◆摩耶山の倉沢登山口まで行ってみた。

 
       「 明日登る摩耶山の倉沢登山口、どんな所かな~」
            と思い、行ってみることにした。

      こっちの道を通るのは、昨年10月に以東岳に登った時以来。
          でも、その時は行きも帰りも真っ暗だったので、
              辺りの様子を見るのは初めて。

     f:id:pft78526:20170617153251j:plain


 
     落合の交差点から15分ほどで 倉沢登山口への案内板の所に来た。
              右折して 倉沢集落の方へ。

    f:id:pft78526:20170617153318j:plain


                こんな案内板。
        いくつもの川が流れ込んで 赤川になってるんだなあ。

f:id:pft78526:20170617153411j:plain



            倉沢集落をぬけると、道が狭くなる。

    f:id:pft78526:20170617153438j:plain



         道路わきの草刈りをしている人が 何人かいた。

     f:id:pft78526:20170617153455j:plain



                 杉林に入る。

       f:id:pft78526:20170617153523j:plain




    f:id:pft78526:20170617153540j:plain




       f:id:pft78526:20170617153602j:plain



             登山口まで1.5kmの標示あり。

    f:id:pft78526:20170617153947j:plain



       山にガスがかかっていて、残念ながら上の方は見えない。
              明日を楽しみにしていよう。

    f:id:pft78526:20170617154013j:plain




               あそこから 道は登りに。

    f:id:pft78526:20170617154054j:plain




      f:id:pft78526:20170617154112j:plain




             対向車が来たら 困るな~。

    f:id:pft78526:20170617154138j:plain




                                                          あ!
               あそこが登山口かな?
               
        倉沢集落から右折してから15分ほどで 登山口に到着。

f:id:pft78526:20170617154207j:plain

           停まっている車は 品川ナンバーだった!

             車の人は 登る準備中だった。
       「 どこから曲がるのか 道がわかりにくくてさ~
         この時間に なっちゃったよ~」
                 とのこと。
         ( 落合の交差点から入る所のことかな。)


             ほお~。ここから登るのか・・・。

f:id:pft78526:20170617154230j:plain



              品川ナンバーの男性は、
    「 もし岩場が滑って危ないようだったら、無理せず戻ってくるよ。
      明日 大朝日に行くし。」
            なんて言いながら 登って行った。

            今日は摩耶山で、明日は大朝日岳かあ。
                  いいなあ。

  f:id:pft78526:20170617154255j:plain




    ここに来る前に実家に寄って、明日の倉沢コース行きのことを話したら、
    「私が若い頃 摩耶山に登ったのは、ほとんど倉沢コースからだったよ。」
              と 母から言われて驚いた。

   「摩耶山には 春と秋に登っていて・・・
    初めのうち 真っ直ぐのコース(中道コースのことかな)を登っていたけど、
    そのうち 分岐から右に入る道(御宝前コース?)を登るようになった。」
            
      「 倉沢コース、ゆっくり気をつけながら登れば大丈夫。」
                 とのこと。

                 ありがと。
             気をつけて行ってくるよ。

         f:id:pft78526:20170617154336j:plain


       あの母が倉沢コースから何度も登ったことがあると聞いて、
               とても驚くと同時に、
           私も登るぞ!…と思った今日だった。