読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/26 虚空蔵岳② 絶景に感動しながら歩く

ここを登ったら、どんな景色が?

3/26 虚空蔵岳① 木々の影に見とれながら歩く

朝 窓の外は 予報通りの晴れ! \(^O^)/ かなり冷え込んで、車が凍っていた。 集合場所の鶴岡市役所に着き、Sさんの姿を見て気が付いた。 「スパッツを忘れた!」 雪山に行くのにスパッツを忘れるなんて!…とショックと焦りでワラワラしたけど、 仕方がない…

もうすぐチャレンジする山

3/12に鎧ヶ峰の山頂でお会いしたSさんから、 「『虚空蔵岳』に登ることになってるんだけど、一緒にいかがですか?」 と誘っていただいた。 羽黒山の後ろの方に真っ白に見える「あの山」だ。 鎧ヶ峰山頂から東側を見た時 真っ白な台形の姿が見え、 「 あの山…

3/21 雪解け進む 金峰山~鎧ヶ峰へ ②

11:10頃 下山開始。 「雪、落ちないかな~。落ちるところ、見てみたいな~。」 などと言いいながら 雪をポールでツンツンしてるムラカミさん。

3/21 雪解け進む 金峰山~鎧ヶ峰へ ①

「フカフカ雪の金峰山には登ったけど、まだ鎧ヶ峰には登ったことがない」 と おっしゃる 木登り名人ムラカミさんと、 金峰山~鎧ヶ峰へ。 中の宮を7:20頃スタート。 気温の高い日が続き、雪解けが進んでいた。

3/12 春の気配 金峰山~鎧ヶ峰②

山頂神社下の道。 足跡は無いし…この斜面だし…どうしようかな。 と思ったけど、 ゆっくり歩けば大丈夫そうな雪質なので、 行くことにした。

3/12 春の気配 金峰山~鎧ヶ峰①

今日も金峰山~鎧ヶ峰へ。 暖かい日が続いて解けた後に、また何日か雪が降って… 上の方はどんな状態なんだろう… と思いながら向かった。 山々が ハッキリ見えていた。

3/5 高館山・八森山② ~…➡城山コース➡八森山➡高館山山頂➡金沢コース~

「 オウレンに会えなくて 残念だったなぁ…。」 と思いながら 城山コースと内山コースが交差するところまで行ったけど、 「せっかくだから、城山コースの まだ行ったことのない所を歩いてみよう」 と、逆戻り。 ( 向こうに見える坂道を戻ってきた。)

3/5 高館山・八森山① ~大沢➡山頂➡新奥の細道➡岩倉➡瀬ヶ沢➡~

今日も 『ほとりあ』に車を停め、 まずは 湖畔遊歩道へ。

3/1 春近し、高館山~八森山 ③

八森山山頂の木々の間から 真っ白な鳥海山を眺めながら ちょっと休憩。

3/1 春近し、高館山~八森山 ②

11:00 八森山を目指して あずまやを出発。

3/1 春近し、高館山~八森山 ①

勤務調整のため、今日も休み。 そしてナント、今日も晴れ! \(^_^)/ 家のことは後回し。 今日は、高館山~八森山へ。

2/28   青空の下、金峰山~鎧ヶ峰へ ③

素晴らしい景色を もっともっと眺めていたかったけど… 12:10 下山開始。 向こうを見て、 あんなスゴイところを歩いてたんだな~ と、また驚く。

2/28   青空の下、金峰山~鎧ヶ峰へ ②

金峰山から鎧ヶ峰へ向かう道では、 どんな景色を見ることができるんだろう・・・ と、 ワクワクしながら向かった。

2/28  青空の下、金峰山~鎧ヶ峰へ ①

今シーズン一番の天気! 低温注意報が出ていた今日、 朝方は かなり冷え込んだ。 今日は 金峰山~鎧ヶ峰へ。

2/26 羽黒石段~荒澤寺①

先月 羽黒石段に行ったときは、 意外と雪が積もっていたのと 時間が無かったのとで、 三ノ坂手前で折り返してきた。 「今日は山頂まで行こう。できれば荒澤寺まで。」 と思いながら出発。

2年前の今頃、トレランの大会に初エントリーしたのだった。

2015年2月上旬の『いわきサンシャインマラソン』から帰ってきてすぐ、 「今までみたいなマラソン大会に参加するのは、もういいや…。」と思った。 そして それと同時に、 「トレイルランの大会に参加してみよう!」と思った。 時期や場所などから 参加できそ…

2/12 熊野長峰~虚空蔵山

今日は、山の先輩から 熊野長峰~虚空蔵山に連れて行っていただいた。 実は 私の実家は熊野長峰の近くにあり、 熊野長峰は 子どもの頃から毎日目にしている山だった。 でも、ずうっと登ったことが無く、 初めて登ったのは、息子が生後6か月の時。 (旦那が…

2/5 金峰山~鎧ヶ峰

今日はどこに登ろうかと迷ったけど… 「天気が下り坂の今日は 山々がハッキリ見えるだろうから、 鎧ヶ峰の山頂から 月山と鳥海山を眺めよう!」 と、鎧ヶ峰行きに決めた。 9時半前、いつものように『禁酒のかめと大盃』脇から出発。

