1/21 フカフカな道を 鎧ヶ峰まで。


                      朝 庭木に雪が付いていてキレイだったので、
              山の木々はどうかな…
             とワクワクしながら行くと…    

                 期待通り! 

       f:id:pft78526:20170121173012j:plain

        
             ワカンをリュックに付け、
       8時半前、『禁酒のかめと大盃』のそばをスタート。



           木々の枝の雪が付いた様子が素敵で、
            なかなか進まなかったけど…

           f:id:pft78526:20170121173109j:plain

       鎧ヶ峰まで行けそうだったら行こうと思っていたので、
         前に進まなきゃ! と自分に言い聞かせて進んだ。



              登りはじめは こんな道。

          f:id:pft78526:20170121173209j:plain

             今日の足跡は まだ無かったけど、
       毎日のように誰かが登っているようで 道が出来ていたし、
             昨日登ったらしい足跡もあり、
             ワカン無しでも大丈夫だった。
               

                 こんな感じ。  

         f:id:pft78526:20170121173325j:plain

 


         少し登ってところで、遠くの景色が見えてきた。

   f:id:pft78526:20170121173447j:plain

 



         今日は 動物たちの足跡が たくさんありそう!
               と、楽しみになった。

           f:id:pft78526:20170121173557j:plain

 


           この木の間を通っていった足跡もアリ。

     f:id:pft78526:20170121173641j:plain

 

 

              1週間前のドカ雪のせい?

         f:id:pft78526:20170121173722j:plain 
                 でも大丈夫。

                足跡にしたがって、
              木々の間を通って行く。



         f:id:pft78526:20170121173817j:plain

 



                 中の宮に到着。

            母狩山も鎧ヶ峰も ハッキリ見えた。 
   f:id:pft78526:20170121174011j:plain

 


            あの鎧ヶ峰山頂まで行けるだろうか…。
                 この時点では、
             行こうかどうか 決めかねていた。

       f:id:pft78526:20170121174042j:plain

 


                中の宮を過ぎると、
              やっぱり 雪の量が増える。

          f:id:pft78526:20170121174306j:plain

            でも、まだワカン無しでも まだ大丈夫。


           どっちを行こうか ちょっと迷ったけど、
               やっぱり真っ直ぐの道を。

    f:id:pft78526:20170121174345j:plain

 


             八景台手前の眺めの良い所で。
       最近、ここで立ち止まって 景色を眺めるようになった。      

  f:id:pft78526:20170121174427j:plain

 


             さらに雪が深くなってきて…

        

      道に 木がかぶさっているところが たくさん見られるように。

          足跡は、木を避けて 左の方へ上がっていた。
                 積雪期ならでは。

      f:id:pft78526:20170121174645j:plain

 


              かなり雪が積もっている。

    f:id:pft78526:20170121174753j:plain

      この先、かなり木々の枝が道に被さってきてるのが見えたので、
       昨年1月末に 山の先輩Тさんと来た時に歩いたように、
       左側の高い所に上がって歩こうかな…と思っていると、
          足跡は、さらにその左へ向かっていた。



            いつも歩いているのは、右側の道。
      昨年1月末に山の先輩Тさんと来たときは、この真ん中の高い所を。
          今回は、さらに左。 斜面になってる所を。

     f:id:pft78526:20170121174830j:plain

     とにかく、前の人の足跡をたどって 左の方へ行ってみることにした。
             戻ってきた足跡がないから、
      山頂まで、あるいは鎧ヶ峰に続く道へ、ちゃんと出たのだろう。



                 初めて歩く所。

        f:id:pft78526:20170121174937j:plain

 


              左側は、けっこう急な斜面。
                木々が 真っ白!      

           f:id:pft78526:20170122091407j:plain



             まだ このまま進むみたい。

   f:id:pft78526:20170121175222j:plain

 




      f:id:pft78526:20170121185445j:plain

 


