読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『君たちへの遺産 白神山地』

本など


               山歩き2年目に入り、 
     「いつか歩いてみたい山」も 心の中に浮かぶようになってきた。
 
               その一つが 白神山地

             地元の山々のブナ林を歩くうち、
     「世界遺産にもなっている白神山地のブナの原生林を歩きたい!」
             と思うようになったのだった。 

          そんな私が紹介していただいたのが この本。

           f:id:pft78526:20170205203503j:plain

           著者の齋藤宗勝さんは、なんと鶴岡市出身。

     その齋藤さんが 長年にわたって調査・研究・取材したことをもとに、
     白神山地の生物、地形、気象、人、文化、歴史…などについて記した本。


             読んで 一番に感じられたのは、
     齋藤さんが 白神山地をとても好きで大切に思っているということ。
                       
                 それから…
  …すべての生き物が関わり合い ともに生きている中で、山が在るということ。
      …山も、常に少しずつ少しずつ変化しているのだということ。
        
                 そして…
       足元を確かめつつ 周囲の状況も見ながら山を歩くように、
      目の前の木々だけでなく 山の全体を見て感じるということ。
       山の今を見るだけでなく、ずっと先のことも考えること。

             その山について知ることで、
     その山を好きな気持ちも 大切にしたい気持ちも深くなること。

 

       これからも山歩きを続けていく上で大切にしたいことを
               教えてくれた本だった。
        
           私が1年目に歩いた山々についても、
     もっと知ることができたら、もっともっと好きになるだろうな。