◆『葉っぱをまく虫 オトシブミの季節』


               こんな本を借りてみた。

                               f:id:pft78526:20170602182139j:plain
        オトシブミの揺籃(ようらん)に似たものを山で見て
               気になっていたので。

               
                 湯ノ沢岳や・・・

                       f:id:pft78526:20170602182249j:plain


                 摩耶山で・・・。

                        f:id:pft78526:20170602182335j:plain

           
       昔 直接渡せない手紙を巻物にして落としておいたそうで、
          その手紙を『落とし文』と言ったとのこと。
  
       この虫の揺籃が その落とし文に似ていることから
         『オトシブミ』と呼ばれることになったそう。



           この本の写真を撮った海野さんは、
    何年もかけて 写真とビデオでいろいろな場面を撮影したというから
                  驚き!

           揺籃を作る過程は もちろんのこと・・・

      f:id:pft78526:20170602182505j:plain



         オトシブミが葉を選ぶ様子まで 撮影していた。

                                    f:id:pft78526:20170602182358j:plain



                                          そして、
          揺籃 たった1個産み付けられる卵も。

                                  f:id:pft78526:20170602182531j:plain



                 きっと、
           子どものような好奇心を持ち続け、
               ワクワクしながら
           森の中を歩いて被写体を探したり、
          根気強く撮影したりしているんだろうな。

  私も『ドキドキ・ワクワク好奇心』をエネルギーにして過ごしていきたいな。