           歩いてきたところを ふり返って見る。

         f:id:pft78526:20170121190633j:plain

 



       右上の様子からすると、そろそろ山頂の神社の辺りかな…
                と思ったところで、
            足跡は いきなり斜面を登りだした。
            ほぼ真っ直ぐ登る、まさに急登!

                  f:id:pft78526:20170121190703j:plain

 

                ここに出た~!

                    f:id:pft78526:20170121190736j:plain

 


              10時頃、展望台に到着。

                 白い景色。
           日が差している所もあって、いいな。

f:id:pft78526:20170121214712j:plain

       
                静かな展望台で、
           景色を眺めながら コーヒータイム。
           

        しばらくすると うっすら鳥海山が見えてきて 感激!

f:id:pft78526:20170121214803j:plain


                15分ほど休憩。

             やっぱり、鎧ヶ峰へ行こう!
        と、今度はワカンを履いて 鎧ヶ峰へ向かって出発!

 

              目の前を横切っていく足跡。
                 これは、誰かな?

            f:id:pft78526:20170121190831j:plain


        神社の下のフワフワな斜面の道は ちょっと不安だったので、
            神社手前の道から 鎧ヶ峰へ向かった。



            楽しみにしていたブナの林の道。        f:id:pft78526:20170121190948j:plain

 



            f:id:pft78526:20170121191029j:plain

 



           右側の斜面の下の方は、こんな感じ!
      雪が付いた細い枝が たくさん柔らかく絡み合ってるみたいな。

  f:id:pft78526:20170121191108j:plain

 



             フワフワな雪の上を歩く感覚が
              オモシロくてたまらない!

                          f:id:pft78526:20170121191143j:plain

 

       フワフワの上を歩く時の 体が少し浮かんでるような感覚。
         雪がワカンのフレームに当たるサラサラいう音。
                周りの静けさ。
            

    f:id:pft78526:20170121191321j:plain

 


       少しガスがかかってきて、ちょっと不安な気持ちになった。
        
                  こんな時、
           足跡と目印の赤いテープが 励みになった。

                                    f:id:pft78526:20170121191356j:plain

 



              

    f:id:pft78526:20170121191437j:plain

 



               雪が積もっていると、
          目の高さに こんな風に枝が現れることも。

                f:id:pft78526:20170121191519j:plain

 


              少しの不安な気持ちと孤独感。
             いっぱいのドキドキ・ワクワク感。

               夢中になって歩いた。

  f:id:pft78526:20170121191605j:plain

 



                気を付けて歩こう。

                            f:id:pft78526:20170121191657j:plain

 



            山頂の一つ手前のピークが見えてきた。
          道のすぐ左側の斜面は スゴイことになってる~。

      f:id:pft78526:20170121191742j:plain

 


                向こうが山頂。

   f:id:pft78526:20170121191832j:plain

 


                ここを登ると山頂。
            山頂は今、どんな様子なんだろう?
               と思いながら登ると…

   f:id:pft78526:20170121191932j:plain

 


          やっぱり 雪がたくさん積もってるな~。          

            f:id:pft78526:20170121192011j:plain

 

 


            母狩山は ガスで見えなくなっていた。

     f:id:pft78526:20170121192342j:plain

 



             登ってきた方をふり返ると、
            金峰山頂にもガスがかかっていた。

  f:id:pft78526:20170121192101j:plain

 



           登りはじめは青空が広がっていたけど、
             だんだんガスがかかってきて、

           山頂では、東側から 風に乗って雪が。

  f:id:pft78526:20170121192208j:plain

 
             でも、それほど強い風ではなく、
               雪を踏んで場所を作り、
               リュックを下して休憩。


           いつものコーヒーと、久しぶりの豆大福。

        f:id:pft78526:20170121192258j:plain

 

            15分ほど休憩して 下山開始。


              下山を開始したとたん、
            登りの時に目に入らなかったものが
                目に入ってくる。

                                      f:id:pft78526:20170121192438j:plain

 



