読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆5/20 新緑の湯ノ沢岳へ②



             山頂付近には まだ残雪あり。
               木々の新緑もあり。
f:id:pft78526:20170520144357j:plain

 

 
                                       山頂の方を左前に見つつ、進む。

    f:id:pft78526:20170520153732j:plain

 

             だんだん こんな石が出てきた。

       f:id:pft78526:20170520144529j:plain




      f:id:pft78526:20170520144625j:plain

 



           頭上が明るくなったな・・・と思うと、

      f:id:pft78526:20170520153928j:plain



                また林の中へ。

f:id:pft78526:20170520154005j:plain

 



            斜面の下の方に イワウチワが群生。

        f:id:pft78526:20170520154051j:plain




    f:id:pft78526:20170520154208j:plain



               まだまだ急登あり。

f:id:pft78526:20170520154229j:plain



                あれ? 地面に花?
                  と思ったら
           倒れてきた木の下敷きになったようだ。
        それでも こんなにカワイイ花をたくさん咲かせて。

f:id:pft78526:20170520154247j:plain




               そして まだまだ急登。

f:id:pft78526:20170520154312j:plain




        f:id:pft78526:20170520154354j:plain



   f:id:pft78526:20170520154426j:plain



                 そうそう、
        登山道の途中に、木の間をぬける場所があったっけ。

          f:id:pft78526:20170520154446j:plain



                昨年の春も、秋も、
               この木の根を撮ったなあ。

      f:id:pft78526:20170520154509j:plain



                ブナ平の辺りは、
          北西側の斜面のブナ林がとても綺麗だった。

f:id:pft78526:20170520154550j:plain




       f:id:pft78526:20170520154609j:plain




      f:id:pft78526:20170520154637j:plain



    f:id:pft78526:20170520154704j:plain



      f:id:pft78526:20170520154727j:plain



           根曲がりしたまま太くなった木の根元に
        こんなふうに植物が生えてるのを たくさん見かけた。 

       f:id:pft78526:20170520154759j:plain



                 ここを登って・・・

     f:id:pft78526:20170520154826j:plain



              これは 『七合目』かな?

    f:id:pft78526:20170520154903j:plain


              だいぶ標高が上がってきたぞ。

    f:id:pft78526:20170520154933j:plain




               あ! ここだ~!!

              昨年11月に来たとき、
      あの岩の手前を クマが猛烈なスピードで横切っていったのは。

f:id:pft78526:20170520154948j:plain

          左右を確認したけど、クマの姿は無かった。


                ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170520155015j:plain



             アスレチックコースみたいな岩場。

         f:id:pft78526:20170520155036j:plain



             さあ、八合目の表示を過ぎると・・・

f:id:pft78526:20170520155110j:plain



                待っているのは・・・

         f:id:pft78526:20170520155131j:plain



              両側が切れ落ちたやせ尾根。

f:id:pft78526:20170520155152j:plain




                右 見て・・・

f:id:pft78526:20170520155214j:plain



                左 見て・・・

f:id:pft78526:20170520155232j:plain




                 渡ります。

f:id:pft78526:20170520155248j:plain




           やせ尾根からの見晴らしがいいので、
               立ち止まって眺める。

               母狩山へ続く稜線。
               また縦走したいな。

f:id:pft78526:20170520155313j:plain



              残雪と新緑がつくり出す姿。

f:id:pft78526:20170520155326j:plain





     f:id:pft78526:20170520155347j:plain



               ふり返って見る。

f:id:pft78526:20170520155409j:plain





        f:id:pft78526:20170520155426j:plain




f:id:pft78526:20170520155452j:plain




                上に行くにつれて、
         ショウジョウバカマが たくさん見られるように。

    f:id:pft78526:20170520155514j:plain




        f:id:pft78526:20170520155539j:plain



              さらに 山頂に近づいた!

f:id:pft78526:20170520155605j:plain

 



               まだ 登って登って・・・

         f:id:pft78526:20170520155947j:plain


            ここから道は 少し左へカーブ。

      f:id:pft78526:20170520160014j:plain



     f:id:pft78526:20170520160104j:plain

 

              道の先に 山頂の方が見える。
             いったん 緩やかに下って行くと・・・

      f:id:pft78526:20170520160136j:plain



             九合目の 母狩山方面への分岐。
                山頂へは 左前方へ。

f:id:pft78526:20170520202358j:plain



f:id:pft78526:20170520160200j:plain




     f:id:pft78526:20170520160226j:plain



           さらに左にカーブしながら歩いて・・・

f:id:pft78526:20170520160248j:plain


              登りにさしかった所で・・・


                   !!!
           これ、葉も芽も傷んでしまってるけど、
                 ブナの実生では?

      f:id:pft78526:20170520160319j:plain

            大きくなってくれるといいな・・・



         f:id:pft78526:20170520160337j:plain


                 来たよ。

      f:id:pft78526:20170520160403j:plain



             どれどれ、見上げてみよう。

   f:id:pft78526:20170520160423j:plain

              見下ろされてる感じだなあ。


                この辺りから、
          道を雪解け水がチョロチョロ流れるように。

         f:id:pft78526:20170520160451j:plain

 


                  山頂付近は、

          昨年の5月15日に登った時より 残雪が多い。

f:id:pft78526:20170520160543j:plain





      f:id:pft78526:20170520160614j:plain




       f:id:pft78526:20170520160634j:plain

       

 

       f:id:pft78526:20170520160700j:plain

 

            雪の重みで倒れている細木が多く、
             どこを歩こうか考えながら進み・・・

   f:id:pft78526:20170520160733j:plain

         雪の上が滑りやすいので 気を付けて歩いて・・・


                  
             9:25 湯ノ沢岳山頂に到着。

f:id:pft78526:20170520160752j:plain
    急登の連続でバテバテになりながら のろのろ写真を撮りながら登って
             4時間くらいかかるかな・・・
               と覚悟していたけど、
          意外にもバテずに登り、2時間ほどで着いた。


               ・・・③に続く・・・