空から眺めた山


           昨年見た山の景色を思いだしていた時、
               ふと浮かんだのが…
                空から眺めた山。


           飛行機に乗ることが ほとんどない私。
    昨年8月に娘たちの大会の応援で鳥取に向かう時 久々に飛行機に乗った。
                  そして、
          窓に張り付いて 景色を眺めていたのだった。


              まずは 庄内から羽田へ。
    f:id:pft78526:20170109092718j:plain

 



                ふと見ると…
         雲海の中にぽっかり浮かんでいたのは、鳥海山
            ゆっくり泡風呂に入ってるみたいな。

  f:id:pft78526:20170109092810j:plain

   「上が雲に隠れて 下の方だけ見える」…というのは 何度も見たけど、
            この時見えたのは その逆。

              不思議な光景だった。





            しばらく行くと 見えてきたのは…
                蔵王のおかま。
                 ぽっかりと。

   f:id:pft78526:20170109092906j:plain

              遠くから小さく見えることで
        逆に、その大きさを感じる…ということもあるんだな。
               





        高さによって雲の種類が違うのが よくわかるなあ…

  f:id:pft78526:20170109093008j:plain

               なんて思ってると…




           鳥瞰図みたいな山の景色が見えたっけ。

  f:id:pft78526:20170109093049j:plain

 




                 
            今度は、 羽田から 米子へ。

  f:id:pft78526:20170109093331j:plain

 




    「あの 雲がもじゃもじゃ引っかかってるみたいなのは 何だろう?」
             …と思ってから、気づいた。
                 富士山だ!
              富士五湖も見えるもの。

  f:id:pft78526:20170109093427j:plain

 




        雲がまとわりついてるような富士山が おもしろくて、
            見えなくなるまで 眺めていた。

f:id:pft78526:20170109093502j:plain

 



                空から眺めると、
      毎日のように眺めている山や よく写真などで見ている山が、
              別の山のように見えた。


                 山だけでなく、
              いろんなものや出来事も、
             空から眺めるように見てみたら、
          そのものの違った姿をとらえることができたり、
           違う面が見えてきたりするかもしれない。