                いつも思うけど、
            ここから飛んでいきそうな眺め。

    f:id:pft78526:20170121192533j:plain

 


                  西側斜面。

     f:id:pft78526:20170121192609j:plain

 



              先の方に目をやると…
                  わぁ!
            あそこを これから歩くんだぁ。

  f:id:pft78526:20170121192654j:plain

 


            毎度 楽しませてくれる人たち。
          「 フカフカ鎧ヶ峰、良かったね~!」
             と言ってくれてるのだろう。

                         f:id:pft78526:20170121192724j:plain

 


          今 下ってきたところを ふり返ってみる。

                     f:id:pft78526:20170121192819j:plain

 


              

   f:id:pft78526:20170121192901j:plain

 



   f:id:pft78526:20170121192934j:plain

 



          登ってきた道と同じ道を歩いているのに、
           登りと下りでは 気持ちが全然違う。

                 下りは、
           山頂まで歩くことができた達成感と、
    「下りこそ足元に気をつけなければ」と引き締まるような気持ちと。

   f:id:pft78526:20170121193100j:plain

 


              かなりフカフカしていて、
          急斜面では 何度か滑ってしりもちをついた。

        f:id:pft78526:20170121193138j:plain

 

             下りは ドンドン歩けるので、
             登りとは違ったオモシロさが。

    f:id:pft78526:20170121193218j:plain

 




                                      f:id:pft78526:20170121193252j:plain

 



                 ひゃっほ~!

f:id:pft78526:20170121193338j:plain

 


    登りは、ちょっと不安な気持ちで 前の人の足跡をたどって歩いたけど、
           下りは、まだ足跡のない所を歩いたりも。


              背の高いブナの木見上げる。

    f:id:pft78526:20170121193410j:plain   

 

               時間とともに雪質が変わり、
             徐々に 湿った雪になっていった。

                朝のうちに登り始めて
          フワフワ サラサラの雪を歩くことができて
                  良かった!

       f:id:pft78526:20170121193530j:plain

 


            雪の重みで、こんなにしなってる!
                しなやかで 強い!

      f:id:pft78526:20170121193626j:plain

 

 

                    f:id:pft78526:20170121193720j:plain



            あの雪は、いつまで耐えられるかな。

                                   f:id:pft78526:20170121193802j:plain

 

 

                    f:id:pft78526:20170121193849j:plain

 

                        

          向こうに 金峰山が なんとなく見えてきた。

   f:id:pft78526:20170121194057j:plain

 



                                      f:id:pft78526:20170121194215j:plain

 


              金峰山の山頂近くまで来た。
   
             どの道を行こうか迷ったけど、
          登りの時に通らなかった 神社の下の道にした。
            滑らずに歩ける雪質に変わったから。


         鎧ヶ峰からの下山途中にすれ違った男性の1人は、
              ここを歩いてきたみたい。

                               f:id:pft78526:20170121194332j:plain

 


         背の高いブナが立ち並ぶ静かな雰囲気のこの道も、
                 私の好きな道。

                             f:id:pft78526:20170121194405j:plain

 


      朝は、サラサラ雪のこの斜面が滑りそうで通るのをやめたけど、
                今は大丈夫だった。

          

                              f:id:pft78526:20170121194513j:plain

 



                                           f:id:pft78526:20170121194559j:plain

 



          私が 朝登ってきた足跡が 右側に見える。

            f:id:pft78526:20170121194650j:plain

 


           金峰山頂からは、いつもの道を通った。
          あちこちで、道にかぶさった枝をよけながら。

             あとは、どんどん下った。


               中の宮でワカンを外し、
               さらにどんどん下って…

                          f:id:pft78526:20170121194800j:plain

 


            13:30前、駐車場に到着。
         30分の休憩を含め、5時間の雪山歩きだった。


           フカフカ・サラサラな雪の道を歩くのは、
               やっぱりオモシロイ!