読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『 森の絵本 』


       用足しのついでに立ち寄ったブックオフで 見つけた!

           長田さんと荒井さんのコンビの絵本。
               迷いなく 即購入。

 

        f:id:pft78526:20161231100017j:plain

 


               森に入って行くと、
           どこかから 声が聞こえたのだった。

            すがたは見えず、小さな声なのに、
      とても澄んでいて 気持ちのいい とても はっきりした声。

           「 いっしょに さがしにゆこう
             きみの だいじなものを
             きみの たいせつなものを  」



               …聞こえてくる音。
               …目に映るもの。
               …匂い。
               …肌でかんじるもの。

             長田さんが伝えたかったのは、
        森の中で 自分の五感を通して感じることすべて…。
          そして 心の中にある あったかい思い出。


         「 森が息しているのは ゆたかな沈黙
           森が生きているのは ゆたかな時間 」

       私が 今年歩いてきた山々を思い出したながら読んだ。 


               最後のページには…
         「 …だいじなものは 何ですか?
           …たいせつなものは 何ですか? 」


    今年、私は 山でたいせつなものを たくさん見つけることができた。
     来年もまた、だいじなもの・たいせつなものを さがしにゆこう。