THANKS TO YOU ! !

ふと目にとまったものや感じたことを写真と言葉で綴るBLUEの日記。

◆'19/11/17 獅子ヶ鼻湿原・晩秋②…『出つぼ』~『溶岩流末端崖』へ

クマに遭遇しないかとドキドキするけど、やっぱり周回したい。

◆'19/11/17 獅子ヶ鼻湿原・晩秋①…出発~『あがりこ大王』

どこへ行こうか なかなか決まらず、また出発が遅くなった。鳥海山方面に行くことにして ようやく家を出たのは午前11時半頃。(;^ω^)

◆'19/11/16 『澁谷昌邦写真展 月山の冬 』

あかねずみさんのブログの中で紹介されていた写真展を観に行こうと思った。 「毎週 月山に登って写真を撮っている」という方の写真展だそうだ。 昨年 紅葉の月山に登った時に9合目付近でお会いした方が「毎週 月山に登って写真を撮っている」と おっしゃっ…

◆「サークルで『上毛カルタの旅』に行ってきたよ」…娘より

用事があって娘にLINEすると、 「今 群馬に来てる。 帰ったら写真送る」との返信。 そして 送られてきた写真は・・・

◆'19/11/10 湯ノ沢岳⑤…五合目~下山

濡れ落ち葉の積もる急坂をドキドキしながら五合目まで下って来た。

◆'19/11/10 湯ノ沢岳④…山頂~五合目

山頂で一休みし・・・ 今度は、母狩山への縦走路に少し入った辺りのブナ林へ向かう。

◆'19/11/10 湯ノ沢岳③…ブナ平~山頂

振りかえって見ると、けっこう標高が上がった感じ。

◆'19/11/10 湯ノ沢岳②…二合目~ブナ平

二合目の札の取り付けられたブナの大木の辺りは少し広くなっている。そこで 皆さんは ちょっと一休み。( しょっちゅう立ち止まって遅れ気味だった私は、この間に追いつく。(;^ω^) ) 「遅れてすみませ~ん! (;^ω^)」と言いながら追いつき、木々の枝の間か…

◆'19/11/10 湯ノ沢岳①…出発~二合目

この日は、会の山行の下見で湯ノ沢岳に行くというM子さんにお願いして同行させていただくことになった。前日雨が降ったので、湯ノ沢岳の急坂は滑って大変だろうな~と思ったけど、M子さんたちは予定通り行くとのこと。私も湯ノ沢岳に行きたい気持ちが大きか…

◆10/27~28 霧氷の鳥海山にて…Yさんより

( 27日は ガスで真っ白だった鳥海山。 そのガスのおかげ?で、翌日は素晴らしい霧氷の景色を見ることができた。)

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊⑦…下山後~帰路

稲倉山荘にて 下山後のコーヒーを。( ´艸`) 美味しかった~! ( ´艸`)

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊⑥…賽ノ河原~下山

う~ん・・・やっぱり小豆はウマいっ!( ´艸`) 思いがけず吹雪の中を歩くことになってちょっと寒くなってきていたところだったけど・・・きんつば食べて元気が出てきた!\(^o^)/

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊⑤…御浜~賽ノ河原

11:30頃 御浜小屋を出た。 御浜からの下りは、長坂道の途中から池塘の方をまわり、 吹浦コースを横切って賽ノ河原へ合流する予定。

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊④…八丁坂途中から御浜小屋へ戻る

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊③…御田ヶ原~八丁坂の途中まで

ガスが流れ後、気温が下がったため、そこらじゅうのものに霧氷がついていた。 その様子にすっかり感激。あちらこちらで立ち止っては パチリパチリ。

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊②…御浜小屋~御田ヶ原

3時頃 外に出てみたら、そこには 前日のガスからは信じられないような満天の星空が広がっていた!月が出ていなかったので 本当にたくさんの星が見えた。頭上には天の川。流れ星も3つ4つ見ることができた。・・・これなら、ステキな朝の景色を眺めることがで…

◆'19/11/03~04 鳥海山・御浜小屋泊①…出発~御浜小屋

前週に続き、この土日も鳥海山へ。御浜小屋に1泊して のんびり景色を眺めたり写真を撮ったりの山歩きへ。気温が低くなる予報なので、山頂が雪で白くなったところを見ることができたら・・・と期待して。 土曜日は天気が良くない予報だったけど、翌日に期待し…

◆『100年たったら』(石井睦美:文 あべ弘士:絵)

広い草原に どうぶつは自分だけ。動物たちを追いかけまわすこともなくなり、草や虫を食べていた。でも、草や虫は 食べても食べても お腹は満たされない・・・。 そのライオンは孤独に 一日一日を過ごしていた。 「にくにくしいものが食べたい」と思っていた…

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊⑧

30分ほど休憩し、再び下り始めた。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊⑦

霧氷の景色を眺め、たくさん撮って、大満足。 少し下って風のあまり当たらない場所で昼食休憩にしましょう。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊⑥

白くキラキラ輝く植物たちが増えてきた。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊⑤

七ツ釜避難小屋。前回見た時は赤い屋根だった気がしたけど、こげ茶色に変わっていた。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊④

木々に陽が当たり始めた中を ゆっくりと歩き始めた。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊③

強風のため、七ツ釜避難小屋でなく祓川ヒュッテ泊まりにしたので、時間は たっぷり(過ぎるほど)ある。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊②

冷たい風がビュービュー。山の上の方はガスの中。 ・・・ということで、この日の宿泊は 七ツ釜避難小屋まで登らずに 祓川ヒュッテ に決まった。 一昨年の夏 矢島コースを登った時に ちょっと眺めただけの祓川ヒュッテ。今回は、ここに前泊する。

◆'19/10/27~28 鳥海山・祓川ヒュッテ泊①

「今年も、新雪が降った頃 鳥海山に行くつもり」というYさんに、また同行させていただくお願いをしていた。昨年は、10月21日頃に鳥海山の初冠雪が記録され、11月2~3日に御浜小屋に泊まって 山頂付近が真っ白な鳥海山を眺めたのだった。今年は 10月…

◆'19/10/22 鉾立までドライブ②

では、いったん鉾立の方に戻り、そこから遊佐の方へ下ろう。

◆'19/10/22 鉾立までドライブ①

祝日だったこの日。天気はイマイチだったけど、夫と鉾立までドライブに行くことになった。

◆'19/10/20 鳥海山・昼過ぎスタートで どこまで行く?④

紅葉を見下ろしながら休憩し、15:15 下山開始。

◆'19/10/20 鳥海山・昼過ぎスタートで どこまで行く?③

御浜小屋の向こう側へ出てみた。