山・山・山…だった2016年➀ 雪山歩きからスタート。


        山いっぱいだった2016年は、雪山歩きからスタート。


                   1月。

       先輩からお借りして、初めてスノーシューを履いて歩いた。
              目指したのは 湯殿山大鳥居。
           膝まで埋まる雪の中、4時間のラッセル!

              f:id:pft78526:20161229185708j:plain    
            大鳥居の陰で 風雪を避けながら食べた
        あったかいカップラーメンとお汁粉が美味しかったっけ。

 




          フカフカな雪を歩く感覚が楽しかったので、
             次の日曜日、一人で金峰山へ。

            f:id:pft78526:20161229185851j:plain

           真っ白な中を 夢中になって歩いた。



            雪の羽黒石段を初めて歩いて感激。

            f:id:pft78526:20161229190228j:plain

        シ~ンとした静けさと キラキラ光る雪の結晶が
                忘れられない。



            f:id:pft78526:20161230071211j:plain




                   2月。

           先輩と友人と私の3人で 上大滝山へ。
            予想以上の雪の深さに驚きながら、
          一歩ずつ進んで 4時間かかって山頂へ。

          f:id:pft78526:20161229190000j:plain
            頑張ってラッセルしたご褒美は、
        山頂から360度ぐるりと見渡せる素晴らしい景色。



     2月末には 『おこじょ楽山会』の山行に参加させていただき、
               月山志津方面へ。

     f:id:pft78526:20161229190650j:plain



         最高の天気に恵まれ、絶景を眺めることができた。

 f:id:pft78526:20161229190410j:plain

 

                  そして、

               真っ白な雪の中で、
           ブナの木とその影の美しさに見とれた。

         f:id:pft78526:20161229190534j:plain





                3月になると、
          山に春の気配が漂い始めたのを感じた。


          やわらかな日差しが差し込む林の中を歩く。
          f:id:pft78526:20161229190837j:plain




           春を知らせる花が 少しずつ咲き始めた。

             f:id:pft78526:20161229191012j:plain




             残雪の山に咲くマンサクに感激!

             f:id:pft78526:20161229191047j:plain

 


                  冬から春へ。

 f:id:pft78526:20161229191146j:plain

        鳥たちのさえずりも 嬉しそうに聞こえたっけ。


 

f:id:pft78526:20170102192741j:plain

      雪がほとんど解けた平地を  雪の残る山の上から眺めるのは、
              不思議な感じがした。




            f:id:pft78526:20161229191921j:plain

 

 

            季節の移り変わりを感じながら歩く…
                  そのことが、
                とてもうれしかった。