鶴岡市民写真展を観に



           鶴岡アートフォーラムで開催中の
          『鶴岡市民写真展』を観に行ってきた。

                           f:id:pft78526:20170414170749j:plain

           この写真展のことは知っていたけど、
            観に行ったのは、今回が初めて。

 
         小学生から大人の方までの作品が展示されていた。
         

    「うわ~ すごいなあ」という作品は もちろんたくさんあったけど、
           印象的だったのは、子どもたちの作品。

           「なるほど、そうきたか~!(笑)」
        と思わず微笑んでしまうような作品がいくつもあり、
        “その子ならではの視点・着眼点”がいいなと思った、
        

                写真って やっぱり、 
          「目にしたそのもの」を写すわけじゃなく、 
          「そこから感じたもの」を写すんだなぁ…
              と改めて思った今日だった。


       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



              『着眼点』と言えば・・・

          昨年、自分で「これはいいぞ!」と思ったのが、
             アジサイを下から撮ること。

          大好きなアジサイを撮っているうちに、
       モコモコした花の中に入って行きたくなったけれど
            入って行くことはできないので、
      「じゃ、花の下の方から見上げるようにして撮ってみよう!」
               と閃いたのだった。
           
             アジサイを下から見てみたら、
         想像以上にキレイな世界が広がっていて感激!

f:id:pft78526:20170414214300j:plain

 



f:id:pft78526:20170414214459j:plain

 




f:id:pft78526:20170414214813j:plain

 




f:id:pft78526:20170414214539j:plain




 

 

f:id:pft78526:20170414214740j:plain

 

 
         ちょっと見方や見る位置・方向を変えてみると、
        見慣れたものの 違う姿が見えたりするんだと思った。