読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1/15 羽黒石段 南谷入口まで

山・山歩き



                この天気でも 山の先輩が山歩きに行くと知り、
               ついていくことにした。       
                行き先は、羽黒石段。

            昨日は歩いた人がいたみたいだけど、
           今朝9時前の時点では 今日の足跡はナシ。        

   f:id:pft78526:20170115132710j:plain

 
            今日は 午前中のみの山歩き。
     「 けっこう雪が積もってるから、どこまで行けるかな~ 」
              と言いながらスタート。

       f:id:pft78526:20170115132814j:plain

 



            門をくぐって、向こうの世界へ。

   f:id:pft78526:20170115132849j:plain

 



          石段は、雪ですっかり見えなくなっていた。
           足跡をつけながら 石段を下りていった。

         f:id:pft78526:20170115132937j:plain

 


               赤い橋の上から見る。
        水量が多く、水がドウドウと流れる音がしていた。

    f:id:pft78526:20170115133031j:plain

 


                  五重塔へ。

    f:id:pft78526:20170115133101j:plain

 



             雪の五重塔も、いいなぁ。

       f:id:pft78526:20170115133315j:plain

 

 



    f:id:pft78526:20170115133359j:plain

 




                一ノ坂を登る。

       f:id:pft78526:20170115133515j:plain

 

           乾いた雪がたくさん積もっていて、
      ワカンをはいていても 一歩ごとにズボズボ埋もれてしまい、
              すごく歩きにくかった。

              

      f:id:pft78526:20170115133621j:plain


         ストックを雪にさすと 全部埋まったので、
      1m20~30cmは 積もっていたのではないだろうか…。

         f:id:pft78526:20170115133702j:plain

 


                登りはキツく、
           何度か 先頭を交代しながら進んだ。

      傾斜のある坂では 私の脚の付け根あたりまで積もっていたので、
     一歩ごとに 雪を膝でつぶしてから ワカンを蹴り込みながら進んだ。



     限られた時間の中、この雪の深さで 山頂まで行くのは難しいので、
           南谷入口まで行こうということになった。
            

      f:id:pft78526:20170115134040j:plain

 

            頑張って二ノ坂を登り切った頃、
             少し雪がおさまってきた。


       f:id:pft78526:20170115134226j:plain

 



       f:id:pft78526:20170115134407j:plain

 


             右の奥の方に 小さな鳥居。

   f:id:pft78526:20170115134523j:plain

 



             木々の枝に 雪がついてキレイ。   f:id:pft78526:20170115134655j:plain

 



                 ぽっかりと、
         そこだけ ステージみたいに明るくなってる場所。

       f:id:pft78526:20170115134734j:plain

 




           f:id:pft78526:20170115134819j:plain

 




               杉の木に付いた雪が、
           いろんな模様を浮かび上がらせていた。

f:id:pft78526:20170115134920j:plain

 



           今日の折り返し地点、南谷入口にて休憩。
              大粒のアラレが降ってきて、
             『アラレ入り 一口大福』に。

           そして、あったかくて美味しいコーヒー。

        f:id:pft78526:20170115135006j:plain





                  さあ、
               二ノ坂、下りるぞ~!

         昨年は、シートに座って ここを滑り降りたけど、
              今年は 普通に?歩く。
           登ってきた道をそのまま戻るのではなく、
               フカフカの雪の上を。

      f:id:pft78526:20170115135053j:plain

 


             深い雪に 時々足をとられつつ、
         フカフカな雪の感覚を 思い切り楽しみながら歩いた。



               一ノ坂の上まで来た。

          f:id:pft78526:20170115135204j:plain

 



           登りの時は そのまま通り過ぎたけど、
            やっぱり ちょっと立ち止まって
               景色を眺めてみたい。

           粉砂糖をたくさん振りかけたような景色!
  f:id:pft78526:20170115135252j:plain

 


            遠くの方は見えなかったけど。
          水墨画みたいな景色を眺めることができた。


                一ノ坂を下る。

          f:id:pft78526:20170115135444j:plain

 


            登りの時は、黙々と?登ったけど、
          下りでは いろんなものが目に入ってきた。

   f:id:pft78526:20170115135518j:plain





      f:id:pft78526:20170115135611j:plain

 



       f:id:pft78526:20170115135647j:plain

 



             しゅうっと垂れ下がってる枝。

       f:id:pft78526:20170115135728j:plain

 




      f:id:pft78526:20170115135806j:plain

 



           f:id:pft78526:20170115135836j:plain

 



              水音が大きくなってきた。
          川の流れる方を ちょっと のぞいてみた。

    f:id:pft78526:20170115135950j:plain

 


        橋を渡って、川の向こうの方へ行ってみることに。


                橋の真ん中から。

f:id:pft78526:20170115140222j:plain

 



           滝の両脇のあちらこちらに、つららが。

         f:id:pft78526:20170115140255j:plain

 



  f:id:pft78526:20170115140342j:plain

       

            しばらく この辺りの景色に見とれる。


 
                石灯籠に付いた苔。

      f:id:pft78526:20170115140519j:plain

 




         帽子をかぶり、赤いスカートを穿いて立っているヒト。

            f:id:pft78526:20170115140759j:plain

 

 

               烏帽子をかぶっているヒト。    

            f:id:pft78526:20170115140633j:plain

 


          赤い橋の上で いつも撮ってしまうモミジの種。

    f:id:pft78526:20170115140722j:plain

 



            隋神門までの最後の登りの途中、
            一人の男性が 門の方から来た。
          これから山頂まで行ってみるのだという。

         ワカンもスノーシューも はいてなかったし、
           私たちの踏み跡は 三ノ坂手前まで。

          あの人は 山頂までたどり着いただろうか…。
             

     f:id:pft78526:20170115140847j:plain

 



          私が あちらこちらで立ち止まっているうちに、
           先輩は 向こうの鳥居の下まで進んでいた。

f:id:pft78526:20170115140928j:plain

 
          残念ながら 山頂までは行けなかったけど、

           超フカフカの雪の上を歩くことができて
              とってもオモシロかった!



              帰り道、青空が見えてきた。

     f:id:pft78526:20170115141004j:plain