読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山歩き1年目の私が 山で感じたこと②

山・山歩き

 

                山を歩くことには、
        『瞑想』のような効果があるのではないだろうか。

               …と、いつも感じていた。

 
                              
             沢の心地よい水音に心を癒され… 

          f:id:pft78526:20170125202635j:plain

 

 

 
     
                林の中を歩きながら、
           山の空気が少しずつ自分の中に入ってきて
           体が山に溶け込んでいくような感じになり、
                雑念が消えていき…

     f:id:pft78526:20170125203049j:plain

 


              目の前の視界が広がると、
              心が開放されるような…
        広い空や果てしない宇宙までも広がっていくような…
               そんな感じになる。   

f:id:pft78526:20170125205951j:plain

 


   僧侶であり庭園デザイナーとしても世界的に活躍している桝野俊明さんが
            「禅の庭」を作庭するときには、
            閉じた空間と開いた空間を作り、
          そこを交互に歩くように設計するそう。
            
       …人の心は、
        閉じた空間では、内側に向かい、
        開いた空間では 外に向かうので、
        それを繰り返す中で、心が自然にコントロールされていく…
 
       …とのこと。



            私自身、山歩きをするようになって、
           気分や感情の波が わりと落ち着いていて、
             「 おだやかに ワクワク 」
           という日々を過ごすことができている。

 

              同じように感じている人が
             きっと たくさんいるに違いない。