海を見たくなった。


          
                  海を見に行きたくなった。
 
          朝からの雨にもかかわらず  向かった先は、
         子どもの頃から何度も行っている『香頭ヶ浜』。
       由良海水浴場より北側にあり、ちょっとした岩場もある。

                 子どもの頃、
      夕方の短い時間だったけど、父がよく連れていってくれた。
            家から車で10分ほどで行けたので、
     「水着で行き、水着で帰ってきて、お風呂へ直行!」だったな。

          今は「密漁禁止」なんて立札があるけど、
       その頃は、普通に?貝や海藻など海の幸をとってる人がいて、
        父も ドライバー片手に 岩場でアワビやサザエをとり、
        私は その手前で 小さい貝や海藻をとったりしていた。
                  だから、
          プールでの4泳法はイマイチだったけど、
            海での素潜りは好きだったなぁ。

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


               車のドアを開けると、
              ゴオ~ッという冬の波の音。
                 

                久しぶりの海。
             潮の香りを大きく吸い込んだ。

f:id:pft78526:20170220100832j:plain

         昔より ずいぶん砂浜が狭くなってしまってた。

 

                  夏の海。
          海中から眺める水面の キラキラした輝き。
               海の中で聞こえる音。
         深い方を見たときの ちょっとゾクゾクする感じ。
                  浮遊感。
                  解放感。
          泳いだ時の、水が体にまとわりつく感じ。
        砂浜で見つけるキレイなガラスの欠片や小石たち。

               …大好きだったな… 

             

                夏だけでなく、
            春夏秋冬 どの季節の海も好き。

                 冬の海も。

f:id:pft78526:20170419171352j:plain

       砂浜に打ち上げられるハタハタのたまご『ぶりこ』を
           両親と 何度か拾いに来たことがある。
  砂糖と醤油で甘じょっぱく煮て、ガムを噛むみたいに歯ごたえを楽しむのだった。

        今はもう、ハタハタのたまごを見ることが無いけど。




             向こうに見えるのは 白山島。

f:id:pft78526:20170220170055j:plain

        子どもたちが小学校6年生の時、海浜学校の最終日に、
      あの白山島の右側のところから 由良海水浴場の砂浜まで
         1kmあまりを 子どもたちと一緒に泳いだ。
       学校の先生方と地域の遠泳の先生方、そして保護者、
   子ども2人に大人1人以上が必ず付くようにして、数名ずつのグループで。
     息子の時も娘の時も、天気や潮の流れに恵まれたので良かったなあ。

 

 

 

            今日 砂浜で見かけたものは…
             

        f:id:pft78526:20170220094838j:plain



     f:id:pft78526:20170220094928j:plain

 




         f:id:pft78526:20170220095008j:plain

 



         f:id:pft78526:20170220095044j:plain

 



          山から川を流れてきたクルミも よく見かける。

        f:id:pft78526:20170220095125j:plain

 



         平べったい石を探しては、よく投げて遊んだなぁ。
             “水きり”って言うんだったかな?
               私の最高記録は5回。

    f:id:pft78526:20170220095219j:plain

 



                寄せては返す波。
         ずうっと眺めていても、ぜんぜん飽きない。

f:id:pft78526:20170220101115j:plain



                 波のあと。

        f:id:pft78526:20170220095310j:plain

 

 

           f:id:pft78526:20170220095428j:plain

 

 

           f:id:pft78526:20170220095504j:plain

 

 

          f:id:pft78526:20170220095600j:plain

 

 

          

          f:id:pft78526:20170419171449j:plain

 

 

          f:id:pft78526:20170220095648j:plain

 


 
     砂浜にいて 波の音を聞きながら ずうっと海や空を眺めていると、
                  自分が
             小さな存在だと感じると同時に 
         広く深い海や空と つながっていると感じる。        

f:id:pft78526:20170220101230j:plain

 

              楽しいばかりではない海。     

     昨年夏、高校時代の同級生が、レース中に命を落としてしまった。  
               今でも信じられない。



         いろんなことを思い出した 今日の香頭ヶ浜。



               雨が強くなってきた。
                そろそろ帰ろう。

f:id:pft78526:20170220095751j:plain