読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2年前の今頃、トレランの大会に初エントリーしたのだった。



    2015年2月上旬の『いわきサンシャインマラソン』から帰ってきてすぐ、
  「今までみたいなマラソン大会に参加するのは、もういいや…。」と思った。 
 
             そして それと同時に、   
       「トレイルランの大会に参加してみよう!」と思った。

      時期や場所などから 参加できそうな大会を探し、選んだのは、
            『七時雨 CALDERA TRAIL』。

        初めてだから13kmのショートの部にと考えたけど、
      旦那に相談しているうちに 定員に達してしまっていた。( ノД`)

      
         迷ったけど、34kmのロングの部にエントリー!

        
    平日は3~5日10kmくらい、土日のどちらかは20~30km走り、
      体幹トレーニングやバランストレーニングなんかもしたりして…
           トレランの装備をいくつか購入して… 
           ドキドキわくわくしながら準備。


         七時雨山のある八幡平市までは、車で約5時間。
          旦那に運転手をお願いして1泊2日での参加。



        前日、スタート会場に下見に行って、まず感激。
       こんなところを走ったり歩いたりするなんて!…と。

            コースは、七時雨山荘前を出発。
  裏手の牧場を登り、まずは右の方にある(写真には写っていない)田代山へ。
           戻ってきて、写真奥の七時雨山へ。

    f:id:pft78526:20170216195312j:plain

          すごくきれいな景色に感激しながらも、
       ちゃんとゴールできるだろうかと不安になったっけ。

 

 

         それまで参加したマラソン大会とは違って、       

      トレラン大会当日のスタート会場は、和やかな雰囲気だった。

    植生保護のため、シューズ裏に土が付いていたら落とすように言われて、
             へええ~と思ったりして。
            
   
        参加者とスタッフで記念写真を撮ってからスタート。

           f:id:pft78526:20170216194515j:plain

 

             スタートすると、まずは牧場へ。
      緑の中を、色とりどりのウェアなどの参加者が進んでいった。

          f:id:pft78526:20170216195352j:plain

 

        牧場のあちらこちらに「ホンワカしたもの」があり、
             踏まないようによけながら。    

           f:id:pft78526:20170216193556j:plain



         最初に登った田代山から、スタート地点が見えた~。

  f:id:pft78526:20170216194409j:plain

 

           田代山を下り、七時雨山に向かう道では、
    登山者のグループの方から声を掛けられて、ちょっとお喋りしたりして。
      その中に 以前鶴岡に住んでいたという方もいて、驚いたっけ。

       途中から やや急登になったけど、楽しくて面白くて、
               ガンガン登っていった。
         (これが失敗だったと 後から知ることになる。)

    

             f:id:pft78526:20170216194446j:plain

              北峰~南峰と登って下って…




    コース途中に『日本の滝100選』に選ばれている『不動の滝』があり、
               立ち止まって眺めたり…。

           f:id:pft78526:20170216194610j:plain

 

       20kmを過ぎた辺りから 脚のあちこちが攣りだしたけど…
        同じように脚が攣ってしまった人たちと一緒に歩きながら
               いろいろ情報交換したり。

            後半は脚がかなりキツくなってしまい、
             緩やかな下りでさえ歩いたりも。
          
              残り2kmあたりの登山道で、
 『グレートトラバース百名山一筆書き』の時に機材をもって走っていた山田さんから
             励ましの言葉をかけていただき、

         元気をいただいて、そこから残りを頑張って走った。
  山田さんは、ゴールしてから、他の参加者を励ますために逆走してきたらしい。
   山田さんのほかにも、上宮逸子さんからも声をかけていただいて嬉しかった。

     参加者同士『頑張ってくださ~い!』と励ましの声を掛け合う姿が、
              あちらこちらで見られた。

       へとへとになりながら、6時間13分かかってゴール。
                不思議なことに、
     ゴールしたとたん、つらかったことやキツかったことは忘れてしまい、
             「 山、すっごく楽しい~!」
               と思ったのだった。


                この大会の次は、
   2016年5月に、新潟県胎内市で行われた『第1回櫛形WINDTRAIL』に参加。
                  しかし、
         あちらこちらで立ち止まって写真を撮りすぎ、
           残り5kmの地点の関門でアウト!

    「山で走ってしまうと キレイな景色や植物を見逃してしまうから、
     もう走らなくてもいいや…」と、この時に思った。


                 それまで、
   「毎日でも走りたい」とか「おばあちゃんになっても走り続けたい」とか
               思っていたのに、
            「もう走らなくてもいいや」  
       と思うようになったのだから、自分でも驚きだった。


    
       これは、七時雨山に向かう途中 窓から見えた岩手山

   f:id:pft78526:20170216195155j:plain