THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

5/5 鳥海山~雲・光・影に見とれる~④


              12:50頃 下山開始。  


                 午後の光は、
           午前中とまた違った景色を見せてくれる。

f:id:pft78526:20170505223845j:plain

 

 

f:id:pft78526:20170505223947j:plain




               日本海側を見た時、
    青をバックにした 真っ白い雪面のカーブに感激して 撮ってみたけど・・・
          何だか間抜けな写真になってしまった。( ノД`)…

f:id:pft78526:20170505224021j:plain




                おそろしや~。
          気温が高い今日、下りは特に気をつけなきゃ。

f:id:pft78526:20170505224106j:plain




                 カメムシ?!
           色やデザインが ずいぶんオシャレだなぁ。

     f:id:pft78526:20170505224137j:plain




            やっと1つ見つけたウサギのふん。
            この辺には あまりいないのかな。

        f:id:pft78526:20170505224159j:plain




               下りは岩峰に登らずに
              登りの時より西側を行く。

   f:id:pft78526:20170505224259j:plain




            雪面に シュプールが描く模様。

f:id:pft78526:20170505224315j:plain




f:id:pft78526:20170505224339j:plain




               ふり返って眺める。

f:id:pft78526:20170505224417j:plain




               海の方を眺めながら、
            真っ白い雪の上を歩いて下っていく。

f:id:pft78526:20170505224503j:plain




             少し北向きに 方向を変える。

f:id:pft78526:20170505224523j:plain




                 ふり返ると、
         テレマークスキーで華麗に滑り降りていく人が。

f:id:pft78526:20170505224612j:plain



                 レンズ雲?
           「あっち側に出るのは 珍しいなぁ」
                 とYさん。

f:id:pft78526:20170505224642j:plain




              笙ヶ岳三峰を振り返る。
       他の人たちの足跡を横切って、私たちの足跡が続いてる。

     f:id:pft78526:20170505224713j:plain




                  むむっ。
                今度は どなた?

f:id:pft78526:20170505224742j:plain




        午後からは曇ってしまうかな・・・と思っていたけど、
         下山の時も こんな姿を見ることができて感激!

f:id:pft78526:20170505224858j:plain

 



            お喋りに花が咲くYさんとⅯさん。
            笙ヶ岳一峰で一緒にポーズをとって、
           すっかり意気投合したのかもしれない。
f:id:pft78526:20170505225010j:plain




             
               空の青と 雪の白と、
            点々と続くルートフラッグの赤。

f:id:pft78526:20170505225107j:plain




             Yさんの足跡 3枚シリーズ。
                 

f:id:pft78526:20170505225144j:plain

 
               

f:id:pft78526:20170505225229j:plain

 

f:id:pft78526:20170505225247j:plain




f:id:pft78526:20170505225312j:plain




f:id:pft78526:20170505225354j:plain





f:id:pft78526:20170505225452j:plain




             ふり返ると 足跡がいっぱい!

f:id:pft78526:20170505225516j:plain





f:id:pft78526:20170505225613j:plain





               今度は、どなた?
            この方の色とデザインも素晴らしい!

f:id:pft78526:20170505225656j:plain




         シャーベット状の雪の感覚を楽しみながら歩く。

f:id:pft78526:20170505225720j:plain




             ふり返ると、すごい形の雲!

f:id:pft78526:20170505225818j:plain




              鉾立の建物が見えてきた。
         何だか走りたくなって、ここから小走り! \(^o^)/

f:id:pft78526:20170505225841j:plain



                  うわ!
               突然 大きな穴が!
               気をつけなくちゃ!

      f:id:pft78526:20170505225921j:plain



               ・・・と思いつつ、
              また小走り! \(^o^)/

f:id:pft78526:20170505230007j:plain



            今は冬季限定だという稲倉岳にも、
               いつか行ってみたいな。

f:id:pft78526:20170505230039j:plain




              あれっ?! (;゚Д゚)
              この先は 断崖絶壁!
         
        前の人の足跡に付いて 左に入ってみると・・・

f:id:pft78526:20170505230117j:plain




             とても下りれそうにない藪!
   YさんとⅯさんが 楽しそうに話しながら下ってくるのが見えたけど、
               どうしよう?!

           藪をぬけて夏道に入るなんて大変。
    かといって、小走りしてきたところをずうっと登り返すのも大変。

    f:id:pft78526:20170505230147j:plain

              オロオロしたけど、
      やっぱり迷ったら戻ろう!と、雪のあるところに戻り、
       数メートル登った所に 夏道に入れる場所を発見。


              途中からお二人に合流。
                よかった~。

      f:id:pft78526:20170505230214j:plain

            気持ちよく小走りで下っていたけど・・・
          あのまま 崖から落ちなくて良かった・・・。
          

            朝より 滝の水量が増えたみたい。

f:id:pft78526:20170505230251j:plain




         イワカガミたちが咲くのは もう少し先かな。

     f:id:pft78526:20170505230315j:plain




        ショウジョウバカマは、ポツポツ咲き始めていた。

   f:id:pft78526:20170505230331j:plain




         展望台から景色を眺めている人たちの姿が見える。
               鉾立の駐車場も見える。

f:id:pft78526:20170505230402j:plain




            もう1枚、この景色を撮っておこう。

f:id:pft78526:20170505230424j:plain




       

         f:id:pft78526:20170505230446j:plain


          このサクラが咲くのは いつ頃なのかなぁ。

      f:id:pft78526:20170505230502j:plain




            15:20頃 鉾立駐車場に到着。

          
             店に入ってコーヒーを飲みながら 
      予想以上に素晴らしくて感激した今日の山行の余韻に浸った。

       今回の発起人?であり、初めて雪山を歩いたというⅯさんも、
           GWの鳥海山は数年ぶりというYさんも、
             きっと大満足だったに違いない。
         

                  帰りは、
           鳥海ブルーラインを下ると・・・渋滞。
        何とか入れてもらって のろのろと『ふらっと』へ。
 
         車を停めていおいた『ふらっと』で解団式?をし・・・
         高速道路を使うⅯさんは そのまま7号線を行き、
   Yさんと私は、『ふらっと』の裏の方から345号線に出てスーパー農道へ。

          途中、余目での信号待ちの時に鳥海山を見たら、
               鳥海山は どんより。

f:id:pft78526:20170505230539j:plain


    天気が崩れる前のちょうど良い時に 鳥海山を歩いてくることができて
              ホントに良かったなぁ。



    今日も のんびりゆっくり景色を眺めたり写真を撮ったりの山歩き。
               大満足! \(^o^)/

             今日の山行の発起人のⅯさん、
      鳥海山について、写真について、いろいろ教えて下さったYさん、
               お世話になりました!