読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/23 羽黒古道④


               来た道と違う道へ。
               けっこう急な登り。

f:id:pft78526:20170423230054j:plain

 

      f:id:pft78526:20170423230142j:plain





      f:id:pft78526:20170423230225j:plain




               ここにも、タラの芽。
            「 どれどれ…どんな感じかな。」

           f:id:pft78526:20170423230345j:plain




                ふり返って見る。

     f:id:pft78526:20170423230429j:plain




               途中の鉄塔で一休み。

     f:id:pft78526:20170423230505j:plain




f:id:pft78526:20170423230553j:plain




f:id:pft78526:20170423230638j:plain




       

     f:id:pft78526:20170423230842j:plain



       f:id:pft78526:20170423230930j:plain




               見事なヤマザクラ。

         f:id:pft78526:20170423231146j:plain





              そのそばを通っていく。

    f:id:pft78526:20170423231031j:plain




         ヤマザクラの脇にあった木の黄緑色も素敵だった!

   f:id:pft78526:20170423231116j:plain




f:id:pft78526:20170423231246j:plain





        f:id:pft78526:20170423231322j:plain






     f:id:pft78526:20170423231401j:plain





f:id:pft78526:20170423231452j:plain



          遠くの景色を眺めながら のんびり下る。

f:id:pft78526:20170423231524j:plain





     f:id:pft78526:20170423231607j:plain




            f:id:pft78526:20170423231655j:plain




    f:id:pft78526:20170423231751j:plain




f:id:pft78526:20170423231833j:plain






f:id:pft78526:20170423231903j:plain




          「 タ~ラ~の芽~♪ タ~ラ~の芽~♪ 」

f:id:pft78526:20170423232002j:plain

    (Sさんの頭の中は、タラの芽のことでいっぱいだったに違いない。)


 

        f:id:pft78526:20170423232130j:plain





      f:id:pft78526:20170423232216j:plain





        f:id:pft78526:20170423232258j:plain



          「 タ~ラ~の芽~♪ タ~ラ~の芽~♪ 」

f:id:pft78526:20170423232333j:plain




               ふり返って見る。

   f:id:pft78526:20170423232419j:plain




         「 タ~ラ~の芽~♪ タ~ラ~の芽~♪ 」

     f:id:pft78526:20170423232450j:plain

         ものすごい数のタラの木に驚きながら下った。



f:id:pft78526:20170423232528j:plain





    f:id:pft78526:20170423232613j:plain




        f:id:pft78526:20170423232652j:plain




     f:id:pft78526:20170423232742j:plain





              皇野分岐に戻ってきた。
      
              登りでは左の道へ進み、
             下りでは 右の道から来た。
         

      f:id:pft78526:20170423232823j:plain




          「大正14年建立」って書いてあった。

        f:id:pft78526:20170423232920j:plain




              水音が聞こえてくると 
           登山口近くに下りてきたなぁと思う。

     f:id:pft78526:20170423232954j:plain




        f:id:pft78526:20170423233039j:plain




         f:id:pft78526:20170423233134j:plain




          

      f:id:pft78526:20170423233223j:plain




       f:id:pft78526:20170423233300j:plain





      f:id:pft78526:20170423233342j:plain




            13:35 鉢子登山口に到着。


           今日は、静かでしっとりした道を歩き、
      石段の方とは違うの道の魅力を また一つ体験することができた。

         案内してくださったSさん、Iさん、Nさん、
            どうもありがとうございました!