THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

山・山歩き

◆'18/11/11 晩秋の鶴間池①…勘助坂を下って。

「晩秋の鶴間池も観たいけど 独りじゃ怖い。どうしよう・・・」と思っていたところ、紅葉の鶴間池でお会いしたFさんも行く予定とのこと。ラッキー! \(^o^)/ぜひ同行させて下さいっ!・・・とお願いした。この日の予報は 午前中☁。昼頃から☀。『のぞき』…

◆新発田のMさんより「頼母木小屋泊まりで撮影してきました」

「晴れ予報のこの土日(11/3~4)、 北飯豊の頼母木小屋泊まりで撮影してきました。」・・・と 新発田市のMさんが 写真を送って下さった。 私が真っ白な鳥海山を眺めていた時、Mさんは こんな風景を眺めていたんだ~! (@_@) 朳差岳、素敵です! \(^o^)/

◆新発田のMさんより「飯豊山系の写真です」

新発田市のMさんが、写真を送って下さった。Mさんとは 昨年5月5日の笙ヶ岳以降 なかなかご一緒する機会がないけれど、いつか二王子岳辺りに連れてっていただこうかな。( ´艸`) 「今年は飯豊連峰だと決めて、 春に朳差岳と頼母木山、夏に飯豊本山と大日…

◆Yさんより「新雪の鳥海山にてⅡ」

Yさんから、「新雪の鳥海山」の写真 第2弾が届いた。私が写っている写真を送って下さったとのこと。 これは・・・賽ノ河原から御浜へと向かって 坂を登ってるところですな。 ずっと遠くには 象潟の平野や日本海。標高が上がるにつれて 雪が増えてきたのがわ…

◆Yさんより「新雪の鳥海山にて」

11/3~4の鳥海山に同行させていただいたYさんが写真を送って下さった。 Yさんの写真を拝見していると・・・

◆'18/11/03~04 鳥海山・御浜小屋1泊⑤…翌日。

朝。外では 昨夜の続きで?ビュービュー吹く風の音が。「ダメだぁ~。ガスガスで 真っ白だ~」と、埼玉の方の声。残念ながら今回は、朝の空の色が変わっていく様子を眺めることは諦めなければならない。 でも、気になって、ちょっと外に出てみた。 小屋の前…

◆'18/11/03~04 鳥海山・御浜小屋1泊④…夕方の長坂道へ

今度は 長坂道の方へ。 埼玉のお二人の姿が見える。

◆'18/11/03~04 鳥海山・御浜小屋1泊③…御田ヶ原まで

御浜小屋の前から眺める稲倉岳。

◆'18/11/03~04 鳥海山・御浜小屋1泊②…賽の河原~御浜小屋到着

青空を雲がどんどん流れていくのを眺めながら ちょっと一息入れ、賽の河原から御浜へと向かっていく。

◆'18/11/03~04 鳥海山・御浜小屋1泊①…出発~賽の河原

寒気が来て冷たい雨が降ったため、あちらこちらの山々で降雪があったとのニュースが。この土日の天気は晴れ。「山頂まで行かなくてもいいから、 山頂付近に真っ白な雪を纏った様子を見たい!」そんな気持ちがフツフツ・・・。・・・鳥海山か? 大朝日岳か?…

◆Mさんより 『 尾瀬ヶ原へ 』

録画してあった『日本百名山 ~燧ヶ岳~』を観ている時、Mさんから「尾瀬ヶ原に行ってきました」とメールが届いた。送って下さった写真の1枚目には「燧ヶ岳」が写っているではないか!(笑)なんてタイミング。( ´艸`) (逆さ燧ヶ岳だ~。)

◆Mさんより「また行ってきました!」

10月末の晩秋の尾瀬の写真を送って下さったMさんから「来週も行く予定です」との連絡をいただいたので、「きっとまた素晴らしい写真を送って下さるに違いない!」と待っていたら・・・届いた 届いた! Mさんの見ごたえある写真1枚1枚に、じ~っと見入っ…

◆'18/10/28 獅子ヶ鼻湿原&元滝へ③

せっかく来たので、獅子ヶ鼻湿原から車で10分ちょっとの所にある元滝へ。駐車場に着くと、車が数台あった。

◆'18/10/28 獅子ヶ鼻湿原&元滝へ②

国の天然記念物に指定されている 獅子ヶ鼻湿原。この湧水池『出つぼ』をはじめ 何か所かから湧き出た伏流水が流れていて、約26haもある広い湿原を形成しているのだそう。 水がボコボコと湧き出てくる様子を しばらく眺めていたかったけど・・・

◆'18/10/28 雨の獅子ヶ鼻湿原&元滝へ①

残念ながら、土日の予報は雨。太平洋側の天気は良いみたいだけど、長時間運転して行く気にならず。「雨でも歩けるとしたら、月山の自然博物園か獅子ヶ鼻湿原あたりかな」と思い、選んだのは獅子ヶ鼻湿原。そういえば、昨年のこの時期も、雨の獅子ヶ鼻湿原に…

