読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年 山歩き初め 金峰山~鎧ヶ峰

山・山歩き



         旦那は 毎年恒例の初稽古(剣道)に行くし…
         子ども達は たぶん昼近くまで寝てるだろうし…

                 ということで、
        私は『2017年の山歩き初め』に行くことにした!
                行き先は 金峰山

               …のつもりだったけど、
              結局 鎧ヶ峰まで行ってきた!

 

      いつものように、『禁酒のかめと大盃』そばに車を停めた。
                すでに1台あり。

              9時50分 スタート。
          最初は 雪があまり無く、杉の落ち葉の道。

         f:id:pft78526:20170101170035j:plain




         f:id:pft78526:20170101170128j:plain

 

                少しずつ 雪が…。

      f:id:pft78526:20170101170222j:plain

 

 

    f:id:pft78526:20170101170322j:plain



               もうすぐ中の宮。
         そばの車道を、車が何台か通って行った。

    f:id:pft78526:20170101170424j:plain

 


             ここをくぐる時は いつも、
             「よろしくお願いします!」
               と 心の中で言う。

          f:id:pft78526:20170101170511j:plain

         中の宮には 車が10台ほどあり、参拝客がいた。


            そのそばを通って、金峰山頂へ。

      f:id:pft78526:20170101170609j:plain

 

                  やっぱり、
           中の宮を過ぎたら 少し雪が増えた。

          f:id:pft78526:20170101170711j:plain

 


            いつものように まっすぐの道を。

    f:id:pft78526:20170101170753j:plain


        足跡からすると、先に登っている人は2人かな?


             少しずつ 雪が増えていく。
           でも、ワカンをはくほどではない。

         f:id:pft78526:20170101170851j:plain


         八景台の手前で、先に登った方が一人下りてきた。
            金峰山頂まで行ってきたとのこと。

      私が、鎧の方まで行こうかとちょっと思っている、と言うと、
    「まだ鎧の方には だれも行ってないみたいだけど、
     ワカンを履くほどじゃないから、ツボ足で大丈夫だと思いますよ。」
                と教えて下さった。
       ますます 鎧ヶ峰まで行こうかな…という気持ちになった。

                八景台に来たら…
            なんと 少し青空が見えてきた。
          これはもう、鎧ヶ峰まで行くしかない?!

  f:id:pft78526:20170101170954j:plain

 


        だって、こんなふうに青空が広がってきたんだもの。

   f:id:pft78526:20170101171219j:plain



        スタートから1時間ちょっとで 金峰山頂に到着。

          まずは神社に行って…それから展望台へ。

                高館山の方。

 f:id:pft78526:20170101171410j:plain



           鳥海山の方は まったく見えない。

 f:id:pft78526:20170101171437j:plain



    ちょっと休憩しながら、すっかり鎧ヶ峰まで行く気持ちになった。

     鎧ヶ峰へ向かう道まできた時、ちょうど下から登ってきた女性が。
          「 もちろん 鎧ヶ峰まで行くよ!」
           と力強くおっしゃるその方と一緒に、
       まだ足跡の無い道を歩いて 鎧ヶ峰へ向かうことにした。

         f:id:pft78526:20170101171533j:plain

 


            「あたしが 先に行こっか?」
           と ズンズン行くその方の後ろから歩く。

     f:id:pft78526:20170101171606j:plain


     「県外の高山にたくさん登る」というその方のお話をお聞きしながら、
                 ドンドン進む。
  話に出てくる山の名前は、テレビで観る『日本百名山』に出てくる山がほとんど。
           スゴイ山を次々に登っていらっしゃる。

               急登も なんのその。

         f:id:pft78526:20170101171644j:plain

  

          「雨でも雪でも風でも 登るわよ~。」
              と おっしゃるその方は、
      「日帰りの長時間登山も 小屋泊・テント泊もするわよ!」
          「北海道と九州だけは、まだ行ってないの。」

 f:id:pft78526:20170101171717j:plain

               ん~。すばらしい。



        場所によって 歩きづらいほど雪が深い所もあり、
          一歩一歩ゆっくり坂を登っている時、
         後ろから 男性が一人登ってきたのに気づいた。


       今度は その男性から先頭をあるいていただくことにして、
             3人で鎧ヶ峰山頂を目指した。

             さっきの青空がウソのように、
           途中から 風と雪がひどくなってきた。

     f:id:pft78526:20170101171807j:plain
     

               最後の登り。あと一息!

        f:id:pft78526:20170101171837j:plain

 


           12時15分、鎧ヶ峰山頂に到着!
           周りは真っ白で、何も見えなかった。

            せっかくなので、それぞれ自己紹介。
            女性の方はEさん、男性はwさん。
            お二人とも 登山のベテランの方。

      f:id:pft78526:20170101171915j:plain


          この天気で ゆっくりはできなかったけど、
           それぞれ持ってきたもので 昼食をとり、
               15分ほどで下山開始。


           しばらく ガシガシ歩いていたけど、
          少し風雪がおさまってきたことに気づいて、
       そこから私は、写真を撮りながら ゆっくり歩くことにした。
           Eさん、wさん、お世話になりました!
          おかげで鎧ヶ峰まで行くことができました。


          ガスがかかると、ブナ林は幻想的な雰囲気。

     f:id:pft78526:20170101172012j:plain

 



        幹が濡れて 樹皮がハッキリして、力強く見えた。

f:id:pft78526:20170101172047j:plain

 

 


                ふり返って見る。

   f:id:pft78526:20170101172158j:plain

 


                見上げてみる。

  f:id:pft78526:20170101172244j:plain

 



           f:id:pft78526:20170101172337j:plain

 



   f:id:pft78526:20170101172501j:plain

           登りの時とは 雪質が変わってきた。

    f:id:pft78526:20170101172643j:plain

 


           木々の間から 西の方も眺めながら…

     f:id:pft78526:20170101172533j:plain

 


               一人で歩きながら、
       1月1日に「初・山歩き」ができることの幸せを思った。

   f:id:pft78526:20170101172612j:plain

 

 

                Eさんが、
   「1日は 朝起きられなくて ここに登る人が少ないけど、2日は多いよ~。」
                と言っていた。
                 なるほど。
 

    いろんな山の山頂小屋で新年を迎える人も たくさんいるんだろうな…。
          山頂から初日の出を眺めるとか、いいな~。

               …などと思いながら、
       登りの時より滑るようになった急坂を、注意して下った。

       f:id:pft78526:20170101172904j:plain

 



            だんだん 立ち止まる回数が増える。

       f:id:pft78526:20170101173018j:plain

 

 

        f:id:pft78526:20170101173138j:plain

 

                  タリラリラ~。

        f:id:pft78526:20170101173317j:plain



                顔が あるよ~。

         f:id:pft78526:20170101173423j:plain



           f:id:pft78526:20170101173534j:plain




  f:id:pft78526:20170101173644j:plain

 


               山頂の方を通って…
         八景台まで来て 鎧ヶ峰を見たら…真っ白。
            また風雪が強くなってるかな。

    f:id:pft78526:20170101173741j:plain

 



             こんな木を見上げたりしつつ…

   f:id:pft78526:20170101173820j:plain

              ドンドン下って…

       f:id:pft78526:20170101174042j:plain


               14時15分 下山。



         鎧ヶ峰まで『山歩き初め』ができて、良かった!