『 星の一生 』


           
                     「  えっ! 星にも“一生”があるの?」

         f:id:pft78526:20170225141333j:plain 

         この本を読んだ小学生の頃、とても驚いた。

 

 

       “いつまでも美しいかがやきをうしなわないようにみえても、
             やっぱり星にも一生があります。
              宇宙の中では、いまでも、
           星が生まれたり死んだりしているのです。”

          という著者の言葉で、この本は始まっていた。



   ・・・星にも寿命があって、
      青白・白・黄・オレンジ・赤…と、光る色で年齢がわかること。

   ・・・ガス星雲の中からたくさんの星が生まれ、
      年をとると 爆発を繰り返しながら大きくなったり小さくなったりして
      やがて死んでいくこと。
     
   ・・・人間の一生と比べると 星の一生は一億倍くらい長いから、
      変化があまりわからないこと。


            「星も生きものだったんだ!」
         という驚きが、強烈な印象となって残った。

             

f:id:pft78526:20170225142149j:plain

 


        そして、頭の中が「?」でいっぱいになったのが、
               星までの距離の話。

     “1光年は、
      1秒間に30万kmの速さで進む光が 1年間かかってとどく距離で、
      約10兆km。”
     “ちなみに、北極星までは 800光年”

   「 何年、何十年、何百年も前の光が 今 地球に届いて見えている? 」
        全く想像がつかず、頭の中がグルグルになったっけ。
       

         並んで一緒に動いているように見える星座の星が、
       実は 地球からの距離がバラバラだということにも驚いた。



          昨年は、山に向かって早朝に家を出るとき、
          満天の星空を眺めたことが 何度かあった。

           今年は、山の上で 星空を眺めたい!