◆'18/10/21 紅葉の鶴間池④…勘助坂を登り、車道を下る

湧水の流れる池沢を眺め・・・ 鶴間池をあとにした。戻りは 勘助坂を登り、のぞきのそばに出て 荒木沢橋まで車道を下る。

◆'18/10/21 紅葉の鶴間池③…鶴間池・奥鶴間にて

ひゃっほ~! \(^o^)/

◆'18/10/21 紅葉の鶴間池②…荒木沢橋のそばから鶴間池へ

7時半前、荒木沢橋近くから鶴間池へと下っていく。 ( 鶴間池へは下っていくから、「登山口」と言わずに何て言うのかなぁ? もしかして「下山口」? (;^ω^) )

◆'18/10/21 紅葉の鶴間池①…朝の鳥海高原ラインをウロウロ

天気の良い予報だったこの日。・・・先週 紅葉前だった大鳥池に もう一度行ってみようか。・・・この前行けなかった障子ヶ岳に行ってみようか。・・・初冠雪と言っていた鳥海山に登ってみようか。・・・紅葉の鶴間池に行こうか。と、迷って迷って なかなか決…

◆M子さんより『10/21 紅葉の大鳥池へ』

天気の良かった10月21日。M子さんは 泡滝~大鳥池に行き、周辺を散策してきたとのこと。「青空・紅葉・水鏡」の3つが揃った写真を送って下さった。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「登り始めから 紅葉が進んでいまし…

◆'18/10/13~14 以東岳⑤…大鳥池~泡滝ダム

以東小屋を出発してから3時間半近くかけてのんびりオツボ峰コースを下ってきた。念願の「景色を眺めながら のんびり歩き」ができた。( ´艸`) タキタロウ小屋の前では、早朝に小屋を出発して以東岳に登って来たと思われる方たちが小屋前で賑やかに昼食休憩…

◆'18/10/13~14 以東岳④…以東岳山頂~大鳥池

私が以東小屋の前で のんびりしているうちに縦走路を下っていった人たちの姿が 小さくなっていった。 私が今年歩きたかったけど歩けなかった道。羨ましいけれど、私があの道を歩くチャンスを逃してしまったのは、「もっと経験を積みなさい」ということなのか…

◆'18/10/13~14 以東岳③…以東小屋からの眺め 夕方・朝

以東小屋に到着した時山頂も 縦走路の方も ガスで真っ白になってしまっていたので、「山頂からの景色を眺めるのは 明日にしよう」と、小屋でまったりすることに。 私が小屋に入った時には、早く到着した方たち3人が すでに宴会?を始めていた。(14時過ぎ。…

◆'18/10/13~14 以東岳②…大鳥池~以東小屋到着

心配していた体調は まずまず。( 鼻水は出るけれど。)ということで、以東岳を目指し、念願の以東小屋1泊へ レッツ・ゴー!予報では「土曜日☀ 日曜日☀→☁」だったので、オツボ峰コースを登って 晴れてるうちに眺望を楽しもうかとも思ったけど・・・やはり大…

◆'18/10/13~14 以東岳①…出発~大鳥池

「平日に晴れ、土日に崩れる」パターンが続いていたけど、10/13~14は 土日とも☀か☁の予報。「残念ながら 2泊3日の朝日連峰縦走は 来年に持ち越しだけど、 1泊2日で 朝日連峰のどこかの山に行きたい!」と思い立った。 候補1:泡滝~以東岳~狐穴小屋泊…

◆'18/10/08 羽黒山石段を往復②…南谷をまわって下山。

せっかくなので、石段をそのまま往復するのではなく、山頂から南谷の方をまわって 再び石段に合流することにした。

◆'18/10/08 羽黒山石段を往復①…朝日の差し込む石段に見とれる。

三連休の最終日。昼頃から用事があったので 山行きは休みかなと思っていたのだけど、天気が良いのでウズウズ。 羽黒山なら行けるぞ!と行ってくることにした。

◆'18/10/06 鳥海山 月山森まで のんびりと③

月山森からの戻り。河原宿をスルーして八丁坂へ。 八丁坂を下り始めた途端、ペースはガタ落ち。遠くの景色に見とれて、立ち止まってばかりだったから。( ´艸`) 河原宿で休んでいた方たち3人が立ち止まっている私を追い越していった。前のお二人は、私が月…

◆’18/10/06 鳥海山 月山森まで のんびりと②

そういえば、この時期に 滝ノ小屋の方から登るのは初めてだなぁ。 昨年は、予報に反してガス&雨になり、風も出てきたので、滝ノ小屋でちょっと休ませていただいて引き返したのだった。今日は いいぞ~! \(^o^)/

◆'18/10/06 鳥海山 月山森まで のんびりと①

三連休初日、天気予報を見て 良さそうだなと思ったのが障子ヶ岳。障子ヶ岳は、6月に行った時 ガスで眺望ナシだったので、紅葉の頃に もう一度行きたいと思っていた山。 晴れれば 朝日連峰全山が見えるというので、切れ落ちた急斜面とともに その朝日連峰を…