読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/28   青空の下、金峰山~鎧ヶ峰へ ②

山・山歩き

                              金峰山から鎧ヶ峰へ向かう道では、
           どんな景色を見ることができるんだろう・・・
                                    と、 ワクワクしながら向かった。

         

                               

                               f:id:pft78526:20170228152109j:plain

 

      

                f:id:pft78526:20170228152957j:plain

 
                空の青。雪の白。
              雪の上にのびる木々の影。
             日の光で キラキラ輝く雪面。

                 ・・・・・   

f:id:pft78526:20170228153026j:plain

 

               あたたかな日差し。
            ゆるやかに頬をなでていく風。
          

           林の中を自由にかける動物たちの足跡。

    

        f:id:pft78526:20170228153057j:plain


               輪郭がはっきりした影。
             ぼんやりとして やわらかい影。
                太い影。細い影。

       f:id:pft78526:20170228153137j:plain

 



              最初の急坂にやってきた。

 

f:id:pft78526:20170228153350j:plain

 
           坂を登って、曲がって、さらに登る。

 

f:id:pft78526:20170228153517j:plain

 



        東側の切れ落ちた斜面に ちょっとドキドキしつつ。

      f:id:pft78526:20170228153546j:plain

 



          動物たちは 軽いからそこを通ってるけど、
              あの木の右側をまわって。

f:id:pft78526:20170228153624j:plain

 


             「 ひゃっほー!
               天気、サイコーだね! 」

        f:id:pft78526:20170228153730j:plain

             ( と、たぶん言っている。)




          光の方へ向かって登り、右の奥の方へ進む。

f:id:pft78526:20170228153818j:plain

 



            何だか撮りたくなった ブナの影。   f:id:pft78526:20170228153849j:plain

 



            サラサラ・サクサクした雪の上。
            スノーシュー、ワカン、つぼ足、
              いろんな跡があった。
       
                狭い尾根道では、
       西側に滑り落ちていかないように 気を付けながら歩いた。

       f:id:pft78526:20170228153940j:plain

 


           

f:id:pft78526:20170228154020j:plain

 


          

f:id:pft78526:20170228154052j:plain

 

                こんなのがあると、
                思わず立ち止まって、
          あっちからも こっちからも 眺めてみる。

          f:id:pft78526:20170228154128j:plain

 



                どんなふうにして、
           ここに ピッタリ引っかかったのか?!

        f:id:pft78526:20170228154208j:plain

 


                  ズーム。
             目指す鎧ヶ峰。山頂は真っ白!     f:id:pft78526:20170228154251j:plain

 



          小さなアップダウンを繰り返しながら進む。

f:id:pft78526:20170228154323j:plain

 



      これから あの右側のところに出て 左側の山頂へ行くんだ…
          …と思うと、ちょっと不思議な気持ち。

f:id:pft78526:20170228154402j:plain




     f:id:pft78526:20170228154539j:plain

 



      f:id:pft78526:20170228154621j:plain

 

 
          雪がサラサラしていて、意外に登りにくかった。

     f:id:pft78526:20170228154715j:plain

 



          雪と風が作り出した模様に見とれながら歩く。

f:id:pft78526:20170228154902j:plain

 



               近づいてきたぞ。

f:id:pft78526:20170228154933j:plain

                それにしても、

              東側の斜面、すごいな~。



           山頂の一つ手前の上り坂に入るよ~。

    f:id:pft78526:20170228155020j:plain

 



              サラサラ滑る雪の急坂。
         スノーシューの人、横向きになって登ったらしい。
              私も つぼ足で 横向きに。
              山足の時に気を付けながら。

    f:id:pft78526:20170228155316j:plain

 


            斜面の途中、西側を見たら鳥の巣が。
             今は 巣に雪が乗っかっていた。  

        f:id:pft78526:20170228155450j:plain

 

         急坂を登り切って 西側を見ると、こんな景色が。

f:id:pft78526:20170228155545j:plain

 



               さあ、もうすぐ山頂!

f:id:pft78526:20170228155618j:plain

           足跡の動物も 山頂に向かったのかな?




               ここを登り切ると、
           今日は どんな景色が見えるかな?

f:id:pft78526:20170228155654j:plain

 


                 わくわく!

     f:id:pft78526:20170228155724j:plain

 



                 来た~!
 
          真っ青な空をバックにした真っ白な月山が
               目に飛び込んできた!

f:id:pft78526:20170228155813j:plain

           12:25  鎧ヶ峰山頂に到着。



             この前より 雪が増えてる。
              向こうには 母狩山。

f:id:pft78526:20170228155840j:plain

    ( 東側の切れ落ちた斜面を駆け上がってきたらしいウサギの足跡が。)




                 やっほ~!

f:id:pft78526:20170228155910j:plain

         こんなにキレイにハッキリ山々が見えるなんて、
               なかなか 無いぞ。

           

       昨日鳥海山に登っている先輩、今頃どの辺りにいるかなあ…
              …と手を振ってみた。
               見えるわけないけど。

f:id:pft78526:20170228155936j:plain

 


                 西側の山々。
            どれが何の山かワカラナイけど・・・
          この前 熊野長峰~虚空蔵山に行ったとき、
           向こうからこっちがキレイに見えたから、
         きっと、あのどこかが熊野長峰・虚空蔵山なはず。

f:id:pft78526:20170228160013j:plain

 

 

       今日のコーヒーのおともは、春を感じながら『道明寺』。
              キレイな景色を眺めながら。

       f:id:pft78526:20170228160051j:plain

 



                少し経った頃、
  スタートして間もなくのところから抜きつ抜かれつしてきた方が登ってきた。

      最後の坂の手前で長く休んでいらしたのかなと思っていたら、
           朝食抜きで登ってきて、空腹に耐えかねて
           山頂手前で昼食を食べてきたのだそう。

             「発泡酒あるけど、飲む?」
              と勧めて下さったけど、
           お礼を言って 今日は遠慮しておいた。

                  実は、
   朝、この方がマウンテンバイクで走っているところを、途中追い越してきた。

               そのことを伝えると、
     「自転車で谷定口まで行って、母狩に登って金峰に下りてきて、
      車道を歩いて自転車をとりに行ったり…
      自転車を青龍寺口に置いて 金峰山頂から藤沢へ下って、
      歩いて自転車をとりにきたり…
      そんなことをしてるよ。」
                 とのこと。

      「 昔は この辺にも 登山会がいっぱいあってさぁ・・・」
       と、発泡酒を片手に いろいろ思い出話を聞かせて下さった。

                  そして、
           「 おれ、12時で下りるからよ。」
              と、先に下山していった。


            私は もう少し景色を眺めていこう。