『 できたぜ!かくれ家 (月刊たくさんのふしぎ)』


                          「 草が茂り、蔦がからまりあった裏山の一画に、
  大鎌と鋸と鉈で 人目につかない小さな空き地を切り開くことから始まった。」


               「 約束は、
     店で売っている材木や板や釘、段ボール、ビニールなどを使わず、
     山や野原や河原に生えている木や草だけを材料にしてつくること。
     道具も、ナイフ、鉈、鋸、鎌など、昔からのものを使う。」
        

                           f:id:pft78526:20170316184411j:plain

          

 
         「段ボールでかくれ家を作った子ども達がいる」
            という噂?を聞いた大人たちが、
       その子どもたちに「本物のかくれ家を作ろう」と声をかけ、
         指導しながら 一緒にかくれ家を作ったのだった。

 

f:id:pft78526:20170304091238j:plain

 

         道具の使い方を教わり、蔦の皮ひもをとる。
   
         木を伐り、柱を立てる。

         屋根になる横木を渡して 蔦のひもで縛る。
 
         壁になる横木を渡して 蔦のひもで縛る。

         屋根に桁を渡し、葦などで屋根をふく。

         軒を切りそろえる。

         きれいにして、壁を編む。


                そして、完成!

      f:id:pft78526:20170304091332j:plain

 

             でも これで終わりじゃなく、
             木の上に見張り台をつくったり、
            トイレやロープウェイをつくったり。
     
                  本格的!

                  そして、
         炉をつくって火をおこし、カレーを作って食べ、
           自分たちがつくったかくれ家で眠る・・・。

      f:id:pft78526:20170304091420j:plain

             この子どもたちも大人たちも、
           きっと いい顔をしていただろうな。


            こういうの、ずっと憧れてたなあ…。
                  いやいや、
             今からでも やってみたい?!