1/29 高館山 ~下り:新奥の細道コース➡八森山➡城山コース~

天気がいいから 山頂に誰かいるかな…と思ったけど、 誰もいなかった。 一人で のんびり コーヒーと豆大福で休憩。

1/29 高館山 ~登り:大沢コース~

穏やかな天気。 朝焼けだったから、天気は下り坂。 青空が広がってるうちに 今日は高館山へ。

山歩き1年目の私が 山で感じたこと④

山を歩いていると、 足の裏でとらえた感覚が 体全体に伝わる。 そして、 体全体が 連動しているのを感じる。

山歩き1年目の私が 山で感じたこと③

いろいろな生き物たちが、 たくさんの命が、 ともに生きているということ。 5月 湯ノ沢岳にて

山歩き1年目の私が 山で感じたこと②

山を歩くことには、 『瞑想』のような効果があるのではないだろうか。 …と、いつも感じていた。 沢の心地よい水音に心を癒され…

山歩き1年目の私が 山で感じたこと➀

山を歩いていると、 「3人の自分がいる」と感じていた。

1/21 フカフカな道を 鎧ヶ峰まで。

朝 庭木に雪が付いていてキレイだったので、 山の木々はどうかな… とワクワクしながら行くと… 期待通り!

木々の間から見た山頂

昨年撮った写真を眺めていたら… こんな写真が。 これだけをパッと見たら、どこの山かわからない。 これは…

1/15 羽黒石段 南谷入口まで

この天気でも 山の先輩が山歩きに行くと知り、 ついていくことにした。 行き先は、羽黒石段。 昨日は歩いた人がいたみたいだけど、 今朝9時前の時点では 今日の足跡はナシ。

雪山を歩けるのは、いつかなぁ…。

「 この冬一番の寒気が! 」 の予報通り、ものすごい寒さになった。 粉雪が降り、強い風が吹くと煙が流れていくようになる。 仕事からの帰りの道路は、スケートリンク状態。 いよいよ この季節が来たか…という感じ。 冷え性の私には ツラい季節。 それでも、…

1/8 今日も高館山へ。  大沢コース~山頂~岩倉コース

今日は、ダンナと二人で高館山へ。 大沢コースを登り、山頂で休憩。新奥の細道コース~岩倉コースを下ってきた。 青空が広がり、気持ちのいい山歩きだった。

1/7 高館山へ ~下り~

高館山山頂のあずまやで 20分ほど休憩。 今日は、お汁粉と紅茶で。 11:50 下山開始。 すっきりと広がった青空に、テレビ塔の白・朱色が映える。

1/7 高館山へ ~登り~

次々に変わる天気予報。 何日か前の予報では 今日は「晴れ」だったけど、 直前になったら 午前中に☂マークあり。 でも、 高館山へ レッツ・ゴー! 9時前に『ほとりあ』の駐車場に着いた時 雨がけっこう降っていたので、 車で少し待って… 雨がおさまってから…

山歩き1年目の私に 山が教えてくれたこと④

ずうっと ずうっと 向こうまで続く景色。

山歩き1年目の私に 山が教えてくれたこと③

山を歩いていると、 「 草も 木も 花も 土も 石も… すべてのものが 意思をもっていて すべてのものが 私を見ている 」 と 感じる。

山歩き1年目の私に 山が教えてくれたこと②

山で出逢う植物たちは みんな それぞれ 今 在る場所で、 凛として 生きている。 季節がめぐる喜びの中に。

山歩き1年目の私に 山が教えてくれたこと➀

いろんな道がある。 フカフカな道。 ( 2月 上大滝山 )

2017年 山歩き初め 金峰山~鎧ヶ峰

旦那は 毎年恒例の初稽古(剣道)に行くし… 子ども達は たぶん昼近くまで寝てるだろうし… ということで、 私は『2017年の山歩き初め』に行くことにした! 行き先は 金峰山! …のつもりだったけど、 結局 鎧ヶ峰まで行ってきた!

山・山・山…だった2016年④ 10月、あの山々へ。

10月。紅葉シーズン。 寒くなる前に ぜひ行ってみたい山・コースがあった。 …自分に登れるだろうか…。 …日帰りで行ってこれるだろうか…。 何度も 本や地図や他の方のブログを見て… 迷いながらのチャレンジ!

山・山・山…だった2016年③ 7~9月、月山や鳥海山へ。 

「鳥海山に登ってみたい。 でも、私一人で行けるかなぁ…」 と思う日々が続いていた時… 書店で目に入ってきた本があった。

山・山・山…だった2016年② 春、近くの低山から 少しずつ次の山へ。

4月。 金峰山で会った方から「花がきれいだよ~」とお聞きした高館山へ。 「スプリング・エフェメラル」と言われる花たちにドキドキ。

山・山・山…だった2016年➀ 雪山歩きからスタート。

山いっぱいだった2016年は、雪山歩きからスタート。 1月。 先輩からお借りして、初めてスノーシューを履いて歩いた。 目指したのは 湯殿山大鳥居。 膝まで埋まる雪の中、4時間のラッセル! 大鳥居の陰で 風雪を避けながら食べた あったかいカップラーメン…