170618204159j:plain
           初めて 山開きの神事にも参加して・・・

     f:id:pft78526:20170618204047j:plain


             その後 登山口へ移動。

      f:id:pft78526:20170618204140j:plain




              7:50 登山口をスタート。

      f:id:pft78526:20170618204256j:plain



                 これは・・・

        f:id:pft78526:20170618204422j:plain               
              キレイな カラマツの林。

    f:id:pft78526:20170618204454j:plain



           少しなだらかな道を歩いていくと・・・

       f:id:pft78526:20170618204529j:plain



    f:id:pft78526:20170618204600j:plain


               ほどなく登り始めた。

        f:id:pft78526:20170618204625j:plain


             登り始めて間もなくの所に、
           ギンリョウソウがたくさん生えていた。

   f:id:pft78526:20170618204702j:plain



       f:id:pft78526:20170618204737j:plain


      

             松の落ち葉の赤茶色の道を登る。

    f:id:pft78526:20170618204953j:plain



                ふり返って見る。

      f:id:pft78526:20170618205045j:plain




    f:id:pft78526:20170618205118j:plain



                木の根の道も。

     f:id:pft78526:20170618205154j:plain


             8:00頃 「一ノ休」到着。

        f:id:pft78526:20170618205232j:plain



               この松も休んでるみたい。

    f:id:pft78526:20170618205352j:plain




     f:id:pft78526:20170618205418j:plain



   f:id:pft78526:20170618205508j:plain



                あ、誰のかな?

          f:id:pft78526:20170618205546j:plain



                 「二ノ休」。

    f:id:pft78526:20170618205621j:plain


             どんどん標高が上がってる感じ。

    f:id:pft78526:20170618205701j:plain



           「すごいアリだ~! 来てみろ!」
            の声に、ちょっと戻って見たら・・・

f:id:pft78526:20170618205751j:plain

              ( ほぼ実物大 )
             気づかずに通ってきたなあ。



                 
            下山時に ここを一緒に通った時、
      「このキノコ、マツクイムシにやられた穴に生えるんだよ。」
          と 一緒に歩いていた方が教えて下さった。

      f:id:pft78526:20170618205831j:plain



                右側を見ると・・・

    f:id:pft78526:20170618205916j:plain



                この辺りから、
              鎖場やロープ場の連続。

     f:id:pft78526:20170618205953j:plain



         ふり返った時に見える景色も すごくなってきた。

    f:id:pft78526:20170618210030j:plain



      f:id:pft78526:20170618210120j:plain




            右奥に見えてきたのは 以東岳らしい。

    f:id:pft78526:20170618210209j:plain




             8:17 「三ノ休」に到着。
            奥に 目指す摩耶山山頂が見えている。

      f:id:pft78526:20170618210246j:plain


                 ひえ~っ!!
            ホントに 登る道があるんだろうか?

f:id:pft78526:20170618210333j:plain


         リーダーSさんが言っていた今日のコースは、
              緑色の『御宝前コース』。
        雪渓になってる「摩耶沢」を横断していくのか。
         

      f:id:pft78526:20170618210415j:plain



               やせ尾根の道が続く。
       時々、木々の間から 迫力のある摩耶山東側斜面が見える。

    f:id:pft78526:20170618210528j:plain



             鑓ヶ峰と鉾ヶ峰も小さく見える。

        f:id:pft78526:20170618210558j:plain




          ちゃんと留まっていないグラグラな梯子。
          前の人が登り切って合図をしてから 行く。

        f:id:pft78526:20170618210721j:plain


         
         ロープが無いけど ロープが欲しい所もあった。

       f:id:pft78526:20170618210829j:plain



              こんなのに 癒されつつ。

          f:id:pft78526:20170618210855j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170618210948j:plain




             山頂までは、まだまだあるぞ。

f:id:pft78526:20170618211032j:plain




        f:id:pft78526:20170618211110j:plain



               ベテランの方々が、
          「今年は雪がいっぱい残ってるな~。」
          「あんなところにも雪渓がある。」
                 などなど、
         向こうの斜面の様子を見ながら話していた、

   f:id:pft78526:20170618211233j:plain

 



              まだまだヤセ尾根が続く。          

    f:id:pft78526:20170618211351j:plain



           足を踏み外さないように気をつけながら
            ヤセ尾根の道から山頂を見る。 

f:id:pft78526:20170618211435j:plain




            右にも左にも、落ちないように。

    f:id:pft78526:20170618211524j:plain



                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170618211557j:plain

 


               前に道が見えない!
            ということは、急な下りに来たんだ。

                よく見たら、
        ずうっと向こうの斜面を登ってる人が小さく見える!

    f:id:pft78526:20170618211834j:plain



           一人ずつロープを使って下りていく。
          順番を待つ間 向こうの方を見ていると・・・

           ずうっと向こうに、小さく梯子が見える!
              そこに向かう人たちの姿も。

  f:id:pft78526:20170618211713j:plain




             またまた 向こうの斜面の岩場に、
                ちっちゃく人の姿が。
          自分も これから あそこに行くんだろうか?!

f:id:pft78526:20170618211809j:plain



                   急降下!

       f:id:pft78526:20170618211949j:plain



         右側の向こうの斜面を水が流れているのが見えた。
                すると Sさんが、
          「 あの岩をトラバースして行くんだよ。」
                と言うではないか!

                え~?! どこどこ?

    f:id:pft78526:20170618212038j:plain

 


                 \(◎o◎)/!

f:id:pft78526:20170618212125j:plain




                 ほんとか?!
             と思いながら進んでいくと・・・
               前が詰まってる所が。

f:id:pft78526:20170618212214j:plain



              御宝前分岐まで来たようだ。

       f:id:pft78526:20170618212344j:plain




f:id:pft78526:20170618212249j:plain



               ここから いよいよ
       地図に「非常に危険」と書いてあった御宝前コースに入る!

           いったい どんなコース状況なのか?!


              ・・・②へ続く・・・